ソニーが基本的に好き!

ソニー、「一部製品の出荷価格改定に関するお知らせ」を発表。2022年4月1日より対象製品の価格が約3~31%増に。対象製品から価格上昇を確認。

ソニーマーケティング株式会社は、2022年4月1日より日本国内向けに販売している一部製品のメーカー出荷価格を改定することを発表。

対象カテゴリーは、下記のとおりで、価格改定率は約3~31% の増額。

サウンドバー、ホームシアターシステム、コンポーネントオーディオ、ブルーレイディスク/DVDプレーヤー、デジタル一眼カメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルスチルカメラ、プロフェッショナルカムコーダー、ヘッドホン、ポータブルオーディオプレーヤー、アクティブスピーカー、ネックスピーカー、ラジオ、AVアクセサリー 他

ただし、主要な製品はオープン価格となっているため、改定率を確認できる製品は少ない。

詳細なリストはリンク先から確認できる。

・一部製品の出荷価格改定に関するお知らせ | ソニー

-----------------------------

対象製品リスト主要製品ピックアップ

・希望小売価格掲載モデル

まず希望小売価格が表示されている製品について確認してみると。

CinemaLineカメラ「FX6」は、33,000円値上がりして価格改定率は4%程度となる。

大幅な上昇ではないものの、価格が価格だけに値上がり分はインパクトがある。

・FX6 | プロフェッショナルカムコーダー | ソニー

コンポーネントオーディオは、さらに価格改定率が大きい。

対象製品の価格改定率は、おおよそ18~30%となり、値上がりとしては、3,300~68,200円と大きな幅になる。

・コンポーネントオーディオ | ソニー

・オープン価格

ホームシアター系製品は、ホームシアターシステム「HT-A9」サウンドバー「HT-A7000」含め、主要なモデルが値上がり。

特に「HT-A9」「HT-A7000」そして関連のサブウーファー、リアスピーカーについては、現在の納期も遅れ気味であり今後テレビの新製品が発表されたタイミングで需要が高まるため、値上がりと納期遅延のダブルコンボになりかねない。

仮にキャンペーンによるキャッシュバックなどがあったとしても、値上がり分を吸収できるか不明なため、3月中の購入を検討した方がよいだろう。

サウンドバー「HT-A5000」についても、いつ出るか日本で出るかは不明なものの、円安や、ラインナップの価格改定に準じた価格になると予想される。

・サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニー

カメラは、ボディのみ一部製品について対象。

しかしEマウントボディの対象製品は、現在注文が停止しているため、値上がり前の購入は厳しい状況。

ビデオカメラ及びサイバーショットについては、対象製品についてはすぐに購入可能。

円安や、昨今の状況を考えると今後の値下がりはあまり期待できないため、3月中の購入を検討したほうが良さそう。

・デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
・デジタルビデオカメラ Handycam ハンディカム | ソニー
・デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

ヘッドホンについては、高価格帯の製品が多く対象。

オーディオ製品は、材料費の高騰が直撃するため、値上がり幅も大きくなっている可能性がある。

フラッグシップウォークマンWM1シリーズ アルミ切削筐体モデル 「NW-WM1AM2」と無酸素銅切削筐体モデル「NW-WM1ZM2」が発売されるタイミングを考えると、これらヘッドホンは3月中の購入を検討したほうが良いかもしれない。

・ヘッドホン | ソニー

アクティブスピーカー、ネックバンドスピーカーは、主要製品が値上がり。

ワイヤレスホームスピーカー「SRS-RA5000」「SRS-RA3000」、グラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」ワイヤレスネックバンドスピーカー「SRS-NS7」「SRS-NB10」

対象製品の中には、現在キャッシュバックキャンペーンを実施しているものがある。

期限は4月中旬まであるけれど、3月中の購入の方が断然お得になるので、即決断がオススメ。

・アクティブスピーカー/ネックスピーカー | ソニー

このほか、 PaSoRiの新モデル「RC-S300」、CFexpress Type A メモリーカード「 CEA-Gシリーズ」が値上がり。

パソリについては、価格が安いため大幅な値上がりにはならないけれど、今後必要になる人も多いだろう。

CFexpress Type A メモリーカード「 CEA-Gシリーズ」は、元々価格が高いため、値下がり待ちの人も多かったと思うけれど、値上がり対象に。

・非接触ICカードリーダー/ライター 商品一覧 | NFCポート パソリ | ソニー
・CEA-Gシリーズ | 記録メディア | ソニー

-----------------------------

●リミットは3月31日!購入予定であれば早期決断をオススメ!

半導体不足をはじめとする外部環境の影響を受け、原材料費、製造・物流コストなどが高騰しているため、今回の価格改定は致し方ない。

値上がりすることは確定しているため、今後欲しいと思っていた製品が対象にあるかリストを確認してみよう。

3月31日までの残り1週間、購入を検討してみる価値は充分にある。

 

<BRAVIA XR レビュー>


・HDMI.2.1 に対応した「BRAVIA XR」。4K液晶テレビ X90Jシリーズ を PlayStation5 / Xbox series X とつないで4K 120fps のゲームをプレイしてみた。
・映像と音の一体感が最高の没入感を味わえる 4K有機ELテレビ「XRJ-65A90J」。 Windows PCとつないで巨大デスクトップPC化、4K 120fps の表示方法とそのなめらかさを検証してみる。
・「BRAVIA XRシリーズ」の新しいOS「GoogleTV」の使い勝手。ソニーピクチャーズの最新映画から名作までを、ハイクオリティで楽しめるBRAVIA XR専用のコンテンツサービス「BRAVIACORE」。
・「BRAVIA XRシリーズ」 4K液晶テレビのフラッグシップモデル「XRJ-75X95J」。 映り込みを劇的に抑えたエックスアンチリフレクションと音に包まれる臨場感を、コンテンツありきで楽しんでみた。

 

<ホームシアターシステムレビュー>

音に包まれる没入感に感動!ホームシアターシステム「HT-A9」


・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その1)。適当に設置した4つのスピーカーで、まさかの音に包まれる没入感が凄かった。
・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その2)。「BRAVIA XRシリーズ」にS-センタースピーカーを接続、サブウーファーも追加して本気モードで視聴。これは自宅でできる最高の体験。

サラウンドとクオリティ異常に高い満足感サウンドバー「HT-A7000」


・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その1)インターフェースを確認、設置と接続・設定。バースピーカーの概念がひっくりかえる迫力と臨場感。
・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その2)バースピーカー1本で部屋を満たす立体音響体験と、スピーカーとしてのクオリティの高さ両方に満足。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)