ソニーが基本的に好き!

コンパクトボディに大容量バッテリーを搭載した5G対応エントリースマートフォン「Xperia Ace III」を発表。ドコモ販売価格は、34,408円。2022年6月中旬以降発売予定。

ソニーは日本時間の5月11日(水)16時からフラッグシップモデルの「Xperia 1 IV(エクスペリアワンマークフォー)」、「Xperia 10 IV(エクスペリア テン マークフォー)」、「Xperia Ace III(エクスペリアエースマークスリー)」を発表。

「Xperia Ace III」はエントリーモデルでありながら5Gに対応し、コンパクトボディに大容量バッテリーを搭載することが特徴。

・Xperia(TM) スマートフォン | ソニー
・ドコモオンラインショップ
・auオンラインショップ
・ソフトバンク

---------------------

●4,500mAh大容量バッテリーの最小サイズを実現したエントリーモデル「Xperia Ace II」


「Xperia Ace II」の後継モデルである「Xperia Ace III」。

タテ約140m、ヨコ約69mm、厚み8.9mmのコンパクトなボディと大きさは同一、大容量バッテリー4500mAhと約5.5インチの大画面ディスプレイを搭載。

5G通信に対応したエントリーモデル。


コンパクトなサイズながら、4,500mAhの大容量バッテリーを搭載。

さらに、フレームいっぱいの約5.5インチの大画面ディスプレイを搭載しているので、見やすく快適に操作が可能です。

Xperia独自の充電最適化技術と「いたわり充電」を利用することで、3年使って劣化しにくい、バッテリーを長寿命化している。

ボディは樹脂素材を採用して、触り心地の良いマットなテスクチャーにより、見た目の高級感だけでなく、手へのフィット感も高い。

細かな傷が目立ちにくい効果もある。

カメラ部分の出っ張りを無くした傷つきにくい構造となっている。


約5.5インチHD+(1,496×720) ディスプレイを搭載。

アスペクト比は18.7:9で、地図やSNSなども見やすく、便利。一度に広い範囲が見られるので、画面をスクロールする回数も減らせる。

フロントパネルには、強度の高いCorning® Gorilla® Glass Victus®に進化。

画面サイズに最適化されたレイアウトで、文字やアイコンサイズが大きくて見やすい「かんたんホーム」を搭載。

短縮ダイヤルへのショートカットで、家族や友人など頻繁に通話する相手にも簡単に電話がかけられる。


防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)を備えて、キッチンやバスルーム、アウトドアなどでも、水濡れを気にせずに使える。


本体側面の電源ボタンに指紋認証センサーを搭載して、マスクをつけたままでもロック解除が可能。

おサイフケータイ®にも対応するので、本体をかざすだけで簡単に支払いもできる。


メインカメラには、有効画素数約1300万画素のイメージセンサーを採用したF1.8の明るい広角カメラを搭載。

逆光や夕暮れ時など、撮るのが難しいシーンも苦にしないオートHDRを搭載。

白とび、黒つぶれのない印象的な写真をワンショットで撮影できる。

子どもやペットなどの撮影時にも背景ぼけを生かした撮影を簡単に楽しめる。

フロントカメラには、有効画素数約500万画素のイメージセンサーを採用したF2.2の明るいカメラを搭載。

また、被写体や環境に応じて13種類のシーンと4つのコンディションを自動で判別して、最適な設定を自動で選択してくれる「プレミアムおまかせオート」を搭載。

日常のシーンで撮影機会の多い人物や料理も綺麗に撮影できる。


ヘッドホン出力できる3.5mmオーディオジャックを搭載。

手持ちの有線ヘッドホンを変換ケーブルなしで利用可能で、充電しながらでも音楽が楽しめる。

もちろん無線ヘッドホンの利用も可能、高音質なコーデックLDACの利用も可能。


スペックは、プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 480 5G Mobile Platform、メモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GB

外部ストレージは最大1TBのmicroSDXCに対応。

カラーリングはブラック、グレー、ブリックオレンジ、ブルーの4色展開。


ドコモ

au

ワイモバイル
 
販売キャリアにより、カラーバリエーションが異なるため、好みの色がある場合は注意が必要。

ドコモ、au、ワイモバイルで販売予定。

OSは、Android 12

 

---------------------

●「Xperia Ace III」は2022年6月中旬以降発売予定。


国内ではドコモ、au、ワイモバイルから、「Xperia Ace III」を2022年6月中旬以降発売予定。

ドコモオンラインショップでも予約を開始中。

ドコモでは、販売価格は34,408円と、「Xperia Ace II」の22,000円から値上がってしまっているけれど、それでもリーズナブル。

どんどん価格が上がっているスマートフォン市場の中では、エントリーモデルということもあって購入しやすい価格だ。

 

-----------------------------

●Style Cover with Stand for Xperia


Style Cover with Stand for Xperia Ace III(XQZ-CBCS)
ソニーストア販売価格:3,830 円(税込)
カラー:ブラック/グレー/ブリックオレンジ/ブルー


ドコモ

au

ワイモバイル

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:149,600 円(税込)⇒139,700 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,800円(税込)
1回目のみ 6,700円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。


Xperia PRO-I (XQ-BE42)
ソニーストア販売価格:198,000 円(税込)⇒179,300 円(税込)
カラー:フロストブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円
月々の支払い 4,900円(税込)
1回目のみ 7,800円(税込)

・Xperia PRO-I(XQ-BE42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・これを待っていた!悲願の1.0型イメージセンサーを搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I」現る!ポケットから一瞬で取り出して撮れる静止画と動画に納得のクオリティ。
・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。

・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。


Xperia 5 III (XQ-BQ42)
ソニーストア販売価格:114,400 円(税込)
カラー:ブラック/ピンク/グリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,100円(税込)
1回目のみ 5,900円(税込)

・5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 III(XQ-BQ42)」レビュー。フラッグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のスペックと機能を詰め込んだコンパクトボディが魅力。


Xperia 5II (XS-AS42)
ソニーストア販売価格:89,100円(税込)⇒79,200 円(税込)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ピンク
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 2,200円(税込)
1回目のみ 2,200円(税込)

・Xperia 5II(XQ-AS42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<SIMフリーモデル Xperia 5 II レビュー>
・5G対応 SIMフリー コンパクトモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。初期セットアップと基本スペックの確認、「Xperia 5 (J9260)」とのベンチマークテスト比較。
・SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」のSIMカードの利用方法とAPN設定。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの便利機能。5G利用時の注意点。
・ハイエンド機能をコンパクトボディに詰め込んだ 5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。カメラ、オーディオ、ゲームや機能性能をチェックする。


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:249,800円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia PROレビュー記事>
・ついに手にしたぞ!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」レビュー。無骨な外観を「Xperia 1 II」と比較、開封から初期セットアップまで。
・「Xperia PRO」だけが持つHDMI micro端子。カメラと接続して「外部モニター」や「ライブ配信」をしてみる。
・「Xperia PRO」を有線接続のオーディオプレーヤー化してみる。ステージモニターインナーイヤー「IER-M9/M7」や、業務用モニターヘッドホン「MDR-M1ST」と組み合わせた漢気セット。

 


・スマホあんしん買取サービス


・「スマホあんしん買取サービス」&「Xperia乗り換えキャンペーン」


・24回まで分割払手数料が【0円】

 

-----------------------------

SIMフリーモデル Xperiaの使い方


・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II / Xperia 1 / Xperia 5」のデュアルSIMを活かす。サブ回線として、1年間無料&解約料無料の「Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみる。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~19:00

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)