超シンプルで使いやすさを重視したフルHDハイビジョンテレビ「BRAVIA W730Eシリーズ」。

0107u
ソニーから、フルHDのスタンダードモデルとなるデジタルハイビジョン液晶テレビ ブラビア「W730Eシリーズ」を2017年2月11日に発売。

------------------------

●フルHDハイビジョンテレビ、BRAVIA W730Eシリーズ

0107r
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
「KD-43W730E」【43型】

ソニーストア販売価格:89,880円(税別)

「KD-32W730E」【32型】
ソニーストア販売価格:74,880円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>

●設置設定サービス付属

デジタルハイビジョン液晶テレビ ブラビア「W730Eシリーズ」は、フルHD(1,920×1,080)ディスプレイを持つ、地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2のハイビジョン対応BRAVIAのスタンダードモデルで、サイズは43型、32型の2機種。

0113o
BRAVIA「W730Eシリーズ」の特徴として、「X-Reality PRO」を搭載。

地上デジタル放送、ブルーレイディスク、テレビゲーム、ネット動画といった、さまざまなコンテンツを、ノイズ低減処理をして、映像に対応したデータベースから高精細化処理を行って、繊細な質感やディテール感を復元させ、圧縮や伝送で 失ってしまった情報を蘇らせることで、リアルな映像を再現。

0107v
音質面では、全体の音の大きさを変えず、声の音量を変えて例えばニュースのキャスターの声を聞きやすくする「クリアボイス」を搭載。

0107w
別売のUSBハードディスクを接続すれば、簡単にテレビ番組の録画が可能で、ブラビアの電子番組表(EPG)から録画予約して、ハイビジョン画質で楽しめる。

ハードディスクは最大16TBまで対応していて、家族それぞれで専用のハードディスクを使えば、自分専用の番組コレクションができる。

また、録画再生には、「1.3倍速再生」の早見モードと、音声の切れ目に自動チャプターをつけたことで「チャプター送り/戻し」も使えるようになった。

0107y
OSは独自OSでAndroid TVではなく、放送番組や録画番組をリモコンの簡単操作で利用できる。

それゆえ、電源オフから観たいチャンネルをおすだけですぐに見られる(チャンネルポン)ため、昔からソニーのテレビに慣れているユーザーにとっては何も迷わず楽しめる。

0107x
また、ネットワークサービスは、「YouTube」と「Netflix」の2つのみに絞られて他は一切なし。

有線LANとワイヤレスLANを備えているものの、こちらも上記2つのネットワークサービスを利用するためのみに存在する。

------------------------

0107t
すっぱりさっぱり完全に割り切ったフルHDハイビジョンテレビのBRAVIA「W730Eシリーズ」

ハイビジョン放送を単純に観たい、しかもごちゃごちゃした操作を覚えることもなく、今まで使ってきたソニーのテレビ同様にボタン押したらすぐにみたいという欲求に対応したテレビ。

ネットワークもYouTubeとNetflixのみの対応以外、nasneやBDレコーダーの録画番組をネットワーク経由で再生できる「ソニールームリンク」や、スマートフォンの画面をそのままワイヤレスに映せる「スクリーンミラーリング」などもバッサリ省いてシンプル化。

代わりにUSBでHDDをくっつけるだけで、録画もできて、ボタンおしたらチャプター飛ばしできる便利さもあったり。

最新の機能が欲しいという人にとってはまるっきり対象外のこのモデル。

がしかし、最新TV買ったけど、おじいちゃんおばあちゃんには使いこなせないよー、テレビがフリーズ・再起動ってなんじゃそりゃ!?、何回も操作を教えるのめんどくさすぎるわ―!という悲痛な叫びからは間違いなく解放される。

・49型の低価格モデルとなる4K BRAVIA「X8000Cシリーズ」を11月21日に発売。
・4.9mmという薄さ、壁掛け約40mmに抑えられる 4K BRAVIA 「X9000Cシリーズ」を10月に発売。
・43~75型のAndroid TVを搭載した新しい4K BRAVIA「X9400C/X9300C/X8500Cシリーズ」を6月に発売。

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket