ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット最高峰「WH-1000XM4」レビュー。不要な音を消し去ってイイ音を聴きたい、都合よく必要な音は聞き取りたいという贅沢をシームレスに満たしてくれる。


Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したオーバーヘッドタイプの「WH-1000Xシリーズ」もついに第4世代に。

「WH-1000XM3」でもうすでに完成されたところまで来ていると言っていいはずなのに、さらに何を進化しようというのか?その最新世代となる「WH-1000XM4」をレビューしてみよう。

業界最高クラスのNC性能、AI技術によるスマート機能を実現したワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM4』発売 | プレスリリース | ソニー
・WH-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー

「WH-1000XM3」と同等機能は「WH-1000XM4」に新たに備わった機能はで記載。

-----------------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM4」


ワイヤレスヘッドセットの中でも圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングして高音質再生が楽しめたり、高いノイズキャンセリング性能に加えて、いざという時に外音を拾える便利さがもあいまってヒットアイテムとなった「WH-1000Xシリーズ」

今では、ワイヤレスノイズキャンセリングのフラッグシップモデルとして”1000X”がブランドネームに。

左右独立してハンズフリーの自由さはとノイキャン性能を備えて、小さくてじゃまにならない 「WF-1000XM3」 、肩掛けタイプで音質とノイズキャンセリングと携帯性をバランス良く備えたネックバンド方式のヘッドホン 「WI-1000XM2」

耳を覆う大きなドライバーの聴き心地と、突出したノイキャン性能もつオーバーヘッドモデルだけが度重なる進化を繰り返し、4世代目の「WH-1000XM4」となる。


「WH-1000XM4」「WH-1000XM3」を比べてみたところ。

びっくりするほど見た目は変わらなくて、判別はつきにくいほどにそっくり。

あえて言うと、金属的な素材感のあった「WH-1000XM3」とは対象的に、「WH-1000XM4」全体的にマットな質感に統一。

また、細かいところでは一つ一つのパーツの組み合わせたスキマがほとんどなくなり、ラウンドした形状を含めてよりなめらかに連なった感じ。

ひとつのヘッドホンとしての一体化がすすんでいるように見える。


装着性の低反撥ウレタンフォームを立体的に縫製したイヤーパッドとイヤーパッドが内側に倒れ込む構造なので、耳に吸い付くように柔らかくピッタリフィット。

「WH-1000XM3」よりもイヤーパッドの耳にあたる接地面積が10%ほど大きくなり、圧力が分散されるためより疲れにくく快適に装着性できるように改善。

耳全体がしっかりと覆われるということは、中からの音漏れもなく気密性の高さから低域もしっかりと出る、ノイズキャンセリング性能も高まるという基本的な向上につながる。


可動部分には、複数のシリコンリングを仕込んで、使っているときに軋んだ音がしたりカタカタといった音がしないように配慮。

ヘッドバンド部は細身でありつつも頭頂部にあたるクッションはよりフィットしやすい形状で長時間リスニングしても痛くなりにくい。

ハウジング部は、折りたためるスイーベル機構で、横向きにしてフラットにする事ができて持ち運び時にはさらに省スペースにできる。


質量に関しては、「WH-1000XM3」が約255gに対して、「WH-1000XM4」約254g。(計量で測ると252gと軽く表示されている。)

公称値としての違いは1g。

たったの1gかと思うけれど、実は本体の性能の進化によりセンサーが増えているにもかかわらず、全体のパーツを見直して軽量化をすることで、この質量を実現している。


物理ボタンの形状も、小さいながらも指で触っても判別のしやすく。

ヘッドホンを装着したままでも、どっちが電源でどっちがカスタムボタンかが形状でかわかる。


また、充電端子はUSB type-C

上下を気せず差し込みやすく、最近のスマホを代表とするガジェット類とUSB type-C端子で共通化できる。

充電も非常に早くて、10分の充電で5時間利用できるクイックシャージ機能がかなり便利。

連続再生時間は、ワイヤレス接続で最大30時間(ノイズキャンセリング機能ON時)の長時間使用ができる。


スマートフォン(AndroidやiPhone)とbluetothで接続するペアリングのひとつとして、NFCを備えたXperiaやウォークマンはとても簡単。

右外側ハウジング部分にNFCマークがあるので機器同士を近づければかんたんにペアリング完了。

それ以降も、NFCを近づけるだけで、切断も再接続もワンタッチ。


それからもうひとつ、Androidスマートフォンに便利な機能(Fast Pair)が追加。

ヘッドホンをペアリングモードにして、、Androidスマートフォンに近づけるだけで、ポップアップが現れてタップするだけで簡単にペアリングできる。

当然自身のGoogle IDでログインしているというのが前提条件ではあるけれど、恐ろしくカンタン便利。

 

-----------------------------

●強烈なノイズキャンセリングと高音質化へのこだわり。


ワイヤレスで接続するBluetoothの対応コーデックは、SBC、AAC、 LDAC(エルダック)

「WH-1000XM3」に備わったaptXaptX HDが省かれている。

ソニー製品と接続する場合にはLDACが高音質であり最良ではあるものの、例えばそれを備えないWindows PCではaptXが頼みの綱でもあった。

それが利用できないのはちょっともったいない。

その理由としては、後に教えてもらった事だけれど、今回「WH-1000XM4」に採用されたSocはMediaTek製であり、aptXはもともとQualcommが自社製SoCに採用しているという背景もあって対応コーデックから外れているとのこと。

なるほどそういった事情があるのかということと、それとは別にaptXについて、他のコーデックに比べて音の歪が大きいと指摘される事もあり、何かと一筋縄ではいかない状況もありそう。

シンプルに高音質で聴くならLDACというのは間違いなく、むしろWindows側がLDACに対応するという神展開が一番望ましいのだけど今の所は不明。


そして、業界最高クラスのデジタルノイズキャンセリング機能。

「WH-1000XM3」では、前モデル(「WH-1000XM2」)比で約4倍の処理能力をもつ「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載して、リアルタイムに解析しなければいけないノイズキャンセリングの精度をこの処理能力のおかげで劇的に向上。

「WH-1000XM4」では、新しいBluetooth®オーディオSoCが備わって「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」と連携。

アルゴリズムの進化により、毎秒700回以上センシングすることで、その時の音の環境(外のノイズ、ドライバユニットと耳の間の音響特性、音楽の信号)に対してリアルタイムにノイズキャンセリング処理を適用。

これによって、さらにノイズキャンセリング性能が向上。

特に、中高音域のキャンセリング性能が上がったことで、乗り物はもちろん街中やカフェの中といった人の声が多い環境でもさらなる静寂が味わえる。

いかに普段から雑音を耳にしながら生活しているのがわかるというか、ヘッドホンを装着するだけで、意識していた音もそうではない音もかき消して、いともかんたんに静寂を手に入れられてしまうのは凄い。

イコール、再生音のボリュームを無理に上げて雑音を紛れさせるという事をしなくても、小さい音量でもきちんと音のニュアンスを聴き取れるし、より快適な状態で音楽を楽しむことができる。


そして、業界最高クラスのデジタルノイズキャンセリング機能。

ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、音楽信号をすべてデジタル化して、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンで、「フィードフォワード」、「フィードバック」の2つの方式で騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に作り出す「デュアルノイズセンサーテクノロジー」

また試験信号音から、頭の形や髪型、メガネ装着の有無といった個人差を検出して最適化、気圧計を内蔵して、飛行機に搭乗中など気圧の変化に合わせてノイズキャンセリング性能を最適化する「NCオプティマイザー」も備える。

 

-----------------------------

●ノイズキャンセリングの世界をいかに便利に使えるかのさまざまな快適機能。


ノイズキャンセリングの効力はまさに強烈で、周囲の雑音がすっかり消えてしまいすぎて逆に困る時もある。

ノイズキャンセリングを極める方向性を突き進みながら、真逆の必要な音を取り込みたいというワガママな機能を「WH-1000XM4」はさらに充実。

一つ目は、「あっ外の音を聞きたい」という時には、わざわざヘッドホンをはずさなくても、右側のハウジングに大きくタッチするだけで、一時的に聴いている音楽の音量が小さくなって周囲の音をひろってヘッドホン内に流れてくる。クイックアテンションモード

とっさのときにとても有効。


ヘッドホンの右側のハウジングは指先でタッチして、音楽再生/一時停止/曲送り/曲戻し、音量調節、ハンズフリー通話/終話といったコントロールもできる。

ボタン配置を覚える必要もないし、不自然な動作にもならなくて使いやすい。

iPhoneの「Siri」や、Androidの「Google Now」といった音声アシスタント機能の起動もできるので、スマートフォンを取り出さずにヘッドホン側の操作と音声操作だけで、電話をかけたり音楽を再生、情報検索といった使い方もできる。


スマホ専用のアプリ「Headphones Connect」との連携。

接続しているコーデックの種類やバッテリー残量がひと目で確認できで、「ステータス」、「サウンド」、「システム」の3つのカテゴリーに分類。

「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」の、外音取り込みのレベル(22段階)を変えることで、強烈に効果のあるノイズキャンセリングの効き具合を調整して、周囲の音を全てアプリで細かく調整できる。

 便利なのは、 シチュエーションがかわることを想定してノイズキャンセリング効果を自動的に調整してくれる「アダプティックサウンドコントロール」

あらかじめ止まっている時/歩いている時/走っている時/乗り物に乗っている時の4パターンから、それぞれ外音取り込みのレベルボイスフォーカスのオンオフを好みで設定しておくことで、スマホの加速度センサーを利用して、自分の行動ごとに自動的に切り替えてくれる。

周囲のガヤガヤはうっとおしい、けれど必要な情報を聞き逃すのは困る、という贅沢な欲求を調整の手間いらずでやってくれる。

加えて、自身のいる場所に応じてヘッドホンの設定を自動的に切り替える機能を追加。

接続しているスマホのGPSから、AIがユーザーのよく行く場所を認識。

自宅や職場といったよく訪れる場所に合わせて、ノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定を登録しておくと、その場所付近に到着すると自動で好みの設定に切り替わる。


「WH-1000XM4」に新たに備わったのが、「スピーク・トゥ・チャット」

自分が話したいときに話しだすと自動的に音楽を一時停止して、外の音を取り込み会話を行えるようにする。

話し終わると音楽の再生が自動的に再開される。

そんなに自分の声にうまく反応してくれるのだろうか?と半信半疑の機能だったけれど、実際に試してみると思っている以上に高精度に声を認識して反応してくれる。

ヘッドフォンをつけたままで、しかも手が離せないときでも声だけでコントロールできるのは確かに便利。

ただ、見た目にヘッドホンをつけたまま話しているには変わりないので、特に日本の場合目上の人と会話するときにはアクションとしてはずしたほうがいい場合もあるかもしれない。


意外と、ほしかったけどなかった機能。

音楽を再生していて、ヘッドホンを一時的に外すと、自動的に音楽が一時停止する。

タッチセンサーも一時的に無効になるので、不意に触ってしまっての誤作動もない。

改めて装着すればまた自動で音楽を再生してくれる。

もしもヘッドホンを外したまま約15分経過すると、自動で電源がOFFになるので、余計なバッテリーの消費も防げる。

 

-----------------------------

●コンパクトながらもオーバーヘッドタイプだからこその装着感と大きなドライバーの音質。


ヘッドホンの本体部分は、高域再生が可能な40mmHDドライバーユニット、軽量CCAWボイスコイルを採用。

高域再生が可能な40mmHDドライバーユニット軽量CCAWボイスコイルを採用して、振動板材料として理想的な特性を持つLCP(液晶ポリマー)にアルミニウム薄膜をコーティングした「アルミニウムコートLCP振動板」を採用。

再生周波数帯域は、4Hz-40,000Hz

そして、ここでも音質にも大きく寄与する「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」

ポータブルオーディオ向けとして最高クラスのS/N比と低歪率をあわせ持ったD/A変換回路や、ヘッドホンアンプを内蔵していて、さらには32bitのオーディオ信号処理を行うことで、圧倒的なクリアな音楽再生ができる。

感度は、104.5dB/mW(有線接続、電源ON時)、101dB/mW(有線接続、電源OFF時)


そして、圧縮音源でもアップスケーリングしてサンプリング周波数とビットレートを最大96kHz/24bitまでアップスケーリングする「DSEE HX」「DSEE Extreme」に進化。

ヘッドホンとしては初めて、AI技術を利用して、リアルタイムで曲を解析して、アップスケーリングするという最新ウォークマンと同等の機能を採用。

ソニー・ミュージックが持つ豊富なハイレゾカタログを深層学習に活用。

さらにソニー・ミュージックのマスタリングエンジニア、ミキシングエンジニアに評価に協力してもらい開発。

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」の恩恵もあって、スマートフォンに不足しがちな量感や音のディティールを補ってあまりある良質な音で楽しめる。


また、音質とは別に改良されたのがハンズフリーの通話音質。

音楽を聴くには優秀な「WH-1000XM3」も、スマホに着信したさいの通話時の品質はあまり良いとは言えなかった。

「WH-1000XM4」では、左右にあるフィードフォワードマイクと、3つのマルチ配列マイクの合計で5つのマイクと、機械学習で開発された発生検出アルゴリズムも加わって高精度に声を拾うように。(高精度ボイスピックアップテクノロジー

電話がかかってきてヘッドホンをつけたままで話してみると、非常にしゃべりやすい。

ある程度周囲がざわついていてもこっちの声はちゃんと聞こえているようだし、ハンズフリーでの通話がかなりまともに使えるようになった。


「WH-1000XM4」は、2台の機器と同時接続して、それぞれで通話と音楽が受信できる「新マルチポイント」機能を装備。

もともと2台の機器とペアリングはできるけれど、音楽を聴くと通話する機器は別々だった。

「新マルチポイント」機能の場合、例えばメインのスマホで音楽を聴いた後、停止して、もう一方の機器(スマホやPC)で音楽再生を始めるだけで再生機器を切り替えられる。

メインのスマホが電話を着信した際には自動で通話に切り替わり、そのままハンズフリー通話をすることもできる。

2台の機器でヘッドホンを使う場面で接続の切り替えがいらなくて、どちらもシームレスにつかえてかなり快適。

 
「WH-1000XM4」には、コンパクトな持ち運び用のキャリングケースが付属。

ヘッドホン以外にも、航空機用プラグアダプター専用ポケットや有線ケーブルとかも入れるポケットもあるので、まるまる一式を持ち運べばカバンにもスッポリと収まる。


付属しているステレオミニプラグをつなげば有線接続としても使えるのはもちろんのこと、航空機用アダプターも付属しているのでワイヤレス機器を使えない飛行機内でも有線ヘッドホンとして使える。

有線接続できると、万が一のバッテリー切れにも使えたり、より良い音で聴きたいといったときにも使えて汎用性があるのも良い。

性能の高さとコンパクトさと可搬性があわせもって異常なほどにいつでも持ち運びたくなる。

-----------------------------

●不要な音を消し去っていい音を聴く、でも都合よく欲しい音は聞き取りたいという贅沢をシームレスに満たしてくれる「WH-1000XM4」。


ノイズキャンセリングヘッドホンの最高峰「MDR-1000Xシリーズ」は、4代目に突入。

「WH-1000XM4」は、「WH-1000XM3」の大きな転機となった「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」に加えて新しいBluetooth®オーディオSoCを連携されることでノイズキャンセリング性能をさらにアップ。

圧縮音源をハイレゾ音源に近づけるAIベースの「DSEE Extreme」と、大きく改善されたハンズフリー通話

そして、声によってノイズキャンセリングをコントロールする「スピーク・トゥ・チャット」、ヘッドホンを外したら音楽を自動的に一時停止してくれる装着検出機能、同時に2つのBluetoothデバイスとペアリング「新マルチポイント機能」を備えるなど、使い勝手も大幅にアップ。

「WH-1000XM3」のノイズキャンセリング機能も音質面も性能が高く、しかもaptX / aptX HDに対応する機器を使いたいとなるとこちらの選択肢もまだ残るけれども、日常的に使えば使うほどに、じつにかゆいところに手が届くほどの快適さが身にしみてくる。

強烈なまでにノイズを消すという方向性と、その中で都合よく必要な音だけが聴こえる、しかも高精度かつフレキシブルに。

スマホ、ゲーム機、PC、テレビ、あらゆるものにつないで、その快適さを享受しよう。

-----------------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM4」


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-1000XM4」
ソニーストア販売価格:40,000円+税
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

-----------------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM3」


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-1000XM3
ソニーストア販売価格:36,000円+税
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

<参考>
・PlayStation 4からの音声を、Bluetoothで飛ばしてワイヤレスヘッドセット「MDR-1000X」をフル活用したい。
・テレビからのアナログ音声をBluetoothに変換して、家でもワイヤレスヘッドセット「MDR-1000X」を活用しよう。
・ホームシアターシステムにつないだ機器もテレビの音も、ワイヤレスヘッドセット「MDR-1000X」を連携させてたっぷり堪能しよう。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket