「Xperia 1II / Xperia 5 II 」のAndroid 11アップデート。UVC変換アダプタ経由のカメラ映像を、ライブ配信で利用してみる。


・「Xperia 1II / Xperia 5 II 」のAndroid 11は、神アップデート!? 変換アダプタを利用してカメラやPS5を接続、「外部モニター」アプリで表示してみた。
の続き。

「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」のAndroid 11アップデートを期に、対応するようになった「外部モニター」機能。

外部カメラの映像をモニター化することには成功したので、今度は、この接続方法を用いて、ライブ配信用のカメラとして使えるかを試してみる。

・Android™ 11対応 OSバージョンアップ:ソニーモバイルコミュニケーションズ

-----------------------------

「Xperia 1 II / Xperia 5 II」から変換アダプターを経由してカメラと接続(前回のおさらい)。


「Xperia 1 II / Xperia 5 II」とカメラの接続方法は以下のとおり。

「Xperia 1 II / Xperia 5 II」 = [USB C to USB Cケーブル][USB HDMI変換アダプター] [HDMIケーブル] = [カメラ]

カメラの機種によってはMicroHDMI端子だったり標準HDMI端子だったりするので自分の接続する機種によってあわせよう。

<用意する機材サンプル>
I-O DATA USB HDMI変換アダプター 「GV-HUVC」
・短めのUSB C to USB C(3.1 Gen 2)ケーブル

・短めのHDMIケーブル(片側がL型だと使いやすい。)
・必要に応じて、USB C L型変換アダプター


それから後述するけれど、ライブ配信する場合にはUVC(USB Video Class)変換アダプターがとても重要。

UVC(USB Video Class)は、USB3.0で接続するカメラの通信方法に関する規格。

UVCはあくまでもカメラ用のUSB通信を保証するだけで、なんでもOKかというとそうでもないというあるあるなトラップが潜んでいる。

モノによっては、「外部モニター」は使えたのに、ライブ配信が出来ないというトラブルに巻き込まれる場合があるので注意しよう。


そして、「Xperia 1 II / Xperia 5 II」 のカメラへの固定方法は、スマートフォン三脚ホルダーとアクセサリーシューアダプターを利用。

<カメラに固定する機材サンプル>
・スマートフォン三脚ホルダー
ソニー カメラシューマウント「VCT-CSM1」


アクセサリーシューに着けなくても、カメラにリグを付けてアームを装着するなどいくつか方法はある。

特にライブ配信をするとなると、いかに配線を邪魔にならないようにするかと、しっかりと固定できるかも考えておいたほうが良い。

万が一にも配信中にトラブルは避けたい。

-----------------------------

「You Tube」アプリでライブ配信のテスト。

 

「Xperia 1 II / Xperia 5 II」にインストールされている「You Tube」アプリ。

ライブ配信の定番といえば「You Tubeライブ」だけれど、じつはモバイルから配信できるには若干のハードルがある。

ひとつは、チャンネル登録者数が 1,000 人以上であること。

そしてもう一つは、過去 90 日以内にチャンネルにライブ配信に関する制限が適用されていないこと。

チャンネルを持っていない場合はチェンネル作成が当然必要。

You Tubeアプリの下にある[+]アイコンから「ライブ配信を開始」をタップする。

タイトル、説明入力、プライバシー設定などお約束の設定をして配信。

となるのだけれど、いったいどこで接続したカメラを選ぶのか?


間違いなくカメラと接続されていれば、◯赤丸で囲ったカメラアイコンをタップすると、Xperiaのメインカメラ、フロントカメラ、そしてその次に接続した外部カメラの映像が出てくるはず。

UVC変換アダプターによっては、ここで映像が出てこないというトラブルに出くわす可能性があるのでものすごく注意点ではある。

<参考>
タテのまま配信してしまった失敗動画。
(ただ音もなく動かないちっともおもしろくない映像。)

その他、はじめて設定して自分が悩ましかったのは、配信時に強制的にタテ表示になってしまったこと。

こちらは、スマホの画面回転をオンにすることと、実際にXperiaは横向きして配信する必要があるということだった。


これでうまくいったかと思ったら、なぜか設定時に見えている映像が左右ミラーのように反転してしまっていたこと。

どうしてこうなっているんだろう?としばらく悩んだものの、配信してみると正常で、おそらくフロントカメラと判定されているために、配信者側の画面が反転しているようだった。

コレについてはそのままで放置。

以下が実際にライブ配信した(と仮定しての)動画。

デジタル一眼カメラ α7SIIIからのHDMI出力を[USB HDMI変換アダプター]  を介して[USB C to USB Cケーブル]「Xperia 1 II / Xperia 5 II」に接続された状態で、You Tubeライブの配信をしたもの。

(ただ音もなく動きもなく、ちっともおもしろくない動画です。)

解像度的には、720pで配信されている。

-----------------------------

「Streamlabs」アプリや「Streamyard」アプリでは、1080pでの配信も可能らしい。

ちなみに、ライブ配信用の「Streamlabs:Live」アプリや「Streamyard」アプリでは、1080pの設定での配信も可能らしい。

ということで「Streamlabs:Live」アプリで、同じように配信のテストをしてみる。

<追記>
I-O DATA USB HDMI変換アダプター 「GV-HUVC」でも、「Streamyard」アプリについては認識されない事例があるようです。


するとさすがに高画質、非常に鮮明。

ただしデータ量がとんでもない事になりそうでモバイル配信としては注意したほうが良さそうではある。

あくまでもテストしただけで本格的に利用したわけではないので、これ以上の詳細は不明。

「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」でもUVC変換アダプタを用意してライブ配信ができるのはめちゃくちゃ楽しい。

ただし、ちゃんと「外部モニター]アプリもライブ配信も出来るものとなると、それなりの価格になるし装備もかさばってくる。

そう考えると、そのUVC変換いらずでダイレクトにmicro HDMIの入力端子を搭載している「Xperia PRO」というのは実に理にかなったスマホだとも言える。

・Xperiaをカメラの外部モニターにしたりライブ配信するなら、ガッチリホールドできるケージやモニターマウント、スマホクリップを用意しよう。
へ続く。

・ついに発売!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」。HDMI入力端子を備えて外部モニター化、カメラと合体してハイクオリティのライブ配信可能なSIMフリーモデル。

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:227,091円+税
発売日:2021年2月10日

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 10,400円(税込)
1回目のみ10,601円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー


Xperia 1 II (XQ-AT42)
ソニーストア販売価格:124,000円+税
カラー:特別色フロストブラック/ホワイト/パープル
Xperiaケアプラン(月払い500円/年払い5,000円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 5,600円(税込)
1回目のみ7,600円(税込)

・Xperia 1 II(XQ-AT42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia 1 IIレビュー記事>
・「Xperia 1 II」に備わる「Photography Pro」の項目とメニューをすべてチェックしてみた。撮るそのときに自分の想いを反映する楽しさがあるカメラアプリ。
・「Xperia 1 II」を手に入れたら、真っ先にオモテウラに保護フィルムを貼ろう。今回は、スミまで貼れる上級者向け?曲面対応のTPUフィルムにチャレンジ。


Xperia 5 (J9260)
ソニーストア販売価格:69,000円+税
カラー:ブラック/グレー/ブルー/レッド
Xperiaケアプラン(月払い500円/年払い5,000円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,100円(税込)
1回目のみ4,600円(税込)

・Xperia 5(J9260) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<参考>
・有機EL 21:9シネマディスプレイ・トリプルカメラを備えるフラッグシップモデル「Xperia 5 SO-01M」、NTTドコモより11月1日に発売。
・有機EL 21:9シネマディスプレイ・トリプルカメラを備えるフラッグシップモデル「Xperia 5 SOV41」、手軽なミッドレンジスマートフォン「Xperia 8 SOV42」、auから10月下旬以降に発売。


Xperia 1 (J9110)
ソニーストア販売価格:79,000円+税
カラー:ブラック/パープル
Xperiaケアプラン(月払い500円/年払い5,000円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,600円(税込)
1回目のみ4,100円(税込)

・Xperia 1(J9110) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia 1 執筆記事>
・ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ – Engadget Japanese

・実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)- Engadget Japanese

・Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)- Engadget Japanese

・海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力- Engadget Japanese
・[ ASCII.jp x デジタル 掲載 ] Xperiaシリーズを新たに生まれ変わらせた「Xperia 1」

 

-----------------------------

●Xperiaキャンペーン


Xperiaでスマホ改革 ソニーストアが、はじめます! Xperia買うならソニーストア

 


・スマホあんしん買取サービス


・「スマホあんしん買取サービス」&「Xperia乗り換えキャンペーン」


・24回まで分割払手数料が【0円】

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。旧福岡市立中央児童会館
営業時間:12:00~20:00

 

LINEで送る
Pocket