ハイレゾに対応したUSBケーブル接続とワイヤレスの2通りを楽しめる、ヘッドホン端子のなくなったスマートフォンのためにある2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」レビュー。


今年モデルのXperia XZ2シリーズや、iPhoneをはじめ、突如ヘッドホン端子が排除されていくスマホたち。

ワイヤレスの快適さはわかるけど、有線接続の音質的アドバンテージもあるし、これからどうするのさ?という不満をいきなり解消すべく登場したのが2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」

Bluetoothのワイヤレスヘッドホンとしても使えるし、USB Type-Cから接続して有線接続でも使えるよという2パターンで使えるのがミソ。

-----------------------------

●2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」を使ってみよう。



パッケージの中にあるものをチェック。

「SBH90C」本体の他に、充電用USB Type-C ケーブル(A-C)と、専用ヘッドホンケーブル(USB Type-C プラグ)の2つが入っているのが特徴的。

イヤーピースは、S,M,L 各2づつと、しっかりしたキャリングポーチまで付属。


デザインは、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000X」と同じくネックバンドタイプ。

とはいっても全体にムニュムニュした柔らかいシリコン素材で、「ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)」と非常に近い。

総重量はたったの27.2gしかないので着けているときの負荷はほとんどなく。

カラーバリエーションは、ブラックとシルキーベージュの2色。


Bletoothの接続は、NFCを搭載したXperiaやウォークマンとタッチして接続できるかんたんペアリング。

この流れはいつもの感じでとっても楽ちん。

マルチポイントに対応して2台の携帯電話の着信待受けができたり、マルチペアリングに対応して最大8台まで登録できるので、複数使いにはありがたい。


スマートフォンやウォークマンなどとBluetooth接続してワイヤレスステレオヘッドセットとして使えて、コーデックは、SBC、AAC、aptXに対応。

iPhoneはAACがあるから良いとして、Android端末でワイヤレスで接続して使う場合にSBC止まりだとガッカリ度がハンパないので、「SBH90C」はLDACやaptX HDまではなかったとしてもaptXに対応してくれているのでそのあたりのハードルは下がる。

ワイヤレス接続した場合のバッテリー駆動時間は、最大約7.5時間の連続音楽再生と、最大約9時間の連続通話と、ネックバンドならではの持ちの良さ。


ネックバンドの左内側には操作ボタンを備えていて、ボリュームキー2コと、マルチファンクションキーはそれぞれに形状が違うので指でさわるだけで何のボタンかがわかる。

マルチファンクションキーは、音楽を聴くときは、1回押して再生/一時停止、すばやく2回押して音楽再生機の曲送り、すばやく3回押して戻る。

電話がかかってきたときの着信を受けたり終話させたり、着信距離やミュートといった操作までができる。

ついでに、Googleアプリや、iOSのSiriも起動できる。

Bluetoothで接続したAndroid端末はカバンに入れたままで、配線を気にせずに使える便利さをたっぷり享受できるのはワイヤレスならでは。


そして、付属の専用ヘッドホンケーブル(USB Type-C プラグ)を使ってスマートフォンにダイレクトに接続できる「SBH90C」

ネックバンド部分の左のそのまま見えていた端子に接続すると、ピッタリつながって一体感もあってスッキリ。

万が一負荷がかかったとしてもスポッと直線方向に抜けるだけなので壊れにくそうなのもよい。


専用ヘッドホンケーブル(USB Type-C プラグ)で再生機と接続する大きなメリットは、USBオーディオのデジタル出力に音の信号伝送ロスを防ぐことで音質の劣化をおさえられるということ。

そして、192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応した高音質D/Aコンバーターを内蔵していることの2つ。

ハイレゾに対応したDACアンプのおかげで、明らかにワイヤレス(bluetooth)にはない力強いメリハリのある音で楽しめる。


しかも、専用ヘッドホンケーブル(USB Type-C プラグ)でスマートフォンと接続していると、音楽を聴きながらでも、同時に「SBH90C」を充電することもできてしまう。

ワイヤレスヘッドセットはバッテリーが切れたときが困り物だけれども、有線接続すればイイ音で音楽を聴けるという大義名分をもとにして、そのあいだにバッテリーも充電されるという一石二鳥な使い方ができてしまう。

これは相当便利。


イヤホン部分は、ハイレゾ再生に対応する小型ながら高感度の9mmドライバーユニット。

広帯域再生が可能な新形状の振動板を採用して、振動板を駆動する磁気回路を内磁型で最適化することで、駆動力を向上。

ハウジングの側面に設けたポート(通気孔)から低域時の通気抵抗をコントロールするビートレスポンスコントロールもあって、メリハリのある低域再生ができる。

また、独立したグラウンドケーブルを採用して、クロストークを大幅に低減。


イヤーピースには、装着感と音質を向上させるため2種類の硬度のシリコンを採用したもの。

芯の部分は硬い素材を使って先端の潰れによる音質劣化を防止して、外側の部分は柔らかい素材を用いることで快適な装着性を両立。

自分の耳のサイズにあわせて、S,M,L を選べる。

イヤホンの背面にはマグネットが仕込んであって使わないときにプラプラしないようにピタっとくっつくようにもなっていて何気に便利だったりする。


オマケに、付属のキャリングポーチが優秀。

薄くて丸い形状のキャリングポーチは、開くと左右に180度完全開放。

左右それぞれにネット状のポケットがあるので、「SBH90C」本体だけじゃなく、充電用USB Type-C ケーブル(A-C)や専用ヘッドホンケーブル(USB Type-C プラグ)を入れて入れられる。

薄型で持ち運びに便利なうえに、クッション材も入っていて、きちんと守られている感もあって良い。

「SBH90C」のオトモにとても良い。

-----------------------------


ネックバンドというスタイルで、ノイズキャンセリング機能やLDACといったワイヤレスでの高音質を重視するとワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000X」

それとは別に、せっかくハイレゾ音源買ったしできるなら有線接続してちょっとでもイイ音で聴きたい、でもたまにはワイヤレスで手軽に聴きたいといった、気分で使いわけしてみたいという人にとっては2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」は非常にツボにハマる。

そしてなんといってもXperia XZ2シリーズを買ったら、あら?ステレオミニプラグないんですけど!USB Type-C™ 2-in-1 ケーブル「EC270」を介せば、有線のイヤホンを使えなくもないけど、見た目のスッキリしなさっぷりにはガッカリだよ!というご立腹な人にとっても、この「SBH90C」は、最適解でもある。

イヤホン端子なくてもUSB接続でイイ音が聴けるよという新しい流れがスマホ業界でこれから起きるとして、ソニーとして第一号機の「SBH90C」は、有線とワイヤレスの両方のオイシイところをうまい具合にミックスした使えるイヤホンになっているのではと。

-----------------------------

●2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」

2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」
ソニーストア販売価格:19,880円(税別)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


「Xperia XZ2 Compact SO-05K」は、ソニーストア直営店でも先行展示中。(ただし販売はしていないためご注意ください。)

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:12:00~20:00

<Xperia XZ2>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2実機レビュー。手にして印象あっさり逆転「アラ、これ悪くないじゃない」
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia XZ2」を一週間使った率直な感想

<Xperia XZ1>
・Xperia XZ1をソニー好きが徹底レビュー。一見XZsから変わらずなれど、中身は各所がしっかり進化

<Xperia XZ1 Compact>
・Xperia XZ1 Compact 海外版先行レビュー X Compactの妥協感が消え高性能小型スマホ復権へ

<Xperia XZ Premium >
・[ ASCII.jp x デジタル ] Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ
・[ Engadget Japanese 掲載]  ソニーの4Kスマホ「Xperia XZ Premium」を徹底解剖!前モデルとの差が歴然なワケ
・[ Engadget Japanese 掲載]  Xperia XZ Premium自腹レビュー。デザイン・レスポンス・液晶とも心地良く、手放せなくなるモデル

iconicon

ソニーストア

LINEで送る
Pocket