[ ASCII.jp x デジタル 掲載 ]夏の海にスマホを持っていくなら防水ケースが必須:Xperia周辺機器


・夏の海にスマホを持っていくなら防水ケースが必須:Xperia周辺機器

[ ASCII.jp x デジタル ]  魅惑のXperia周辺機器-第166回を掲載いただきました。

夏の海に最適なスマホ用の完全防水ケースAnker製「Waterproof Case」を紹介。


「Xperia 1 」には、IPX5相当、IPX8相当の防水性能およびIP6X相当の防水防塵機能が備わっている。

けれども、実際問題海水に浸けることに対する耐性まではないし、そもそも砂で傷がついたり海水でベタベタになるのも嫌なもの。

それでも浜辺に持っていきたいんだ!というときに便利なグッズが、スマホ用の完全防水ケースAnker製「Waterproof Case」


防水ケース自体はビニール製で、上部に樹脂製のガードのロックをはずすと大きく口が開いてスマートフォンを出し入れすることができる。

「Xperia 1 」を入れてみると、まるで図ったかのようにピッタリ。

中に入れても画面全体がしっかりと視認。

全体を覆われているため、当然ながら指紋認証は使えないので、防水ケースに入れたままでロック解除するときは、電源キーを押してパスコードやパターンからロックを解除という使い方。


横幅サイズがかなり大きめの「Xperia XZ2 Premium」はというと、サイドの黒いフチに画面が少し隠れてしまうけれどギリギリ使える。

ということはXperiaは全般どの機種でも入れられるはず。

保護ケースについては、装着したままだと入らない場合があるかもしれないのでそのときは素直に外してから入れるようにしよう。


実際に水の中につけてテスト。

ガードがしっかりロックされているので、水がかかっても砂にまみれても完全防備状態の安心感。

お約束で、初めてつかうときはテストしてから使おう。

黒いフチが浮き輪のような役割があるので少し浮力はあるものの、完全に海面にプカプカと浮くとまえはいかず。

万が一手を離れて沈んでしまったり流されたりていかないためにもネックストラップは必須。


画面について、クリアなビニール部分がディスプレイに張り付いて縞模様が気になるものの、画面が点灯すれば普通に見える。

それよりも水流が強めにかかったり、水の中の水圧によっては画面に触れたと誤認識して、画面が動いてしまうという現象はどうしてもおきがち。

対策として、スマホをケース内に収めるときにビチビチに空気を抜いて入れるのではなくて少し空気を含めてケースを閉じておくと、内部の空気によりスキマができて誤タッチが減らすこともできる。

水中でカメラを使う場合、タッチ操作は思い通りにならないこともあるため物理的に押せるカメラボタンがお役立ち。

もちろん音量キーをズームに割り当てておくとさらに便利。

ケースのビニールが1枚挟むことや、水中の中では思うようにピントがあわせにくかったり波でブレやすくなるなど、なかなか思うように撮れない事も多いけれど、海の中といういつもと違った世界の写真を残せるとおもしろい。


海や浜辺に限らず、山や川などアウトドアでアクティブにXperiaをもちだすことの多くなる夏ならではの完全防水ケースAnker製「Waterproof Case」は最強のアイテムになるかと。

 

 

<ASCII.jp x デジタルXperia執筆>
・ASCII毎週連載:Xperia周辺機器
・ASCII隔週連載:Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く

<Xperia 1 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載] ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ

・[ Engadget Japanese 掲載] 実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] 海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力
・「Xperia 1」を手に入れたら、真っ先に保護フィルムを貼っておこう。

<Xperia 10 / Xperia 10 Plus 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載]約5万円の超縦長Xperia「10 / 10 Plus」 高級感もあり日本発売してほしい:開梱レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia 10 / 10 Plus」の実機をじっくり触ったら「Xperia 1」が待ち遠しくなった

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket