電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」、レシーバー「FA-WRR1」、国内で発売。

0629c
クリップオンフラッシュ用のワイヤレスライティングシステムとなる電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」と電波式ワイヤレスレシーバー「FA-WRR1」、マルチ端子用接続ケーブル「VMC-MM1」を9月24日に発売。

-----------------------------

●電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」、レシーバー「FA-WRR1」

0910e 0910f
電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」

0910h 0910g
電波式ワイヤレスレシーバー「FA-WRR1」

ソニーのフラッシュを利用して、電波式のワイヤレス多灯撮影が可能になる、マルチインターフェースシューに対応した電波式のワイヤレスライティングシステム。

コマンダー「FA-WRC1」をαカメラ本体に装着、レシーバー「FA-WRR1」に対応フラッシュを装着して、ペアリングすることで電波通信が可能になる。

最大到達距離は30m、最大で15台の5つのグループまで利用できる。

0910d 0910i
フラッシュは、TTL/MANUAL、フラッシュ同調速度1/250(カメラに依存)やハイスピードシンクロ撮影(HSS)にも対応する。

ペアリングする際には、コマンダーとレシーバーを1m以内に近づけて簡単にペアリングできる。

0629e

複数のカメラを使ったリモートレリーズ撮影も可能。

メインカメラのレリーズ信号をレシーバーへ送信して、レシーバーを別のカメラとMULTI端子接続することで、リモートレリーズが利用できるようになる。

0910l
カメラとレシーバー「FA-WRR1」をつなぐには、別売マルチ端子用接続ケーブル(VMC-MM1)を使用して接続。

これで1つの被写体をさまざまなアングルから複数のカメラで同時に撮影することもできる。

 

対応するカメラは、デジタル一眼カメラα7Rα7Sα7(ソフトウェアアップデート必須)

対応するフラッシュは、マルチインターフェースシューに対応した現行モデルの「HVL-F60M」、「HVL-F43M」、「HVL-F32M」

旧タイプの「HVL-F58AM」、「HVL-F43AM」、「HVL-F42AM」でも、シューアダプター(ADP-MAA)を利用すれば、マニュアル発光限定ながらも利用できるとしている。

-----------------------------

0910c
電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」
希望小売価格:38,000円(税別)
ソニーストア販売価格:35,500円(税抜)
●2016年9月24日発売

 

0910j
電波式ワイヤレスレシーバー「FA-WRR1」
希望小売価格:23,000円(税別)
ソニーストア販売価格:21,500円(税抜)
●2016年9月24日発売

0910k
マルチ端子用接続ケーブル「VMC-MM1」
希望小売価格:3,300円(税別)
ソニーストア販売価格:3,130円(税抜)
●2016年9月24日発売

・超高速・高精度に進化した”4Dフォーカス”で撮りたいシーンを確実に残せるデジタル一眼カメラ「α6300」
・高解像度とぼけ味を高次元で融合した”G Masterレンズ” 「SEL2470GM」、「SEL85F14GM」、「SEL70200GM」、テレコンバーターレンズ登場。
・フルサイズ対応Eマウントレンズの、望遠ズーム「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS」と単焦点レンズ「FE50mm F1.8」が4月28日に発売。

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket