ソニーの左右独立型ワイヤレスヘッドセットとしては最安の「WF-XB700」。樹脂っぽさはあるれど防滴性能もあって気軽にガツガツ使える配線フリーの快適さ。


左右独立タイプのワイヤレスヘッドセットがすっかり市民権を得て、ラインナップも拡充。

防滴性能で汗や軽い雨の中などでも安心して使え、重低音とクリアなボーカル・高音域を楽しめるEXTRA BASSシリーズ、完全ワイヤレス型のヘッドホン「WF-XB700」をレビュー。

・防水・防塵性能とノイキャンを両立したスポーツ向け『WF-SP800N』などワイヤレスヘッドホン4機種発売 | プレスリリース | ソニー
・WF-XB700 | ヘッドホン | ソニー

-----------------------------

●重低音と防滴性能を持つ完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-XB700」


「WF-XB700」は、左右独立したソニーの完全ワイヤレスヘッドセットのラインナップのなかでも一番リーズナブルな価格帯。

ソニーストア販売価格で、15,000円+税

のきなみ2万円以上ばかりのなかで、完全ワイヤレス使ってみたいけど価格がちょっと高いよねというハードルがぐっと下がる。

カラバリはブラックとブルーの2色展開。

イヤホンとイヤーピース、ケースは同色でまとめられている。


左右完全独立タイプの最大の魅力はケーブルから解き放たれるフリースタイル。

配線がいっさいなくてひっかかったり邪魔にならないところが良いところ。

その一方でケーブルがなくて耳の穴に取り付けただけで大丈夫なのか?耳からポロッと落ちないのかが不安なところ。


「WF-XB700」を見てみると、非常にかわった形状。

イヤホンはというと、イヤーピース部分を耳の穴に差し込むのが一般的。

それに対して、「WF-XB700」はこうなんというか貝殻がひねって開いたような、もしくはハンバーガーが崩れたような?


なんとも不思議なかたちなことと、意外と大きく見えるサイズに若干戸惑いつつも装着してみる。

やりかたは、「WF-1000XM3」「WF-H800」と同じで、イヤホン本体を下向きにして耳の穴に突っ込んで、その後前に向かって上に90度向きを変えるだけ。

間違いなく取り付ければ、イヤホンにあるSONYロゴがきちんと読めるはず。(ナナメだったり、真反対になっていると間違い。)


イヤーピースは、SS/S/M/Lの4種類が付属。

サイズはフィッティングに影響するところで、しっかりと耳の中で保持されることが密閉感や聴きごこち遮音性にもかかわってくる。

「WF-1000XM3」「WF-H800」についてくるロングイヤーピースではなくて、普通のタイプ。

さすがにこれだけでは耳の保持力は保てない。


耳に取り付けてみてわかった、「WF-XB700」は、この不思議な形状が耳の入口にうまくひっかかることで保持力が増しているのだと。

大げさに例えるなら、ビンのフタを閉めるような、ネジをまわすような感覚で耳にひっかかる感じ。

じつにホールド感は良くて、左右独立だからといって落ちるんじゃないか?という不安はない。

ぶんぶん首を振ってもジャンプしても、大げさに運動しても、まず外れてしまうかもしれないという意識が働かないから安心度もおおきい。

-----------------------------

●左右同時接続で安定して使えるかつパワフルな重低音が楽しめる。


しかも、IPX4相当に対応。

生活防水レベルの防滴性能を持っているおかげで、万が一外出していて雨に濡れてしまってもドッキリ!壊れちゃう!って慌てなくてよい。

ジョギングしてても、他スポーツやダンスで汗をかいても気にせず安心して使い続けられる。

ぶっちゃけ、イヤホンのボディも樹脂系タイプで高級路線の外装ではないこともあって、最悪ちょっぴりキズがついてもナーバスにならならず、開き直って使えるのが良いところ。


スマートフォン(AndroidやiPhone)と連携して使うには、最初にbluetothのペアリングをしておく必要がある。

「WF-XB700」にはNFCがないので、地道にbluetoothの設定からペアリング。

NFCに慣れていると若干面倒ではあるけれど、一回登録してしまえばその後はシンプル。

ちなみに、8台までペアリングできるので、使い勝手は悪くない。


「WF-XB700」の本体サイズは小型ながら高感度な12mmドライバーを採用して、”EXTRA BASSシリーズ”というだけあってかなりパワフルな低音からクリアな高音が楽しめるタイプ。

ワイヤレスで接続するBluetoothの対応コーデックは、SBC、AACのみで、LDAC(エルダック)、やaptX HDには非搭載。

CD音源やMP3といった圧縮音源をアップスケーリングして、サンプリング周波数とビットレートを最大96kHz/24bitまでアップスケーリングする「DSEE HX」もなし。

性能はスパっと割り切って、左右独立という制限がありながらも重低音を再現しているあたり、スポーツをしながら何かしながらノリノリで聴ける。


しかも左右同時にBluetooth信号を転送する方式を採用しているおかげもあって、ブツブツ片方が途切れるというやっかいなこともほぼ皆無。

低遅延なので、動画視聴しているときに映像と音声のズレが気になって見れたもんじゃないなんてこともない。

意外とそこが出来ていなくて、使い物にならなくて使わなくなったなんてことはよくある話。

ちゃんとまっとうに使えるというのが肝心。


イヤホン本体の左右それぞれに、物理ボタンを一つづつ搭載。

タッチセンサーではなくて物理なので不意に指があたって動作してしまうってこともない。

操作方法は決まっていて、左ボタンは、1回押すと音量アップ、長押しで音量ダウン。

右ボタンは、1回押して再生/一時停止/受話/終話、2回押して曲送り、3回押して曲戻し、長押ししてボイスアシスタント起動(Siri、Google App)。

スマホを取り出さずにヘッドホン側の操作だけで、電話をかけたり音楽を再生できるので楽ちん。

-----------------------------

●かなりのコンパクトさで、まるまる1回分充電できる専用キャリングケース。


イヤホンを収納するケースはバッテリー充電機能付き。

端子は、USB type-C。

USB type-Cケーブルをこのキャリングケースにつないで満充電にしておくと、「WF-XB700」を1回フル充電できる。

イヤホン収納ボックスとしてもかなりの省スペース設計。

ただし質感はザラザラして手触りの樹脂っぽさ全開。


ケースのフタを開けると、左右にイヤホンの入れる場所はそれぞれに決まっていて、ケースに入れようとするとマグネットで吸い込まれるようにスポっと収まる。

充電の接点が触れるまで押し込まないと充電できていないなんてミスがない。

マグネット式の意識せずにカンタンに出し入れできることが快感。

上のフタは半透明になっていて、閉じていても充電ランプの確認ができる。


ケースに入るとイヤホン本体は自動的に電源OFFになって充電開始。

イヤホンをケースから取り出すと、自動的に電源が入ってスマホとつながってすぐに使い出せる。

フル充電にかかる時間は、左右それぞれに約2.5時間。

単独で利用できるバッテリーライフはイヤホンのみで最長本体9時間

充電ケース1回充電して最長18時間バッテリーが持続るという計算。


しかも10分充電で70分再生できる急速充電にも対応。

はやく使いたいのにチャージしなきゃいけないというイライラもできる限り緩和される。

-----------------------------


改めて言っておくと、イヤホン本体とキャリングケースともに、樹脂素材そのままで間違っても「WF-1000XM3」のような質感とはまるで別物。

「WF-H800」とも違う、まずこのいきなり見た触った感じで自分に合う合わないがズバリ分かれる。

しかも、「DSEE HX」やアプリで細かな操作みたいなものも一切ない。

ドストレートにシンプルな、左右独立型のワイヤレスヘッドセット。

物足りないと思った時点で「WF-XB700」はやめて、上位モデルの「WF-H800」を選んだほうが良いし、ノイキャンが欲しい場合は迷わず「WF-1000XM3」「WF-SP800N」を選ぶべき。

ただし左右独立型で15,000円+税という価格はめちゃくちゃ魅力。

樹脂ボディなことと防滴仕様なこともあって、余計な気を使わずにガツガツ使える。

しかも、一昔まえにあったような”音声途切れる&遅延”はないし、耳のフィット感はかなり良好で、実際に使いだしての不満点はほぼほぼない。

有線のヘッドホンと変わらない感覚で使えて、配線フリーはやはり最高である。

・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」、おじさんレビューばかりじゃ参考にならない!?20代のナウでヤングなみんなたちのレビュー。
・大学生のみんなたちがウォークマン・ヘッドホンを体感。今どきの音楽の楽しみ方や不満点は何?みんなの本音を聞いてみたアンケートレポート。

-----------------------------

●ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-XB700」


ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-XB700」
ソニーストア販売価格:15,000円+税
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

-----------------------------

●ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-SP800N」


ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-SP800N」
ソニーストア販売価格:24,000円+税
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

-----------------------------

●ワイヤレスステレオヘッドセットh.ear in 3 Truly Wireless「WF-H800」


ワイヤレスステレオヘッドセット
h.ear in 3 Truly Wireless「WF-H800」

ソニーストア販売価格:22,000円+税
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・ノイキャンなしでもイヤホン部もケースも超コンパクト軽量な左右独立型のワイヤレスステレオヘッドセット h.ear in 3 Truly Wireless「WF-H800」レビュー。スマホアプリでカスタマイズできる物理ボタンが便利。

-----------------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」
ソニーストア販売価格:25,880円+税
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・静寂とイイ音の合わせ技が最高すぎる、完全ワイヤレスのノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を使ってみたレビュー。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を2週間ガッツリ使ってみた雑感。
・[ Engadget Japanese 掲載]完全ワイヤレス&ノイキャンで劇的に進化 ソニーの新ヘッドセット「WF-1000XM3」レビュー


完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス


・完全ワイヤレスを買う前に、今すぐやってみよう!

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket