外付けフラッシュ「HVL-F60RM」を海外で発表。


最大ガイドナンバー60の大光量を両立する、外付けフラッシュ「HVL-F60RM」が海外で発表に。

ひとまず翻訳して調べてみたもの。(万が一間違いがあればすぐに訂正します。)

・Sony Launches New Flagship Guide Number 60 Flash
・Sony marries overwhelming continuous flash performance with advanced operability options and wireless control with launch of new flagship Guide Number 60 HVL-F60RM Flash

<2018年2月27日追記>
・クイックシフトバウンスや電波式ワイヤレス通信対応、信頼性の向上したフラッシュ「HVL-F60RM」、外部電池アダプター「FA-EBA1」、レインガード 「FA-RG1」を4月13日発売。

-----------------------------

●外付けフラッシュ「HVL-F60RM」


「HVL-F60RM」は、2012年10月に発売された「HVL-F60M」の後継モデルで約5年半振りのモデルチェンジ。

ガイドナンバー60の大光量フラッグシップフラッシュ。

20mmから200mmまでの照射角度をカバー。(ワイドパネルを使用することで14mmまで対応)

耐熱材料の使用と新しい高度なアルゴリズムを導入して、「HVL-F60M」と比較して耐熱性が4倍向上。

室内での撮影や逆光時やアウトドアといった様々な撮影シーンで威力を発揮するLEDライトも搭載。

サイズは、78.1 x 139.5 x 104.6 mm、質量は約445g(電池別)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


フラッシュ発光部にα独自の回転機構を採用して、バウンス角度を維持したまま発光部を回転させることができる「クイックシフトバウンス」は健在。

上方向に150°、下方向に8°、左右90°の回転ができる。

横位置撮影でも縦位置撮影でも同じ配光ポジションをワンアクションで素早く確保できて、ソニーの外部フラッシュならではの特長。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

最大発光回数約220回と非常にスタミナ性能があることと、充電サイクルは約1.7秒

別売の外部バッテリーアダプター「FA-EBA1 」を使用することで、最大発光回数約660回充電サイクルは0.6秒へと向上する。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


背面のディスプレイには、表示画面からダイレクトに設定項目を選べるクイックナビ。

独立した調光ボタン(LEVEL – / +ボタン)により、効率的に出力の変更や補正を直接コントロールできる。

ペアリングされたワイヤレスフラッシュの出力設定も、簡単に調整できる。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


「HVL-F60RM」の大きな特徴としては、「HVL-F45RM」と同様に光通信方式に加えて、電波式ワイヤレス通信機能をそなえていること。

電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」電波式ワイヤレスレシーバー「FA-WRR1」を使用すると、「HVL-F60RM」を最大15個のフラッシュユニット、最大5個のグループに割り当てることができる。


電波式ワイヤレス通信のメリットは、最大で約30mと離れた場所でのワイヤレスフラッシュ撮影ができたり、カメラの背後にフラッシュを設置して撮影する場合や障害物が多い場所での撮影で赤外光が届きにくい場合でも、強い太陽光の下での撮影でも安定した通信ができること。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


防塵・防湿設計により、過酷な環境下でもフラッシュ撮影が可能に。

オプションのレインガード「FA-RG1」を使用することで、フラッシュやカメラへの水の浸入を最小限に抑えられる。

損傷を最小限に抑えて信頼性を高めるためにマルチインターフェースシューを金属へと再設計。

撮影中のシーンの明るい色を自動的に調整するオートホワイトバランス機能に加えて、アンバーとグリーンのカラーフィルタを標準装備。

-----------------------------

発売時期は、北米、ヨーロッパともに2018年4月。

外付けフラッシュ「HVL-F60RM」の販売価格は、北米で約$600、ヨーロッパで約700ユーロ。

外部バッテリーアダプター「FA-EBA1 」の販売価格は、北米で約$250、ヨーロッパで約300ユーロ。

レインガード「FA-RG1」の販売価格は、北米で約$25、ヨーロッパで約30ユーロ。

国内では現時点では未発表。

-----------------------------

●電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」、電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」、レシーバー「FA-WRR1」


電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」
メーカー希望小売価格:43,000円(税別)
ソニーストア販売価格:40,380円(税別)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

0910c
電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」
希望小売価格:38,000円(税別)
ソニーストア販売価格:35,500円(税抜)
●長期保証<3年ベーシック>付

●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

0910j
電波式ワイヤレスレシーバー「FA-WRR1」
希望小売価格:23,000円(税別)
ソニーストア販売価格:21,500円(税抜)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

0910k
マルチ端子用接続ケーブル「VMC-MM1」
希望小売価格:3,300円(税別)
ソニーストア販売価格:3,130円(税抜)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF

●提携カード決済で3%OFF

・「CP+2017」ソニーブースレポート(その1)。トロトロのボケ味と最新機能が合体したFE 100mm F2.8 STF GM OSS「SEL100F28GM」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その2)。軽くて小さい機動性とAFも速くて扱いやすいFE 85mm F1.8 「SEL85F18」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その3)。動画撮影に特化したE PZ 18-110mm F4 G OSS 「SELP18110G」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その4)。フラッシュを使ったプロのスタジオライティングを体験。
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その5)。スピード撮影や暗所撮影といったαの性能を試せる撮影コーナーと充実しつつあるαのサポート。
・「CP+(シーピープラス)2017」のソニーブースのアフターレポートに、スペシャルセミナーの動画を掲載。
・ソニーとマンフロット、商品開発とマーケティング活動で協業。2018年からα向けカメラアクセサリー登場予定。

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket