第10世代Intel Core プロセッサーを搭載して格段にパフォーマンスが向上した「VAIO® SX12 | ALL BLACK EDITION」レビュー。実用性とデザインのクールさを兼ね備えた「隠し刻印キーボード」。


持ち運びのしやすさを維持したまま、生産性を高めた新モデルとしてラインナップする、VAIO㈱の14インチディスプレイのVAIO SX14と、12.5インチディスプレイのVAIO SX12

その両モデルが、最新の第10世代Intel Core プロセッサーを搭載してモデルチェンジして、それぞれに限定モデルとなる「ALL BLACK EDITION」「RED EDITION」が登場。

今回は、「VAIO® SX12 | ALL BLACK EDITION」の実機を触ることができたのでレビューしてみる。

<VAIO SX12 | RED EDITION」レビュー>
・本気使いのモバイルVAIOに、深紅と漆黒のコントラストが所有欲を満たす「VAIO SX12 | RED EDITION」。実際に手にするとテンション爆上げの「RED EDITION」

---------------------------

●第10世代Intel Core プロセッサーを搭載して格段に処理速度が向上した「VAIO SX12」


「VAIO® SX12 | ALL BLACK EDITION」は、通常のモデルとは違い、天面にあるVAIOロゴがブラック、背後のヒンジ部のオーナメントがブラックカラーとなった特別なモデル。

パッケージも、黒いVAIOロゴとともにブラック仕様になった特別なものになっている。


VAIO SX12は、ソニー時代から長らく続いた11.6型ディスプレイを搭載したVAIO S11の後継機種。

外形寸法は、VAIO S11よりも幅4.4mm、奥行き7.7mm、高さ0.7mm(最厚部0.1mm)ほど大きくなっているので少しサイズアップしているけれど、ディスプレイサイズを12.5インチと大きくしてこのサイズをキープしている。

VAIO SX12
外形寸法 : 約 幅287.8 mm × 奥行203.3 mm x 高さ15.7mm(最厚部18.0 mm)
本体重量 : 887g~906g

VAIO S11
外形寸法 : 約 幅283.4 mm × 奥行195.5 mm x 高さ15mm(最厚部17.9 mm)
本体重量 : 840g~870g

実運用ではほぼわからないサイズ感を維持しつつ、カバンやバッグに収めやすさのアドバンテージは、VAIO S13VAIO SX14よりも遥かにおおきい。

そして今回モデルチェンジしたことによって、VAIO SX14/ SX12共通して最新の第10世代Intel Core プロセッサーへと刷新。

ちょっとややこしいのが、第10世代Intel Core プロセッサーがCOMET LAKEICE LAKEという2種類に分かれていること。

簡単に表現すると、CPUのパフォーマンスに注力したのがCOMET LAKEで、内蔵グラフィックスが強化されているのがICE LAKE。

今回、VAIO SX14/ SX12で採用したのは、より生産性が求められるビジネスニーズに応えられるCOMET LAKE

最上位CPUとなるCore i7-10710Uでは、6コア12スレッドとなっており、よりマルチコアでのパフォーマンスを発揮できる優位性を重視している。

Core i7-10710Uは、TDP 15W Uプロセッサー、ベースクロック周波数は1.1GHz、ターボ時最大4.7GHz、Intel UHD Graphics という構成。

プロセッサーのパフォーマンスを決めるのはもちろん動作周波数やコア数に依存するだけれど、小さい本体内でその性能を発揮するには発熱という問題が大きく立ちふさがる。

そこでVAIOが行っているのが、「VAIO TruePerformance™」という独自のチューニング。

やっていることは至極地味でかつシンプル。

・インテル®ターボ・ブースト・テクノロジーに対応する為の電源を強化。
・CPUパッケージパワーのリミットの値を調整。 
・放熱用ヒートパイプの熱輸送力を向上。
・放熱用フィンの熱交換率を向上。
・FAN回転数テーブルのチューニングによる、放熱能力の向上。

ようするにCPUが最大のパフォーマンスを発揮してアッチッチな状態になったとき(インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー)、より強烈に放熱できるシステムにしたことで、インテルが想定する性能よりも高くパフォーマンスを維持できるよというもの。

これは見事にその成果を発揮していて、プロセッサーのベンチマークアプリ「CINEBENCH R20」で計測してみたスコアは、2063 pts にもなった。

比較するものがないとわかりにくいので、前モデルの第8世代Intel Core プロセッサー Core i7-8565U(4コア8スレッド)を搭載したVAIO SX12のスコアはというと、1156 pts

マルチコアプロセッサーの能力と、「VAIO TruePerformance™」をあわせもって、大幅にパフォーマンスアップしていることがわかる。

また、新モデルとなって、ストレージに第三世代 ハイスピードプロSSD(NVMe)最大2TBまでカスタマイズが可能になった。

メモリーは、最大16GBまで。

-------------------------

●Windows PCの作業効率に大きく影響するキーボードの使い心地をメインノートPCクラスに。

ディスプレイを開くと、ベゼルはVAIO S11よりもはるかに細くなり、11.6インチから大きく12.5インチへとサイズアップ。

無駄に太いベゼルを眺めて、この領域を削って画面サイズを大きくするか、逆にボディサイズを小さくするかしてほしいと思っていただけに大画面化は正解。

ディスプレイ解像度はフルHD(1920x1080)のみ。

もしかしたら今回のモデルチェンジで、WQHD(2560 x 1440)くらいをカスタマイズで用意してくれるかもしれない?と淡い期待を抱いたもののスルーされてしまったのは残念。

せっかくVAIO SX14が作業効率の高い4Kディスプレイを選べるだけに、VAIO SX12でも高精細ディスプレイを用意してほしかった。

高解像度になればなるほどバッテリーの駆動時間は落ちるので、そう考えるとVAIO SX12のバッテリー駆動時間が最大約14.5時間(JEITA測定法2.0)、LTEでの連続駆動も最長約11時間と長いところはメリットとも言える。

他、ディスプレイ視野角は上下左右ともに85°の広視野角で、映り込みをおさえた低反射コート液晶なので光源が入りこんでくるところでギラつかない。

ちなみに左右のベゼルが極細なのに対して上部に一定の幅が持たせてあるワケは、Wi-FiLTEの電波を受信するためのより大きなアンテナを内蔵しているため。

パソコンの本体内部はCPUをはじめ電波ノイズの干渉が大きいため、そこから一番離れていて、かつ電波をキャッチしやすい高さを保てる場所としてベゼル上部にアンテナを備えている。

ちなみに、Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠、たくさんの人数でネットに繋いでいるときにも速度が落ちにくい「MU-MIMO」にも対応している。

惜しいことに、最新規格のWi-Fi6(IEEE 802.11ax)には対応していない。

基本スタイルは以前と変わらず、ディスプレイを開くと本体が奥側から手前のパームレストにかけてナナメに傾斜して自立。

パームレストはほぼ机と段差がなくなるので、手の平が机にかかっても自然に構えてタイピングできる。

キーボード面は1枚のフラットアルミパームレスト(㈱東陽理化学研究所製)。

タイピング時のたわみを抑えた剛性の高さと、アルマイト染色した塗装表面の耐久性も高い。

確かに一昔のようにパームレストが塗装はげすることはなくなったけれど、手の腹の油脂の跡が残りやすいのが難点。

クロスで拭けばキレイになるものの、まいどまいど気になるのでなんとかしたい。

VAIO SX12の最大の魅力と言っても良いのがキーピッチ19mmのフルサイズキーボード

一つ一つのキートップが独立したアイソレーションキーボードで、キーピッチ(キートップの真ん中とその隣のキートップの真ん中までの距離)が19mmということ。

11.6インチのVAIOノートは、出てきた当時からずっとキーピッチ約17mmだった。

この差は歴然で、間違いなくタイピングのスピードは上がるし、タイプミスも圧倒的に少なくなる。

もう元(キーピッチ17mm)には戻れない。

キーストローク(キーをおした時の沈み込み)もしっかりあるので、きちんと指で押している感触を感じられる。 

アルミ板によるキーボード面の剛性のおかげでボディが沈み込む違和感もないし、キーを叩いても耳障りなカチカチ音もなくかなりおとなしめ。

新幹線や飛行機の中、カフェのような静まり返った場所でも、遠慮なしに高速タイピングできるのは良い。

キートップにはフッ素を含むUV硬化塗料されているおかげで、キートップの指紋のテカりは目立ちにくくなっている。

タッチパッドについても指の追従性も感度も良くてイライラしないし、物理的に左右のクリックボタンがあるのもうれしい。

左右クリックについては、そこそこカチッという音がするので、高速連打すると静かな場所ではうるさいかもしれないので注意。

そして、。キートップの文字を黒で刻印した「隠し刻印キーボード」という選択肢。

タイピングするときには文字を視認できつつ、離れて俯瞰して見るとキートップの文字はほぼ見えなくなり、キーボード面が黒一色に染まる。

今までは、キートップに何も刻印されていない「無刻印キーボード」があって、指標となる文字が何もなくて完全に覚えておかないと絶対に使いこなせないというクールさとストイックさを極めていたけれど、当然一般向きではない。

そこに、実用性とデザインのクールさを兼ね備えた「隠しキーボード」を選ぶことでイケてるノートPCになる。

日本語配列英字配列それぞれで選べるので選択肢の幅も柔軟。

ただし、キーボードバックライトは標準で備わっているものの、キートップの文字は透過して光らない。

暗がりで使うと視認性は落ちるので、そういったシチュエーションでの利用が多い場合については通常のキーボードのほうがオススメ。

セキュリティ機能として、指紋認証に加えてカメラによる顔認証の2つの生体認証へ対応。

さら拡張BIOS認証にも対応して、パスワード以外にも、スマホなどBluetooth機器やUSBメモリーを使ってBIOS認証もできるようになった。

PCを起動とWindows ログオン時の2重ロックをかけるにしてもよりシンプルに運用できるのが良い。

-----------------------------

●モバイルの使い勝手を極める、充実の端子類とUSB typeCの拡張性、モバイルネットワーク対応。


VAIO SX12に備わる端子類は非常に充実。

端子類をどんどん削ぎ落としている今どきのPCとは逆行しているようでもある。

本体右側に、SDメモリーカードスロット、USB 10Gbps(USB 3.1) port 給電機能付き端子USB type-C端子、HDMI端子、有線LAN端子、VGA端子。

本体左側に、電源端子、セキュリティロックスロット、USB3.0端子x2、ヘッドセット対応ヘッドホン端子。

個人で使うにはさすがにVGA端子はいらないであろうけれど、会社に備え付けてあるプロジェクターがVGAだったという場合もあるわけで、アダプターがなくても直接接続できるというメリットを持ち続けている。

USB type-C端子は、Thunderbolt3対応ではない。

第10世代Intel Core プロセッサーはいよいよThunderbolt3のサポートが採用されるところまで来たと思ったのにどうして搭載されなかったのか?

ICE LAKEには実装されているものの、COMET LAKEではThunderbolt 3は別チップでの供給で対応となっていて、VAIO㈱としては何らかの理由でそれを見送ったということになる。

確かに誰しもが欲する機能ではないとしても、ここまで来たら搭載してほしかったというのが本音のところではある。

気を取り直して、そうは言いながらもディスプレイポート、パワーデリバリーに対応していて、USB-Cハブを用意して、ディスプレイや、有線キーボード、マウス、プリンター、電源確保用のUSBケーブルなどを一括して接続して利用することはできる。

これで仕事場や自宅にいるときはUSB-Cハブに周辺機器を集約しておいて、出かけるときには1本のUSB type-Cケーブルを抜いてすぐに外に持ち出すといった使い方もできる。

<参考>
・Type-C ドッキングステーション「VJ8PRA2」
Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ (100WPD出力対応)
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ


USB type-C端子の最も便利だと思われるのが、Power Delivery に対応した電源供給。

VAIO SX12に付属の12V ACアダプターもコンパクトであるし、1時間充電で最大約11時間分の充電ができる急速充電できたり充電用のUSB A端子を備えていたりと便利なところもある。

けれども、できるなら出かけるなら携行する荷物は最小限に減らしたい。

たくさんのガジェットを持ち出すのなら、一つの電源で共有できるならこれほど便利なことはない。

<参考>
・Type-C 薄型ACアダプター「RP-OPCF001」
・Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)(PD対応 65W 4ポートUSB-C 急速充電器)
・Anker PowerPort Atom III Slim (PD対応 30W USB-C 急速充電器)

・Anker PowerPort Atom III (Two Ports) (PD対応 60W 2ポートUSB-A & USB-C 急速充電器)


また、意外と助かるのが一般の5V充電機器にも対応する「5Vアシスト充電」

充電スピードは早くはないとしても、スマホ充電器やモバイルバッテリー、カーチャージャーといった手軽なもので給電や給電できるのはとても心強い。

PCがスマホと同じように運用できるイコール持ち出す負担も減る。

<参考>
・Anker PowerCore 10000 PD(10000mAh PD対応最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

VAIO SX12を持つべき理由が持てるのは、SIMフリーLTEを搭載して外出先でどこでも通信できること。

SIMスロットは本体をひっくり返した底面にあり、フタを開くとSIMカードを差し込める。

形状は、Micro SIM用。

もしも手持ちがnanoSIMのように小さいタイプの場合は、アダプターを利用すれば使えなくはないもののひっかかってでなくなってしまわないように取扱には注意しよう。

LTEの対応バンドは(1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,20,21,25,26,28,29,30,38,39,40,41,42,66)と国内3大キャリア(NTTドコモ、au、SoftBank)に対応する広さ。

※3.5GHz帯のバンド42は非対応。

キャリアアグリゲーション(CA)カテゴリー9にも対応して、理論値で下り最大450Mbps、上り50Mbpsという高速通信ができる。

-----------------------------

大きさと重量さえ許容できれば、それは大きいノートPCのほうが使いやすいし、パフォーマンスも優位になるのは当然。

ただし、持ち運ぶとなるとそうもいかない。

そもそもカバンやバッグに入るのか?入ったとしても重すぎないか?

そういったことを重視すると、できる限り小さく軽いほうが良い。

じゃあ、VAIO SX14VAIO SX12か。

VAIO SX14の最大の魅力は、なんと言っても14インチに4K解像度(3840×2160ドット)を載せられること。

作業領域の広さは正義であり、外出先でも自宅や仕事場のデスクトップ環境を維持できる。

じゃあVAIO SX12を選ぶ意味は何か?

質量的にはVAIO SX14よりもVAIO SX12がだいたい100gほど軽い。

数値上はあまり変わらないように思えるけれど、手にもつと結構違いがある。

そしてなんといってもフットプリント(タテヨコの面積)が小さくなると、荷物を持っていく負担がものすごく減る。

これがサブノートPCの一番の魅力。

ただ今までだと、性能イマイチだし、画面が小さいし、キーが打ちにくいしという理由で、だいたい13インチ以上のノートPCが無難として候補から落ちることも多かった。

けれども、VAIO SX12は弱点はほとんどと言って良いほどない。

PC性能は、VAIO SX14と全く一緒で、しかも10世代Intel Core プロセッサーのパフォーマンスで困ることはほとんどない。

メモリーは16GBまで載せられるし、ストレージにいたっても第三世代 ハイスピードプロSSD(NVMe)の最大2TBまでカスタマイズできる。

実用としても12.5インチの画面サイズとキーピッチ19mmの快適さは、13インチクラスのノートPCから乗り換えても支障を感じることは皆無に近い。

個人的な要望を言えば、Thunderbolt3にも対応してほしかったし、WQHD(2560 x 1440)のディスプレイ選択があればそりゃもう完璧だった。

まぁ解像度重視ならVAIO SX14という選択肢もあるので良いとして。

USB type-Cの拡張性と電源供給の便利さもあるし、なんといってもLTEを載せてどこでもインターネットにつながる快適さは最高。

スマホで良いようでそうもいかないことが多い人だからこそ、Windows PCを持ち運びたいと思うのであって、いかに荷物を少なくできるかといかに速く仕事をこなせるかという欲求の極みみたいなものをVAIO SX12はかなえてくれている。

いつも使う道具だけに実用性を重視しただけのノートPCだと特に感動するポイントも少ないけれど、「ALL BLACK EDITION」「RED EDITION」という特別なカラーが選べるとこと、「隠し刻印キーボード」とあわせてクールな見た目になるだけでも所有欲は一気にマシマシになるはず。

---------------------------

●新モデル「VAIO SX14」「VAIO SX12」


大画面モバイル「VAIO SX14」
ソニーストア販売価格:139,800円+税~
カラー:ブラック・シルバー・ブラウン


新スタンダードモバイル「VAIO SX12」
ソニーストア販売価格:139,800円+税~
カラー:ブラック・シルバー・ピンク・ブラウン


VAIO® SX14 | ALL BLACK EDITION
ソニーストア販売価格:209,800円+税~

VAIO® SX12 | ALL BLACK EDITION
ソニーストア販売価格:209,800円+税~


VAIO® SX14 | RED EDITION
ソニーストア販売価格:219,800円+税~

VAIO® SX12 | RED EDITION
ソニーストア販売価格:219,800円+税~

<VAIO SX12 | RED EDITION」レビュー>
・本気使いのモバイルVAIOに、深紅と漆黒のコントラストが所有欲を満たす「VAIO SX12 | RED EDITION」。実際に手にするとテンション爆上げの「RED EDITION」
・[ Engadget Japanese 掲載] VAIO SX12 / SX14のRED EDITIONとALL BLACK EDITION、 2つの特別モデル登場に煽られる所有欲

「新生活応援10,000円キャッシュバック」キャンペーン。

学生の方は、さらに学割5,000円キャッシュバック!

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


「Xperia XZ3」の実機をソニーストアでも10月12日より展示を開始する。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

iconicon

ソニーストア

LINEで送る
Pocket