「Xperia 1II / Xperia 5 II 」のAndroid 11は、神アップデート!? 変換アダプタを利用してカメラやPS5を接続、「外部モニター」アプリで表示してみた。



「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」に順次降りてきているAndroid 11のアップデート。
(※キャリアによってアップデートタイミングはこれからとなります。)

やっとAndroid 11を試すことができたので早速いじってたら、今回のアプデの目玉機能「外部モニター」が楽しすぎた。

・Android™ 11対応 OSバージョンアップ:ソニーモバイルコミュニケーションズ

-----------------------------

「Xperia 1 II  / Xperia 5 II」から変換アダプターを経由してカメラと接続。

「Xperia 1 II  / Xperia 5 II」がAndroid 11にアップデートすると、機能的に変わるところはたくさんあれど、これほど楽しい機能があっただろうか。

「外部モニター」アプリは、αなどカメラ専用機と接続して、Xperia のディスプレイを活かしてカメラモニターとして利用できるというもの。

さて使ってみようと思ったらそれらしきアプリが見当たらない。

と思ったら最初に設定が必要。

「設定」>「機器接続」>「接続の設定」と進んで、「外部モニター」をONにする。

すると、「外部モニターアプリ」が追加される。


さて問題は、USB typeCしかない「Xperia 1 II  / Xperia 5 II」とどうやって接続するのか?

ということで、変換アダプターを用意する必要があるのだけど、モバイルするとなると少しでも邪魔にならないようにと考えるのが悩ましいところ。

I-O DATA USB HDMI変換アダプター 「GV-HUVC」
・短めのUSB C to USB C(3.1 Gen 2)ケーブル

・短めのHDMIケーブル(片側がL型だと使いやすい。)
・必要に応じて、USB C L型変換アダプター


接続の流れとしてはこんな感じ。

「Xperia 1 II  / Xperia 5 II」 = [USB C to USB Cケーブル][USB HDMI変換アダプター] [HDMIケーブル] = [カメラ]

カメラの機種によってはMicroHDMI端子だったり標準HDMI端子だったりするので自分の接続する機種によって。


次なる課題は、カメラにどうやって固定するか。

定番は、スマートフォン三脚ホルダーとアクセサリーシューアダプター。今回は手持ちでどうにかできそうなものを用意してみた。

・スマートフォン三脚ホルダー
ソニー カメラシューマウント「VCT-CSM1」

アクセサリーシューに着けなくても、カメラにリグを付けてアームを装着するなどいくつか方法はあるはず。



これで、カメラにセットすれば完成。

変換する必要があるだけにどうしてもケーブル類がごちゃごちゃしてしまいがちなのは仕方ないところ。

実用として使うなら、いかにコレらをまとめるかと、安定して撮るために途中ではずれないようにするかも検討する必要がある。

そう考えるとHDMIケーブル一本で接続できる「Xperia PRO」はやはり強い。

-----------------------------

「Xperia 1 II  / Xperia 5 II」の「外部モニター」アプリを使ってみる。



「外部モニター」アプリを起動すると、チュートリアルが流れる。

といっても簡単なアプリなのでそう難しくはない。


カメラの電源を投入すれば、自動で認識してカメラのレンズを通した画像がそのまま映しだされる。

ちなみに、ソニーのカメラαシリーズの場合、デフォルト設定のままHDMI出力を利用すると、出力した映像が外部モニターにそのまま表示される代わりに、αの背面液晶は真っ暗になる。

そんなときは、αのメニューから、「セットアップ」にある「HDMI設定」から「HDMI情報表示」を切り替える。

「HDMI情報表示」を「なし」にすれば、映像情報のみをHDMIから出力できる。

「Xperia 1 II  / Xperia 5 IIで入力された映像をそのまま表示しつつ、αの背面液晶にいつもどおりのオペレーション含めた表示も同時にしてくれる。

このあたりは好みで。


「外部モニター」アプリのディスプレイはとってもシンプル。

左上に、入力されている情報を表示。

右に、操作できるメニューを表示。

基本現れず、タップすると現れる。


映し出された映像は、ピンチイン・ピンチアウトで拡大可能。



最大拡大倍率は、4.0倍。

今回は「 Xperia 5 II」で接続したので解像度は1920x1080までが限界だったけれど、思っていた以上に高精細に表示されている。

これなら、フォーカスのあっている箇所など隅々までチェックできる。

これはかなり有用に使えそう。


右にあるメニューは、1番上にあるカギアイコンは、そのまま設定が変わらないようにロック。

2番めが明るさ。

3番めがグリッドラインで、「3分割」、「方眼」、「対角x方眼」から選択できる。

  
4番めにあるのが「フレームライン」。

表示ディスプレイ上に、7種類の白いフレームのラインを選んで表示させることができる。

5番目は、モニターの上下180度反転。


6番目は、「外部モニター」アプリの[設定」。


「解像度」設定は入力信号に対して、「 Xperia 5 II」の場合は、「オリジナル」、「1080pまで」、「720p」までの変更が可能。


「ズームインジケーターのタイムアウト」は、ズームしたさいの表示(インジケーター)を自動で消すか、表示したままにするかのオンオフ。

「ズームインジケーターのカスタマイズ」をオンしておけば、ズームインジケーターの場所を変えたり、表示サイズを好みで変更もできる。


ダブルタップすると、いっきにズームできるようになっていて、その倍率を「x2.0」、「x3.0」、「x4.0」から選択できる。

残りは、「設定リセット」と「チュートリアル(初期画面に出てくるものと一緒。)」。

-----------------------------

カメラに限らず、HDMI出力映像を「外部モニター」アプリで活用できる!


これ、もしかしてカメラに限らずHDMI出力するものだったら何でもいいんじゃないのか?

と思ったらそのとおり。

PlayStation®5(PS5™)のHDMI出力から変換を経由してつないでみたらバッチリ表示!

このままゲームプレイしようと思えばできてしまう。

けれどまぁ普通にリモートプレイしたほうが手っ取り早いはずなので参考までに。

PC用のサブモニターにしたり、配信機器のチェックモニターにしたり、いろいろと夢が広がる!!

じつに楽しい!

「Xperia PRO」はダイレクトにmicro HDMIの入力端子を搭載してるので、俄然接続してみたくなる。

けれど、「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」でも変換アダプタを用意して「外部モニター」アプリが使えるのはとっても魅力的。

現時点ではSIMフリーモデル「Xperia 1 II」にAndroid 11が降りてきてないので早くアップデートこないかな!?

・「Xperia 1II / Xperia 5 II 」のAndroid 11アップデート。UVC変換アダプタ経由のカメラ映像を、ライブ配信で利用してみる。
へ続く。

 

・ついに発売!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」。HDMI入力端子を備えて外部モニター化、カメラと合体してハイクオリティのライブ配信可能なSIMフリーモデル。

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:227,091円+税
発売日:2021年2月10日

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 10,400円(税込)
1回目のみ10,601円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー


Xperia 1 II (XQ-AT42)
ソニーストア販売価格:124,000円+税
カラー:特別色フロストブラック/ホワイト/パープル
Xperiaケアプラン(月払い500円/年払い5,000円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 5,600円(税込)
1回目のみ7,600円(税込)

・Xperia 1 II(XQ-AT42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia 1 IIレビュー記事>
・「Xperia 1 II」に備わる「Photography Pro」の項目とメニューをすべてチェックしてみた。撮るそのときに自分の想いを反映する楽しさがあるカメラアプリ。
・「Xperia 1 II」を手に入れたら、真っ先にオモテウラに保護フィルムを貼ろう。今回は、スミまで貼れる上級者向け?曲面対応のTPUフィルムにチャレンジ。


Xperia 5 (J9260)
ソニーストア販売価格:69,000円+税
カラー:ブラック/グレー/ブルー/レッド
Xperiaケアプラン(月払い500円/年払い5,000円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,100円(税込)
1回目のみ4,600円(税込)

・Xperia 5(J9260) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<参考>
・有機EL 21:9シネマディスプレイ・トリプルカメラを備えるフラッグシップモデル「Xperia 5 SO-01M」、NTTドコモより11月1日に発売。
・有機EL 21:9シネマディスプレイ・トリプルカメラを備えるフラッグシップモデル「Xperia 5 SOV41」、手軽なミッドレンジスマートフォン「Xperia 8 SOV42」、auから10月下旬以降に発売。


Xperia 1 (J9110)
ソニーストア販売価格:79,000円+税
カラー:ブラック/パープル
Xperiaケアプラン(月払い500円/年払い5,000円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,600円(税込)
1回目のみ4,100円(税込)

・Xperia 1(J9110) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia 1 執筆記事>
・ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ – Engadget Japanese

・実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)- Engadget Japanese

・Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)- Engadget Japanese

・海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力- Engadget Japanese
・[ ASCII.jp x デジタル 掲載 ] Xperiaシリーズを新たに生まれ変わらせた「Xperia 1」

 

-----------------------------

●Xperiaキャンペーン


Xperiaでスマホ改革 ソニーストアが、はじめます! Xperia買うならソニーストア

 


・スマホあんしん買取サービス


・「スマホあんしん買取サービス」&「Xperia乗り換えキャンペーン」


・24回まで分割払手数料が【0円】

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。旧福岡市立中央児童会館
営業時間:12:00~20:00

 

LINEで送る
Pocket