バランス対応のヘッドホン「MDR-Z7」+アンプ「PHA-3AC」、そしてDACアンプ内蔵の「MDR-1ADAC」

0904j

Sonyからドイツのベルリンで開催されているIFA2014のプレスカンファレンスで
バランス対応ヘッドフォン「MDR-Z7」、「MDR-1A」、「MDR-1ADAC」や、

ヘッドフォンアンプ「PHA-3AC」を発表。

IFA 2014出展について(ソニーのサイトへ)

<2014年9月25日更新>
・ハイレゾ対応のヘッドホン「MDR-Z7」、「MDR-1A/1ADAC」、そしてバランス接続対応ヘッドホンアンプ「PHA-3AC」

-----------------------------

●バランス対応のヘッドホン「MDR-Z7」

0904k

・Sony gives you more ways to enjoy High-Resolution Audio on the move

「MDR-Z7」は、ハイレゾ対応の密閉ダイナミック型ヘッドホン。

大口径の直径70mmのドライバーユニットを搭載、
ダイヤフラムに、アルミニウムコーティングを施した
リキッド・クリスタル・ポリマーを採用する。

0904r
4Hzから100kHzという広帯域の再生と
広いダイナミックレンジと解像度の高い音を再現が可能になる。

スペックとしては、
感度102dB/mW、最大入力2,000mW、質量は約335g。

0904s
3mのヘッドホンケーブルと、2mのバランス接続用のケーブルが付属。

バランス接続用ケーブルは、本体の左右から接続して装着、
左右チャンネルの音声のクロストークを最小限に抑える4ワイヤー構造となっている。

さらに別売のシルバーコーティングされたのOFCケーブルと
ヘッドホンアンプ「PHA-3AC」をバランス接続が行える。

質量は約335g。
ソニーストアヨーロッパでの販売価格は599€。

 

-----------------------------

●バランス駆動対応ヘッドホンアンプ「PHA-3AC」
0904u
「PHA-3AC」は、
最高384kHz/32bitのPCM2.8MHz/5.6MHz DSDに対応するヘッドホンアンプ
パソコンのUSB DACとしても使用可能。

入力端子として、
Computer/WALKMAN/Xperia用の端子が1系統、
iPhone/iPad/iPod用の端子が1系統、
光デジタルの入出力端子、ステレオミニ端子を備える。

0904t
出力端子として、
ステレオミニ端子と、3極ミニジャック(3.5mm×2/LR)のバランス端子を備える。

バランス出力端子から「MDR-Z7」へと接続することでバランス駆動が可能になる。
バランス接続時の出力は、320mW+320mW(32Ω)。

0904q
周波数帯域は10Hz~100kHz。
へど本インピーダンスは8Ω~600Ω。

外形寸法は幅約 80mm × 奥行約 29 mm × 高さ約 140.5 mm。
質量は約231g。
ソニーストアヨーロッパでの販売価格は799€。

-----------------------------

●ハイレゾオーディオ対応の「MDR-1A」シリーズ

0904l
「MDR-1A」は、ハイレゾ対応の密閉ダイナミック型ヘッドホン。

直径40mmのドライバーユニットを搭載、
ダイヤフラムに、アルミニウムコーティングを施した
リキッド・クリスタル・ポリマーを採用する。

4Hzから100kHzの広帯域の再生と
広いダイナミックレンジと解像度の高い音を再現が可能になる。

スペックとしては、
感度102dB/mW、最大入力1,500mW。

「MDR-1A」のカラーバリエーションは、
ブラック、シルバーの2色。

ソニーストアヨーロッパでの販売価格は199€。

0904o

さらに、「MDR-1ADAC」には、
「MDR-1A」をベースにDACアンプを内蔵

ウォークマンやXperia、PCとUSB接続して
最高192kHz/24bitの音源と2.8/5.6MHz DSD音源にまで対応。

iPhone/iPad/iPod touchは、Lightningアダプターを使用して接続することで
デジタルハイレゾ音声をヘッドホン内でD/A変換して再生する事ができる。

デジタルアンプ S-Master HXを搭載。

0904p

バッテリーはの駆動時間は、
ハイレゾオーディオ再生時で7.5時間。
充電時間は約4時間。
USB充電にも対応する。

また、ステレオミニプラグを接続して、
DACを利用せずに普通のヘッドホンとしても使うことも出来る。

再生周波数帯域は4Hz~40kHz(デジタル入力)。インピーダンスは40Ω。質量は約300g。
質量は約335g。

カラーはブラックのみで。
ソニーストアヨーロッパでの販売価格は299€。

-----------------------------

ヘッドホン「MDR-Z7」とヘッドホンアンプ[PHA-3AC」との組み合わせで
バランス駆動での接続が可能になって
究極のポータブルリスニング環境が構築が完成。

「MDR-Z7」のドライバーユニットが70mmにもなると相応の大きさになって
かつケーブル2本出しで、さらに大きくなったヘッドホンアンプ[PHA-3AC」に
オーディオプレーヤーを揃えるとなるとまさに移動要塞。

それでも、音質を追求するべき方向性の一つがこの形になる。

また、そこまでの装備はできないけれど、
できる限り良質な音を楽しみたいという欲求に応えるべくして、
DACアンプをそのままヘッドホンに内蔵してしまったのが「MDR-1ADAC」。

ヘッドホンアンプを手に持つ、
オーディオプレーヤーと一緒にホールドするという難点と
ケーブルが出てしまうという難点を
ヘッドホン側で内包して解決するという発想。

ハイレゾ音源に対応した「MDR-1A」がベースになっていて
サイズ的にもどうにかポータブルできるサイズだし
仮に外じゃなくても、家の中で使うにしてもなかなか良さげなヘッドホンだなと。

<2014年9月25日更新>
・ハイレゾ対応のヘッドホン「MDR-Z7」、「MDR-1A/1ADAC」、そしてバランス接続対応ヘッドホンアンプ「PHA-3AC」

 オーディオ・ケーブルの種類とバランス・アンバランスの違い | Digiland

iconicon
【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket