週アス×VAIOコラボの「ひらくPCバッグ」、使ってみたら脅威の収納力!VAIOをオフ会に連れてって!

0404j

今年の2月16日にMONSTER PC 「VAIO Z」が発表とタイミングを同じくして登場した週アスとVAIOがコラボバージョンの「ひらくPCバッグ」

ブラックをベースに、VAIO㈱のコーポレートカラーと言われる”勝色”を配色した別注モデルで、「ひらくPCバッグ」って便利そうだなーと思っていたトコだったのでこりゃいいやと速攻注文。発売日に手元に届いたのでうれしがってレビューしてみる。

-----------------------------

●刮目せよ!これが「ひらくPCバッグ 週アス×VAIOコラボ版」だ!

0405b 0405a

「ひらくPCバッグ」は、ブロガーのいしたにまさき氏が発案されたとっても有名なPCバッグ。その別注カラー。

本体の大きさは、高さ26cm × 底面横幅 40cm × 奥行き 13cm。このバッグのキモは、ヨコから見ると三角形の形状になっているという事で、底面が広くとってあっても上に行くほど細くなって机に置いた時の安定感がめちゃくちゃいい。

0405g 0405f

ファスナーをジーっと開けると、表側のフタがパタンと倒れて中身にアクセスできるのだけど、型崩れしないまま中にアクセスしやすいという。フタの裏面が折り返した位置でポケットになっていて見えるところが全部収納。

持ち方は、ショルダーベルトで肩掛けスタイルになるのだけど、ストラップが真上じゃなくて、背面側に付いてる事もあって斜めがけした時で体にピタっとフィットしてくれる。そのおかげで、歩いていてもボヨンボヨンとバッグが跳ねなくて歩いても負担かからないのがイイ感じ。しかも、肩掛けしたままフタを開けて中身を取り出せるのがこれまたイイ。

ショルダーストラップの幅は5cmと太めで柔らか素材なので肩にかけてても痛くない。長さは77.5cmから127.5cmまで調整できる。

0405d 0405e

”週アス×VAIOコラボ版”は、前面にあるパンチング加工された革のポケットからファスナー部分が、VAIO㈱のコーポレートカラーと言われる“勝色(かちいろ)”になっているのが特徴。今までにも「ひらくPCバッグ」にはいろいろなカラバリ展開をしてきているけれど、パンチングポケットまでにカラーリングされたのはこのモデルが初めて。

もともとVAIOにはバイオレットカラーが多く存在していたこともあって、どっちかというとそっちを彷彿させる。いや、どっちかというと、この紹介記事を見てしまったせいで、バイキンマンにしか見えなくなってしまったんだけれども…。

0405o

内側は、どうなっているかというと、奥側にあるのがノートPCのためにあるスペース。横幅38.5cm x 高さ21cmと、13インチクラスのノートPCなら余裕で入れられる。

で、そのもう一段前にパーティションで区切ったポケットが2つ。大きいほうが横幅23.5cm x 高さ15cmで、短いほうが横幅16cm x 高さ15cm。これ、よく考えてあるなーと思うのが、もしもきっちり真ん中でしきってた ら、8インチクラスのタブレットの入れる場所がなかったんだなと。バッグのちょうど両端にも小さいポケットがあって、間仕切りしなくてもある程度仕分けできるのはいい ね。

0405l 0405m

手前のフタの収納スペースは、左側が横幅20.5cm x 高さ15cmと広くてメッシュでスケスケなので何をいれてるかが一目瞭然。右側が横幅16.5cm x 高さ15cmで見えないポケットで見つかったら恥ずかしいものはこっちに入れよう。それぞれのポケットにVAIOロゴのタグと、週刊アスキーのロゴのタグが付いていて、ここでコラボモデルなのねと再認識できる。

ちなみに、内側でとめられてるステッチも外観と共通の勝色になっていて、この辺の統一感をもたせている。

0405s

0405n 0405c

内側の広い底面には、緩衝材がが敷かれていて、このまま機器を入れても大丈夫そう。それから、緩衝材入りの仕切りが3つオマケでついていて、手持ちのガジェットに応じて好みでパーティションを区切る事ができて便利。

外側からの底面をみると、ここには繊維を軟質塩ビでコーティングしたターポリンを採用しているので、そのまま地面に置いても汚れをあんまり気にしなくてもよさげ。

-----------------------------

●「ひらくPCバッグ」にVAIO、Xperia、αシリーズ、ウォークマン、えーとえーと、もういろいろ入れてみよう(;゚∀゚)=3

0405p

さーて、もう持ってるガジェットたちを片っ端から入れてみよう。PCバッグという名前なので、一番肝心なノートPCを入れよう。当たり前に VAIO ZVAIO Pro 13/11も収納できる。バッグの形が三角形なので、上にくるあたりの重心は中央に寄ってるのだけど、これもどうやら計算ずくのようで、ノートPCが入っててもバタっと倒れない。よく考えられてるな。

それから大きい方のポケットに入ってるのは、左がXperia Z3 Tablet Compactで、右のポケットに入ってるのがXperia Z Ultra。大きめサイズのガジェットがスッポリ入る。

0405i

この大きいポケット、試してみたらiPadも入るし、8インチクラスのWindowsタブレットも入る。この微妙なサイズのタブレットが入れられる場所があるのはイイ!だいたいいっつも入れる場所がなくて、ノートPC枠のポケットに居候するか、結局は広い収納スペースに行くしかなかっただけに、所定の位置があるのはイイっ!

0405h

それから、底面の幅が広いと便利だなーと思うのが、わりと幅とって持って行き場所がないグッズもモリモリ入っちゃうという事。VAIOのオトモに、ACアダプターもデスクトップで本気使いのLogicool  ワイヤレスマウス「MX Master」も余裕でスッポリ。まだアキがいっぱいあってどんどん入れたくなる。

0405w

ほとんどのガジェットがバッグに対して横向きで入る。ウォークマンもサイバーショットもポータブル電源も、USB電源もまぁ入る入る。スゲーよ!ガジェットパラダイスだよ(;゚∀゚)=3ハァハァ いやこれもう間仕切りもっと用意して、整然と並べまくりたくなる。

-----------------------------

●「ひらくPCバッグ」脅威の収納力!

0405q

こうなってくると何が入るか実験。もうカメラバッグというネーミングでいいんじゃないかというくらいのレンズの収納っぷり。

フルサイズのデジタル一眼カメラ”α7シリーズ”にわりと長尺なレンズ「SEL24240」をくっつけたままヨコにして、72mmフィルター径の大きいレンズ「SEL2470Z」「SEL1635Z」

をタテに入れても入る。フード付けたままでも全然問題なし。

0405r

こりゃいけるなーと思って、デジタル一眼カメラ”α7シリーズ”と望遠レンズ「SEL70200G」”α6000”「SEL2470Z」をくっつけて、横向きに入れても入るし。ダブルデジタル一眼カメラで出かけられる。

0405t

4Kハンディカム「FDR-AX100」ってフード付けたままにするとハンディサイズとはいえかなりかさばるのに、タテもヨコもしっかりスペースに収まってくれるし、そのうえ、”α7シリーズ”「SEL2470Z」のセットすらも収められてしまった。

カメラバッグは別に持ってるけれど、わりと奥行きはしっかりあるものの横幅があまりなくて、いまいちスペースを使い切れない事があっただけになかなかやるな。

0405u

まさかと思ったけど、やってみていい具合に入ったのがコレ。ウォークマン「NW-ZX2」と、ポータブルアンプ「PHA-3」と、ステレオヘッドホン「MDR-Z7」、そして取り回しの大変なKimberCableを2本入れてのハイレゾお出かけセット。

「MDR-Z7」ってドライバーが巨大すぎて、どうやっても持ち運びするのは無理だよなーと思ってたのに、これだとスッポリ入るのね…。持ち出すこと全く想定してなかったんだけど…(;・∀・)

0405j

もうね、今まで持ち運んだものがないものまで入れたくなるよ。分厚い「ガンダムA」が2冊収まるし、PCスペースに「電撃ホビーマガジン」入れたらもう完全にガンダム道楽セットも出来る。

ちなみに、調子にのって「ガンダムA」を縦置きで2冊x2冊の4冊突っ込んだらフタがまるで閉まらなくなったけど、そんな使い方するひといないか…。

-----------------------------

0405x

やーもう、想像してたよりも収納力が凄くて、VAIOとXperiaとその仲間たちをワラワラ持っていけるし、αとレンズでちょっと撮影に行こうーって時も余裕で使えるじゃないか。むしろ今まで「ひらくPCバッグ」の存在に気付かなかった自分がマイナーなのかもしれないけど、こりゃいいや。

さて、ガジェット界隈で集まりがあると「ひらくPCバッグ」でカブっちゃってお揃いになって気恥ずかしい(*ノωノ)  なんて事もあるみたいだけど、VAIOコラボのカラーだけはかなりカラーテイストが違うから、ちょっと違うよアピールが出来る後出しジャンケンっぽい優越感も少なからずありそうかなと。

0405k

いやいや、”週アス×VAIOコラボ版”で万が一もしもカブった場合はどうするか…そんな時は真っ先に、「オルテガ! マッシュ! モビルスーツにジェットストリームアタックをかけるぞ!」とか言いながら3人並んで歩けばいいと思うよ(´ε` ) 

(何を言ってるかわからない人はファーストガンダムを見なさい!↓)

 ・見た目にダマされちゃいけない、MONSTER PCの名を持つ安曇野産「VAIO Z」の真実。
・ワタシ…、名前変わります…。「VAIO Prototype Tablet PC」から「VAIO Z canvas」へ。
・ものすっごい楽しかった「VAIO meeting 2015」のレポート。(新幹線の中で執筆中。)
・「VAIO meeting 2015」の帰りに、ソニーストア大阪に寄り道して、MONSTER PC 「VAIO Z」を触って来たよ(*´Д`)
・MONSTER PC 「VAIO Z」の展示実機、ブラックとシルバーが入荷!
・「My Sony Club」と「週アス(3/3号)」に、新VAIO Zの開発秘話たっぷり。

vz41 

MONSTER PC “VAIO Z” (13.3型ワイド)
ソニーストア販売価格:189,800円(税別)~

iconicon

【TOPページへ】 

LINEで送る
Pocket