ソニーが基本的に好き!

デジタル一眼カメラ「α7R V」の被写体認識性能はどれくらい進化したのか?「動物」「鳥」について、従来αシリーズとの細かな違いを調べてみた。


デジタル一眼カメラαシリーズEマウント高画素α7Rシリーズの第5世代モデル「α7R V」。

発売日は、2022年11月25日(金)、ソニーストア販売価格は555,500円(税込)

α7R V」は、今までのαシリーズにはないAFに特化した性能を持っている。

それが、AI処理に特化したAIプロセッシングユニットであり、認識する被写体として[人物]、[動物]、[鳥]に加えて、新たに[昆虫]、[車/列車]、[飛行機]にも対応するというのが大きな特徴。

しかもすべて静止画と動画に対応する。

では具体的にどのあたりが進化したのか?従来機にも搭載されていた[動物]、[鳥]について調べてみる。

・新開発AIプロセッシングユニット搭載により高精度の被写体認識を実現 新次元のAF性能と有効約6100万画素の高い解像性能でカメラの新時代を切り開く『α7R V』発売
・新商品「 ILCE-7RM5」発売前先行体験・展示について | ソニーストアについて | ソニー

・α7R V | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

---------------------

●「α7R V」、「α7R IV」、「α7 IV」、「α1」、「α7S III」
 認識対象と認識部位の違いを比較。


α7R V」、「α7R IV」、「α7 IV」、「α1」、「α7S III」の5モデルについて、AF時に検出できる対象や部位が細かく異なる。

上の表が、認識できる対象と、認識部位の一覧。

認識対象は、「α7R V」が最も多く[人物]、[動物]、[鳥]、[昆虫]、[車/列車]、[飛行機]と多種多様。

次いで、「α7 IV」が[人物]、[動物]、[鳥]。

α1」は、[人物]、[動物]、[鳥]のうち、[動物]と[鳥]については静止画のみの対応で動画撮影時では認識しない

α7R IV」、「α7S III」では、[人物]、[動物]のうち、[動物]に関しては静止画のみの対応で動画撮影時では認識しない

こうしてみると、認識対象はあまり違いがないように見えて、大きく違うことがわかる。

α7R V」は、AIプロセッシングユニットを搭載したことで、[]だけでなく、[]や[]についても認識できるようになり、より捕捉精度が上がっている。

以下、細かく比較してみる。

 

[動物]の認識比較


もともとαシリーズで[動物]の認識ができるというのは、”猫や犬のような顔立ち”の動物の[]を認識するというもの。

この点では5モデルとも同等。

しかし「α7R V」では、”猫や犬のような体つき”の動物に対して[]や[]を認識し、さらに”一部の草食動物(鹿、馬、ウサギ、リスなど)”の[]を認識できる。


一般に、AFが被写体を捕捉した場合、その被写体の中で一番近い部分にフォーカスする。

そのため、例えば”犬の瞳AF”が使えれば、一番手前の犬の鼻先ではなく瞳にフォーカスした写真が撮れる。

しかし、上の画像のように犬が後ろ向きの場合、”犬の瞳”に合わせることはできない。

このような場合でも「α7R V」であれば、”犬の顔”として認識してフォーカスするため、体よりも奥にある頭部にきちんとフォーカスすることができる。


ただし、「α7R V」でも、認識が苦手な対象もある。

それは、”猫や犬と顔つきや体つきが異なる動物”。

一部草食動物についても[]は認識するものの、[]や[]の認識については正確性は落ちる。

それだけたくさんの姿かたちをした動物がいるという事ではあるのだけれど。

このソニーの公式動画を見ると、α7R Vの動物への認識具合がよくわかる。

動画をみると、シマウマの[]や[]、サイの[]や[]を認識している様子がわかる。

”猫や犬と顔つきや体つきが異なる動物”についても、全く捉えられないではなく、難しい場合もあるという解釈があっているかもしれない。


動物の顔について。

正面からの[瞳]は全5モデルとも同等。

α7R V」、「α7 IV」、「α1」では、顔が横向きでも[]を認識しやすくなっている。

ただし、ダルメシアンのように顔や体に模様があると、[]の特定が難しい。


α7R V」に特化したAFの条件として。

動物の顔が下や後ろ向き、または顔の一部が隠れている場合、[]の認識は難しい。

また、動物にありがちな複雑な姿勢など、体の一部が隠れている場合は、[]や[]の認識は難しくなる。


αシリーズ全モデルで、認識しにくい場面というのもある。

”複数の動物が近くにいる”、”動きまわっている”、”逆光や暗い”、”黒い毛の動物や顔が不明瞭な場合”など。

そもそも、人が肉眼で見てもわからないような条件。

もしかすると、将来的には人の認識すらも超えてしまう時が来るかもしれない。

 

[鳥]の認識比較


認識対象が鳥の場合。

α7R V」は、鳥の[]だけでなく、[]や[]も認識。

鳥は、顔立ちや体つきが特徴的なため、「小鳥」、「猛禽類」、「水鳥」といった分類で認識する。

次いで、「α7 IV」、「α1」は、鳥の[瞳]を認識するものの、[水鳥」のような顔立ちはやや性能が落ちる。

α7R IV」、「α7S III」では、鳥の[瞳]の認識ができるものの、他モデルに比べると弱い。


鳥の特徴的な姿について。

α7R V」は、「α7 IV」、「α1」よりもさらに認識率が上がり、[]や[]の認識や、鳥の顔を正面からの撮る場合でも[瞳を]認識できる。


鳥の認識しにくいシーンについて。

これもまた動物と同じく鳥の姿も非常にバリエーションが多いことともあって、認識が難しい場面は多々存在する。


ソニー公式動画を確認してみると、鳥の[]や[]が認識しづらい状況や被写体であっても、[]の検出精度は非常に高い。

特殊な形状や姿勢、シチュエーションはあるとして、AIならではの今後のアップデートで精度が上がっていくと嬉しい。

---------------------

●AIプロセッシングユニットによる被写体の認識レベルが劇的に向上!


α7R V」に備わったAIプロセッシングユニットによる処理性能は想像以上に高く、AF性能が劇的に良くなっている。

相手が動物や鳥、状況も自然が相手となると、当然難しい場面も多いことは理解しつつも、今までのαシリーズとはAFの捕捉精度の次元がまるで違っている。

しかも、[]に加えて[]や[]を認識するようになった事で、捉えた被写体を粘り強くしかも精度高く捕捉しつづける威力はかなり大きい。

次回、「車/飛行機」「昆虫」について調べてみる。

α7R Vは8.0段の手ぶれ補正や、4軸マルチアングル液晶モニター、写真撮影の体験を根本から変えてしまうAFの挙動など、今までのαシリーズにはなかった新機能が充実。

ソニーストアでは実機がすでに展示されているため、いろいろ試してみることもできる。

ただしソニーストア店舗に被写体になるものはない可能性もあるため、自身でミニチュアを用意して持ち込むかもしくはスマホに被写体の動画を映してテスト撮影してみてもよいかもしれない。

・デジタル一眼カメラ「α7R V」の被写体認識性能はどれくらい進化したのか?新たに追加された「車/列車」「飛行機」について、認識しやすいシーンをまとめてみた。

 

---------------------

●デジタル一眼カメラαシリーズラインアップ


デジタル一眼カメラα7R V ボディ「 ILCE-7RM5」
ソニーストア販売価格:555,500円(税込)
発売日:2022年11月25日発売予定
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・有効約6100万画素フルサイズセンサー&BIONZ XR搭載 α高画素機 新モデル「α7R V」(ILCE-7RM5)、2022年11月25日(金)発売。市場推定価格、560,000円(税込)前後。4軸チルトや8段ボディ内手ブレ補正、AIプロセッシングユニットなど新要素満載。
・α7Rシリーズ 第5世代モデル「α7R V」と、気になるαシリーズ(α7R IV、α7 IV、α1、α7S III)の仕様を比較!AIプロセッシングユニットや8段ボディ内手ブレ補正、4軸チルトなど「α7R V」だけが持つ最新機能の魅力が突出。
・デジタル一眼カメラ「α7R V」の付属品は何が入ってる?日本のソニーストアでは記載されていない付属品情報を海外公式サイトで確認。他、おすすめアクセサリー。
・α7Rシリーズ 第5世代モデル「α7R V」で劇的に進化したオートフォーカス。人物、動物、鳥、昆虫、車/列車、飛行機それぞれのシーンで検出っぷりがスゴイ。
・「α7R V」(ILCE-7RM5)予約販売開始!一緒に組み合わせたいレンズやアクセサリー。ボティ単体よりもさらに効果的に協調制御できる厳選された4つのレンズ。
・α7Rシリーズ 第5世代モデル「α7R V」は、連写持続時間とデータ書込時間が劇的に高速化!改善のカギは「画像処理エンジンBIONZ XR」と「高速メモリーカードスロット」。


デジタル一眼カメラα7R IV ボディ「 ILCE-7RM4A」
ソニーストア販売価格:438,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・α7R IVの従来型番「ILCE-7RM4」と仕様変更となった新型番「ILCE-7RM4A」はどこが違うのか?背面の液晶モニターをマクロ撮影して比較してみた。
・デジタル一眼カメラ α7RIV レビュー(その1)α7IIIシリーズからどこが改善されたのか外観をチェック。触ると実感するカメラの道具としての良好な操作フィーリング。
・デジタル一眼カメラ α7RIV レビュー(その2)α7RIVの圧倒的な解像力を身を以て知るには?解像力テストチャートを使ってチェックしてみた。


デジタル一眼カメラ α7 IV 「ILCE-7M4」

ソニーストア販売価格:361,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・「α7 IV」( ILCE-7M4 )は、「α7 III」からどれほど進化したのか?仕様を比較。α9ベースのスタンダードモデルと、α1ベースのスタンダードモデルとの違い。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7 IV ( ILCE-7M4 )の熱耐性能について、海外のソニー公式ページから調べてみる。α7 IV、α7SIII、FX3、α1の動画連続撮影比較。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7 IV ( ILCE-7M4 )の新機能「フォーカスブリージング補正」と、その対象レンズについて確認してみる。
・「α7 IV」( ILCE-7M4 )は本体内ソフトウェアアップデートが可能!? メモリーカード内に保存したファームウェアデータを使って実行できる様子。PCいらずで、スマートフォンやタブレットだけでもアップデートできる可能性。


デジタル一眼カメラ α1 「ILCE-1」
ソニーストア販売価格:935,000円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・進化するプロの創造性に最先端技術で応える フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α1』 発売 | プレスリリース | ソニー
・α1 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
・ソニーのフラッグシップ、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α1 ( ILCE-1 )」登場(前編)。α7R IVに迫る高解像度と、α9IIを遥かに凌ぐスピード性能。
・ソニーのフラッグシップ、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α1 ( ILCE-1 )」登場(後編)。信頼性やアウトプットも大幅に改良、あらゆるレスポンスを重視したワークフロー。


デジタル一眼カメラ α7S III 「ILCE-7SM3」
ソニーストア販売価格:493,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

<ソニーストア先行レビュー>
・ソニーストアでデジタル一眼カメラ α7SIII を触ってきたレビュー(その1) これを最新世代と言わずなんと呼ぶ!?全てのαユーザーの羨む機能が物欲を激しく刺激する。
・ソニーストアでデジタル一眼カメラ α7SIII を触ってきたレビュー(その2)4K 120p ハイフレームレート撮影、4:2:2 10bit記録、多彩な動画フォーマットへ対応、知れば知るほど使ってみたくなるポテンシャルの高さ。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)