ソニーが基本的に好き!

「Xperia 1 IV SO-51C」に強制プリインストールされているキャリアアプリが悩ましい。(初級編)リスクの少ないアプリの無効化でストレスを軽減。


キャリアモデルであるドコモ版「Xperia 1 IV SO-51C」は、今までに比べるとバンドの制約もなくなりSIMロック解除も不要、物理SIM+eSIMのデュアル運用ができるなど、使い勝手はかなり良くなっている。

しかし依然として変わらないのが、強制プリインストールされたアプリたち。

そこで、少しでも使いやすくするための対策、まずは「初級編」としてアプリを無効化してみる。

<Xperia 1 IV 参考記事>
・5G 対応フラッグシップレンジスマートフォン「Xperia 1 IV SO-51C」をゲットして初期セットアップ。eSIMと物理SIMカードを同時に設定してデュアルSIM運用してみる。
・ソニー・ピクチャーズの最新作を楽しめる Xperia 1 IV / Xperia 1 III の「BRAVIA CORE」アプリを大画面でも観たい!HDMI や DisplayPort、USB type-C 、ハブを使って接続、あますことなく堪能できるのはどの方法?

-----------------------------

●「Xperia 1 IV SO-51C」にプリインストールされるキャリアアプリ。


「Xperia 1 IV SO-51C」には、昔から変わらずドコモロゴが印刷されているものの、「Xperia 1 III SO-51B」にあった<5G>という巨大なロゴがなくなったのは救い。

また、下部にある NTT docomo ロゴとSO-51C の型番は、NFCやXperiaロゴと同じライトグレーで印刷されているため、こちらも随分と目立ちにくくなっている。

ただし、「Xperia 1 IV SO-51C」を起動すると、お約束で強制的にプリインストールされているドコモアプリやシステムアプリ。

もちろん便利なドコモのアプリやよく利用するアプリがあるものの、不要だと思ってもアプリをユーザーの意思でアンインストールできないものが多数。

キャリアが販売するモデルという事を考えると、オススメアプリをプリインストールするのはよくある事だとしても、半ば強引的に利用させようとすると逆に不便としか言いようがない。

そのてんSIMフリーモデルではこういった面倒なことがない。

 

-----------------------------

●アンインストールできない不要なアプリを「無効化」する。

不要なアプリはアンインストールしてしまうのが手っ取り早い。

けれど、ドコモ都合の削除できないアプリについては、「無効化」してしまうほかない。

本体の「設定」の「アプリと通知」を開く。

”○○個のアプリをすべて表示”をタップすると、アプリ一覧が表示される。

ちなみに、右上のメニューアイコン(3つの点)をタップして「システムアプリを表示」を選ぶと、システムアプリを含めたアプリが確認できる。

検索ワードに”ドコモ”や”docomo”と入力すると、ドコモのアプリをピックアップしやすくなる。

そして、自分が不要だと思うアプリを見つけたら「無効にする」を選択。

このとき注意事項が表示されるため、承諾したら”アプリを無効にする”をタップして完了。

もとに戻したい場合は改めて「有効にする」とすればよい。

いつでも元に戻せるため、リスクも非常に少ない。

 

-----------------------------

●(参考)無効化したアプリ、無効化不可のアプリを見渡せる「Aplin ポスト無効化マネージャー」

また、どのアプリが無効化できるのか?無効化できないアプリはどれか?

さきほどの本体設定のアプリ一覧からでは、いまいち把握しにくい。

そんなときにお役立ちのアプリが「Aplin ポスト無効化マネージャー」

アプリを開くと、「アンインストールできるアプリ」、「無効にできるアプリ」、「無効化済みのアプリ」といったカテゴリーに仕分けて見渡すことができる。

「Aplin ポスト無効化マネージャー」でも、検索ワードによって絞り込みが可能。

”ドコモ”と入力して検索すると、「無効にできるアプリ」が6コみつかった。

こちらは、検索ワードに”docomo”と入力した場合。

「アンインストールできるアプリ」が10コ、「無効にできるアプリ」が24コみつかった。

そして、見つけた「アンインストールできるアプリ」から削除、「無効にできるアプリ」から無効化していけば良い。

「Aplin ポスト無効化マネージャー」は、他にも「パッケージ名」を知ることができるけれど、それはまた別の話。

 

-----------------------------

●アプリ無効化で「Xperia 1 IV SO-51C」の使い勝手が良くなったはず…。


アプリを無効化することで、画面上に動く四角い豆腐みたいな「my daiz(マイデイズ)」をはじめとした自分が不要だと思うアプリを抑止できる。

「無効化」する方法は、アンインストールできないアプリの動作を止められるリスクの少ない方法。

アプリが必要かどうかは人によって違うため、手軽にやってみると良いかもしれない。

ただし、削除も無効化もできず、水面下で動き続けるアプリもまだ存在する。

次回、中級編としてハードルは若干上がるものの、一昔に比べると格段にやりやすくなったアプリの削除(自己責任)をやってみよう。

「Xperia 1 IV SO-51C」に強制プリインストールされているキャリアアプリが悩ましい。
・(中級編)アンインストールできない不要なアプリを、PCからadbコマンドを利用して削除してみる。

---------------------

「Xperia 1 IV」レビュー


・5G 対応フラッグシップレンジスマートフォン「Xperia 1 IV SO-51C」をゲットして初期セットアップ。eSIMと物理SIMカードを同時に設定してデュアルSIM運用してみる。
・ソニー・ピクチャーズの最新作を楽しめる Xperia 1 IV / Xperia 1 III の「BRAVIA CORE」アプリを大画面でも観たい!HDMI や DisplayPort、USB type-C 、ハブを使って接続、あますことなく堪能できるのはどの方法?

・Xperia(TM) スマートフォン | ソニー
・ドコモオンラインショップ
・auオンラインショップ
・ソフトバンク

-----------------------------

●Style Cover with Stand for Xperia 1 IV(XQZ-CBCT)


Style Cover with Stand for Xperia 1 IV(XQZ-CBCT)
ソニーストア販売価格:3,830 円(税込)
カラー:ブラック/グレー/パープル

-----------------------------

●Xperia SIMフリーモデル


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:139,700 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,800円(税込)
1回目のみ 6,700円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。

 


・スマホあんしん買取サービス


・「スマホあんしん買取サービス」&「Xperia乗り換えキャンペーン」


・24回まで分割払手数料が【0円】

 

-----------------------------

SIMフリーモデル Xperiaの使い方


・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II / Xperia 1 / Xperia 5」のデュアルSIMを活かす。サブ回線として、1年間無料&解約料無料の「Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみる。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~19:00

 
LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)