演奏のレコーディングを確実に高いレベルに引き上げるハイレゾ対応リニアPCMレコーダー「PCM-D10」


リニアPCM 192 kHz/ 24 bitのハイレゾ録音・再生できるリニアPCMレコーダー「PCM-D10」

・高品位なレコーディングを実現するハイレゾ対応リニアPCMレコーダー『PCM-D10』発売 | プレスリリース | ソニー

---------------------

●レコーディングを高いレベルに引き上げるハイレゾ対応リニアPCMレコーダー「PCM-D10」


リニアPCM 96kHz/24bitのハイレゾ録音と、リニアPCM・FLAC 192kHz/24bit(96kHz/24bit変換)のハイレゾ再生に対応したリニアPCMレコーダーというと、先に発売した「PCM-A10」が思い浮かぶけれどこっちは約2万円というリーズナブルかつ持ち運びを重視したコンパクトタイプで、「PCM-D10」はより本格的な録音を目指したもの。

フラッグシップモデルである「PCM-D100」のようにDSD 2.8MHz/1bit録音には対応していないものの、プライスは約半分。

「PCM-D10」の本体サイズは、幅約80.2 × 高さ約197.6 × 奥行き約37.4mm、電池を含んだ重さは480g。

参考までに、「PCM-A10」の本体サイズは、幅約39.2 x 高さ約109.5 x 奥行き約16.0mm、質量約82g。

まったく大きさも重さも違う。

大きいには大きいなりの理由があって、各所に「PCM-A10」とは異なる作り方がされている。


まずソニーのリニアPCMレコーダーの特徴でもある 可動式マイク

インタビューなど特定方向の音を録音シたい時には、平行に向ける「ズームポジション」。

ホールでの演奏や野外での鳥の声など広がりのあるときには、マイクが90度外側へ向ける「ワイドステレオポジション」。

スタジオでの楽器演奏など自然で奥行きのある音を録音するときには、マイクが90度内側へ向ける「X-Yポジション」。

3つのポジションに調整して、録音シーンに合わせたベストな集音状況を物理的に行うというとことがミソ。


高感度・広帯域の単一指向性のマイクで、伸びのある低域やバイオリンの倍音を含む高域の音源もしっかりと豊かに録音できる。

質感の高いアルミ切削部品で作られた空気穴のみがあくマイクに、本体からのびるフレームでマイク部分をがっちりとガード。


中身部分においても、本体サイズがあるからこそ、部品や基板のレイアウトなど、細部まで高音質を追求できる。

アナログ信号をデジタル信号に変換する高性能なADコンバーターを2つ持つ「デュアルADコンバーター」を搭載して広いダイナミックレンジをもちS/N比を高めたり、2つの大容量コンデンサー(各3300µF)で電源供給を安定化させて、精度の高い録音を実現。

基板レイアウトは、アナログ回路とデジタル回路を分離して、それぞれの入力ラインの近くにアンプを配置することで、ノイズの影響を極力排除しているとのこと。


本体の下部分に、2系統のXLR/TRS入力端子を搭載。

ダイナミックマイクやミキサーといった音楽機材や、エレキギターなどの電子楽器など、業務用のコンデンサーマイクを接続できるというのは「PCM-D10」の唯一無二の特徴。

ファンタム電源(48V)供給にも対応しているので、コンデンサーマイクの接続もできる。

取り付けた際に万が一の抜けを防止するために、プッシュロック機構も備えている。

「PCM-D100」などでコンデンサーマイクを使おうとすると、変換ボックスを別に用意しないといけなかった事を考えるとダイレクトに挿して使える利便性はかない大きい。


「PCM-A10」はコンパクトかつ持ち運びを重視している一方で、操作はメニューから操作という使い方が主になる。

その一方で、「PCM-D10」は、本体サイズを活かして、ダイレクトに操作して機能を調整できる物理ボタンが非常に多いため、操作を覚えてしまえば録音現場で直感的に操作できるし、かつ手元が見えない場合でも確実に操作ができる。

ちなみに、ライト機能もあるので暗がりでも大丈夫。

マイクの入力の切り替えも左右チャンネルそれぞれにスイッチを配置しているて、個別に切り替え出来る。


そして、左右のチャンネルをそれぞれ独立して設定可能なアナログ録音レベルダイヤルを搭載。

押し込んでいる時は左右チャンネルが同時に回せて、引き出すと左右を独立して音量調整できるし、録音中に音量を調整したとしても、タッチノイズが入らないように配慮されているあたりも非常に使いやすい。


内蔵メモリーは16GB。

外部スロットとして、標準タイプのSDカードを追加できる。

MicroSDカードではないメリットとして、より大容量でリーズナブルな種類が増えてより選びやすいし、MicroSDよりも壊れにくいし無くしにくい。

内蔵メモリーか、もしくはSDカードどちらかで録音を始めたとして、万が一録音途中で残量がなくなった場合でも、自動的にもう一方のメモリーに切り替えて録音を続けくれる「クロスメモリー録音」もできて、万が一容量不足で途中で中断なんてことも防げる。


電源は、内蔵型バッテリーではなく、単3形アルカリ乾電池 4本で駆動。

電池の駆動時間は、録音時で192kHz/24bit(STEREO)約26時間(録音モニターあり)、44.1kHz/16bit(STEREO)約30時間(録音モニターあり)、320kbps(STEREO)約30時間(録音モニターあり)。

XLRマイクファンタム電源ONの場合や、内蔵スピーカー再生時、ヘッドホン再生時などで電池の持続時間は異なる。

側面にあるUSB Type-C端子は、パソコンとのファイル転送ができるのはもちろん、別売のUSB ACアダプターやモバイルバッテリーを利用して外部から電源供給することもできるので電源確保にも余念がない。


左右のチャンネルのピークレベルは画面のレベルメーターで知ることのほかに、三つ(-20dB/-12dB/Over)の段階を、緑・黄・赤の3色で点灯表示。

液晶画面よりもカラーのランプで遠目にも確認できるので、録音時の視認性が上がって非常にわかりやすい。

2つのADコンバーターを使って、通常の音声用の回路とは別に12dB低い信号を常に確保してできるおかげで、例えば、演奏中の拍手のような突発的に大きな音の入力があった場合でも、その時点まで戻って録音データを差し替えて音のひずみを防げるというのも非常に有用。(デジタルリミッター)


他にも、デジタルリミッターで使われているADコンバーターの仕組みを応用して、アナログ信号をデジタル信号に変換する際の機器内部のノイズを低減して、小さい音の録音時でもノイズの中に埋もれてしまう部分の録音データを差し替えて、記録されるノイズを低減して微小な音もクリアに録音できる。(高S/Nモード)

録音/一時停止ボタンを長押しして録音スタンバイ状態にすると、メモリーに最長5秒間の音声を保存する「プリレコーディング機能」や、空調設備や屋外での風切音などによるノイズを低減する「LCF(Low Cut)」も搭載。

失敗が許されないライブの一発録りでも、心強い。


本体横にあるボタンでヘッドホン出力する音声チャンネルの切り替え(Lチャンネル/Rチャンネル/ステレオ)ができる。

内部にアナログボリュームコントローラーを内蔵したヘッドホンアンプを採用していることもあって、録音モニター時や音源の再生時の音も高音質化されていてオーティオプレーヤー的性能も高い。


本体の底面には三脚穴があるので、別途三脚に設置もできる。

三脚を使えば振動を吸収して、机や床の接地面からの振動を防いで録音ができるといったメリットがある。


「PCM-A10」と同じく、スマートフォンに録音専用アプリ「REC Remote」をインストールして「PCM-D10」とBluetoothで接続することで、アプリからの遠隔操作も可能になる。
(※執筆タイミングではまだ「PCM-D10」にアプリが対応していなかったため、上記画像は使い勝手イメージ。)

録音開始、一時停止、停止などの基本操作に加えて、リハーサル機能の使用や録音モードの設定、録音情報や録音レベルの確認や調整などができる。

例えば、演奏直前にレコーダーが設置されている場所まで行かなくても、離れたところから録音操作ができたり、本体に触れた時の音などが録音されるといったこともなく、入力音声の波形やレベルメーターで録音状況を手元でチェックできるというのは非常に便利かつ有効。

Bluetoothの接続はNFCを備えているので、NFCやおサイフケータイを備えるスマホとであれば、近づけるだけで自動的にペアリングから接続・切断までがかんたんにできる。


「PCM-D10」
とスピーカーやヘッドホンなどのBluetooth対応オーディオ機器に接続すれば、録音したファイルや音楽をワイヤレスで再生といった使い方もできる。

録音した後すぐに演奏した内容を実際にどんなふうにスピーカーやヘッドホンから再生されるのかを確認するといった使い方などにも活用幅は広い。


「PCM-A10」
には、本体以外にキャリングポーチや風によるノイズを低減するウインドスクリーンも付属。


ウインドスクリーンは、マイク部分にスポっとかぶせるだけの簡単装着。

屋外などで風のノイズを低減するのでお役立ち。

リニアPCMレコーダーで録音したり、音楽CDなどから取り込んだ楽曲、パソコンから取り込んだ音声ファイルを再生、編集できる「SOUND FORGE Audio Studio 12」も付属する。

楽器や演奏を録音しようとすると、ささいな事で思わず雑音が入ったり大きすぎたり小さすぎたりとなかなかにハードルが高い。

「PCM-D10」は操作性や拡張性の高さにある便利さもだけれど、ささいなミスを防いでくれる機能が充実していて、その敷居をグッとさげてくれる。

ポータブルとはいかないけれど、使ってみると明らかにその出来の良さの恩恵を受けられるリニアPCMレコーダー。

---------------------

●ハイレゾ対応リニアPCMレコーダー


リニアPCMレコーダー「PCM-D10」

ソニーストア販売価格:49,880円(税別)  
●長期保証サービス(3年ベーシック)付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


リニアPCMレコーダー「PCM-A10」

ソニーストア販売価格:19,880円(税別)  
●長期保証サービス(3年ベーシック)付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket