ソニーが基本的に好き!

LinkBuds Sの次世代Bluetoothオーディオ「LE Audio」の対応時期が、年内から、2023年春に変更!Xperiaは、Android 13へのアップデートや、来年の新型の対応に期待。

LinkBuds S」の発売当初、年内対応を予定していた次世代規格「Bluetooth LE Audio」が、2023年春に延期されることが判明。

これは、ソニーホームページ内でも更新されており、正式発表されている。

超低遅延であったり、複数の機器に音声を同時に配信できるため、スマートフォンで利用する場合、かなり有用な機能となっている。

・オンラインとリアルをつなぎ、センシング技術で新たな音体験を広げる常時装着も快適な小型軽量の完全ワイヤレス型ヘッドホン『LinkBuds S』発売
・LinkBuds S | ヘッドホン | ソニー

---------------------

●LinkBuds Sの「LE Audio」が2023年春に延期


今回の発表、延期は非常に残念。

しかし、ヘッドホンだけ対応していても意味はなく、接続する機器も「Bluetooth LE Audio」に対応している必要がある。

ソニーの場合、Xperiaでの対応が予定されているけれど、必要な条件がかなり高く、現時点で対応がわかっているのは、「Xperia 1 IV」、Xperia 5 IVのみ。

Xperia 1 IIIXperia 5 IIIXperia PRO-Iも対応する可能性はあるけれど、Android 13にアップデートされるタイミング以降の対応となる。

Android 13のアップデート時期は、不明だけれど、「LinkBuds S」の対応予定時期の2023年春に各製品が同時期に対応するものと思われる。

春頃であれば、Xperiaの新型も発売される時期。

待ち遠しいけれど楽しみに待っていよう!

----------------------------

●Xperiaの「Bluetooth LE Audio」対応は、Android 13から!

日本向けのSIMフリーモデル「Xperia 1 IV(XQ-CT44)」のヘルプガイドには、「Bluetooth LE Audio」の項目があり、今後のソフトウェア更新で利用可能となっている。

ここには、OSのバージョンまでは書かれていないけれど、既にAndroid 13が配信されている地域もある海外向けのXperia 1 IVのヘルプガイドには、詳細が掲載されている。

その中に、以下の文が書かれている。

“LE Audio will be made available through the Android 13 update.
However, in some regions and countries, LE Audio will be made available through another software update after the Android 13 update.”
(LE オーディオは、Android 13 のアップデートで利用できるようになります。
 ただし、一部の地域や国では、Android 13 のアップデート後に別のソフトウェア アップデートを介して LE Audio を利用できるようになります。)

Bluetooth LE Audio」は、早くてもAndroid 13にアップデートするタイミングで対応。

OSのバージョンアップが必要になるため、対応時期は地域によって異なることとなる。

日本の場合、ドコモがAndroid 13へのアップデートを提供する端末をいち早く発表しており、そのうちXperiaのアップデート対象は、8機種。

2021年発売機種
・Xperia 1 III SO-51B
・Xperia 10 III SO-52B
・Xperia Ace II SO-41B
・Xperia 5 III SO-53B

2022年発売機種
・Xperia 1 IV SO-51C
・Xperia 10 IV SO-52C
・Xperia Ace III SO-53C
・Xperia 5 IV SO-54C

この中で、「Bluetooth LE Audio」に対応するために、必要とされるBluetooth ver.5.2のモデルは以下の通り。

2021年発売機種
・Xperia 1 III SO-51B
・Xperia 5 III SO-53B

2022年発売機種
・Xperia 1 IV SO-51C
・Xperia 5 IV SO-54C

このように、「Bluetooth LE Audio」への対応は、現時点ではフラグシップモデルに限った話になっている。

SIMフリーモデルも含めたモデル全体では、以下のモデルが対応する可能性がある。

Xperia 1 IV(記載あり)
Xperia 5 IV(記載あり)
Xperia 1 III
Xperia 5 III
Xperia PRO-I

----------------------------

●ソニーの「Bluetooth LE Audio」対応ヘッドホンは?

本体側が対応していても、ヘッドホン側が対応しないことには意味がない。

ソニーのヘッドホンなどで、「Bluetooth LE Audio」に対応することを発表しているのは、現時点で「LinkBuds S」のみ。

規格的に対応する可能性があるのは、以下の通り。


ワイヤレスステレオヘッドセット「LinkBuds S」

カラーバリエーション:ホワイト、ブラック、エクリュ、(新色)アースブルー
オープン価格
ソニーストア販売価格:26,400円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)

ワイヤレスステレオヘッドセット「LinkBuds」
オープン価格
ソニーストア販売価格:23,100円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)

ワイヤレスステレオヘッドセット「LinkBuds UC for Microsoft Teams」
オープン価格
ソニーストア販売価格:29,700円(税込)
発売日:2022年11月25日(金)予定
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」
オープン価格
ソニーストア販売価格:33,000円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5
ソニーストア販売価格:49,500円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
 

 

LinkBuds S(発表済み)
LinkBuds
LinkBuds UC
WF-1000XM4
WH-1000XM5

この中で、「LinkBuds S」は年内のアップデートを予定していたが、11月28日に情報が更新され、2023年春対応に時期が変更された。

 

----------------------------

●アップデートが待ち遠しい「Bluetooth LE Audio」。

Bluetooth LE Audio」の、複数の機器に音声を同時に配信する機能自体は、そこまで使う機会がないかもしれない。

しかしながら、超低遅延での音声配信は、スマートフォンで利用するにはとても便利な機能。

ゲームなど、音のズレが大きいとプレイに支障が出る使い方などではかなり重宝する。

スマートフォン、ヘッドホンどちらも対応する必要があるため、対応機器をいち早く購入しておいても良いかもしれない。

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia 1 IV(XQ-CT44)
ソニーストア販売価格:174,900円(税込)
カラー:ブラック/アイスホワイト/パープル
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 4,800円(税込)
1回目のみ 6,900円(税込)


Xperia 1 IV Gaming Edition(XQ-CT44-KIT)
ソニーストア販売価格:189,200円(税込)
発売日:2022年10月14日(金)
カラー:ブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

※「Xperia 1 IV(XQ-CT44)」と「Xperia Stream for Xperia 1 IV(XQZ-GG01)」のセット

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 5,200円(税込)
1回目のみ 7,200円(税込)


Xperia Stream for Xperia 1 IV(XQZ-GG01)
ソニーストア販売価格:23,100円(税込)
発売日:2022年10月14日(金)
カラー:ブラック
※ゲーミングギアのみ、別途Xperia 1 IVが必要


Style Cover with Stand for Xperia 1 IV(XQZ-CBCT)
ソニーストア販売価格:3,830 円(税込)
カラー:ブラック/グレー/パープル


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:139,700 円(税込)⇒129,800 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,800円(税込)
1回目のみ 6,700円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。


Xperia PRO-I (XQ-BE42)
ソニーストア販売価格:179,300 円(税込)⇒159,500円(税込)
カラー:フロストブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円
月々の支払い 4,900円(税込)
1回目のみ 7,800円(税込)

・Xperia PRO-I(XQ-BE42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・これを待っていた!悲願の1.0型イメージセンサーを搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I」現る!ポケットから一瞬で取り出して撮れる静止画と動画に納得のクオリティ。
・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。

・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。


Xperia 5 III (XQ-BQ42)
ソニーストア販売価格:114,400 円(税込)⇒99,000円(税込)
カラー:ブラック/ピンク/グリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,100円(税込)
1回目のみ 5,900円(税込)

・Xperia 5 III(XQ-BQ42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 III(XQ-BQ42)」レビュー。フラッグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のスペックと機能を詰め込んだコンパクトボディが魅力。


Xperia 5II (XS-AS42)
ソニーストア販売価格:89,100円(税込)⇒79,200 円(税込)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ピンク
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 2,200円(税込)
1回目のみ 2,200円(税込)

・Xperia 5II(XQ-AS42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<SIMフリーモデル Xperia 5 II レビュー>
・5G対応 SIMフリー コンパクトモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。初期セットアップと基本スペックの確認、「Xperia 5 (J9260)」とのベンチマークテスト比較。
・SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」のSIMカードの利用方法とAPN設定。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの便利機能。5G利用時の注意点。
・ハイエンド機能をコンパクトボディに詰め込んだ 5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。カメラ、オーディオ、ゲームや機能性能をチェックする。


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:249,800円(税込)⇒229,900円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia PROレビュー記事>
・ついに手にしたぞ!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」レビュー。無骨な外観を「Xperia 1 II」と比較、開封から初期セットアップまで。
・「Xperia PRO」だけが持つHDMI micro端子。カメラと接続して「外部モニター」や「ライブ配信」をしてみる。
・「Xperia PRO」を有線接続のオーディオプレーヤー化してみる。ステージモニターインナーイヤー「IER-M9/M7」や、業務用モニターヘッドホン「MDR-M1ST」と組み合わせた漢気セット。

 


・スマホあんしん買取サービス


・「スマホあんしん買取サービス」&「Xperia乗り換えキャンペーン」


・24回まで分割払手数料が【0円】

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~19:00

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)