VAIO Zとメルセデスベンツとのコラボレーションモデル「Mercedes-Benz x VAIO Z」を、100台限定でメルセデス・ベンツオンラインストアにて販売開始。


VAIO㈱の「VAIO Z」と、メルセデスベンツとのコラボレーションモデルとして、「Mercedes-Benz x VAIO Z」をamazonのメルセデス・ベンツオンラインストアで販売を開始。

生産台数は100台限定で、受注を開始する。

-----------------------------

●【Mercedes-Benz Collection】 Mercedes-Benz × VAIO(R) Z

新たな可能性に応える商品を創りたいというVAIOと、コレクション商品を通してプレミアムなライフスタイルを提案したい、と考えるメルセデス・ベンツ日本株式会社が「こだわりのものづくり」という点で共鳴して、細部に至るまでカスタマイズを施した特別仕様モデルとして実現したモデルが、「Mercedes-Benz x VAIO Z」


【Vision Tokyo】
Intel® Core™ i7 メモリー8GB 第三世代 ハイスピードプロSSD(NVMe) 256 GB
Intel® Core™ i5 メモリー8GB 第二世代 ハイスピードSSD(NVMe) 256 GB


【300SL】
Intel® Core™ i7 メモリー8GB 第三世代 ハイスピードプロSSD(NVMe) 256 GB
Intel® Core™ i5 メモリー8GB 第二世代 ハイスピードSSD(NVMe) 256 GB

PCの顔となるアルミニウムボディ表面には、2030年以降の東京を想定して考えられたメルセデス・ベンツのデザインコンセプトモデル「Vision Tokyo」、もしくは1954年に発表された伝説のガルウィングモデル「300SL」のレーザー刻印の2パターンを用意。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



ディスプレイを開くと、ヒンジ部分にブランドロゴ「Mercedes-Benz」を彫り込み。

タッチパッドの中央に、メルセデス・ベンツの象徴であるスリーポインテッドスターを、閉じて持ち運ぶ時にも主張するヒンジ裏部分にも刻印が入る。

 


バックライトキーボードにはVAIO初となるブルーライトを採用して、Vision Tokyoの放つ光を彷彿とさせる未来的なイメージを表現。

ブルーに浮き上がるキートップが特別な存在感を演出。


また、アルミニウムボディへのレーザー刻印と連動したモチーフの壁紙が4種類プリセットされ、さらに、システム起動時やスタンバイ復帰時にはスペシャルサウンドとしてメルセデス・ベンツのリアル音源の効果音がはいるなど、遊び心にもあふれた仕様になっている。

-----------------------------


5月24日(水)からメルセデス・ベンツ日本公式オンラインストアで受注を開始して、最速のお届けは66日予定。

100台限定という希少数のため、メルセデスベンツオーナーはぜひ検討してみては。

また、実機を確認してみたいという場合には、東京・六本木にあるメルセデス・ベンツのブランド情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」で展示中。

・「VAIO Z / BEAMS特別仕様 < Monotone Crazy >」の実物をチェック。他人とは違う個性を出したい人にこそ刺さるデザイン。
 ・モバイルPCにもデスクトップPCにもなれる圧倒的パフォーマンスのモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」
・六本木ヒルズ内”Hills Cafe/Space”に期間限定で「VAIO Cafe」誕生、そしてさらに【VAIO meeting 2015 #2】を開催!
・長野県安曇野にある「VAIOの里」と呼ばれるVAIO本社で工場見学してきたよ。
ダマされちゃいけない、MONSTER PCの名を持つ安曇野産「VAIO Z」の真実。
・「My Sony Club」と「週アス(3/3号)」に、新VAIO Zの開発秘話たっぷり。

iconicon

 【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket