[ ASCII.jp x デジタル 掲載 ] スマホといっしょに持ち運ぶプロジェクター「MP-CD1」:Xperia周辺機器


・スマホといっしょに持ち運ぶプロジェクター「MP-CD1」:Xperia周辺機器

[ ASCII.jp x デジタル ]  魅惑のXperia周辺機器-第127回を掲載いただきました。

手軽に持ち運びできるモバイルプロジェクター「MP-CD1」を紹介。


Xperiaと一緒に持ち運びできて、すぐにどこでもプレゼンテーションできるモバイルプロジェクター「MP-CD1」

5,000mAhの大容量のバッテリーを内蔵して、HDMIケーブル1本あれば機器とつないで約2時間の連続投写が可能。

充電するときは、充電用端子にある最大3.0A対応のUSB Type-C端子からACアダプターにつないで、約2.5時間でフル充電。

ズーム機能はなく、投写する距離で画面の大きさを調整。

投写画面サイズは、40型から120型が利用推奨範囲。


プロジェクターとXperiaをダイレクトに接続するにはひとつ注意点があって、USB端子からMHL対応ケーブルでHDMI端子へとつなぐ有線接続はXperia XZ5(2015年モデル)以前であれば可能ですが、Xperia Xシリーズ(2016年)以降はできない。

Xperia Xシリーズ(2016年)以降のモデルの場合は、無線(Wi-Fi)で接続するMiracastやChromecastを利用した使い方になる。

例えばWHDMIドングル「EZCast」をプロジェクターのHDMI端子に接続、電力はプロジェクターに備わるUSBから給電できる。

プロジェクターの横にある電源を入れると約5秒程度で起動してすぐに映像でるレスポンス。

輝度は、ソニー独自の輝度最適化設計で105ANSIルーメンで、真っ昼間のように周囲が明るいとどうしても見えにくさはあるので、それなりに投写する部屋は遮光するなどして一定の暗さを保つ必要がある。

出先でプロジェクターの有無を確認したり接続のことを心配したりといった余計な心配なく、プライベートでも白い壁面にスクリーンを投写して映画を見たりゲームしたり、いつでもどこでも大画面の迫力を味わえるおもしろいアイテム。


モバイルプロジェクター「MP-CD1」

ソニーストア販売価格:45,880円+税
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・持ち運べるコンパクトさとシンプルな使い勝手が楽ちんなモバイルプロジェクター「MP-CD1」を実際に使ってみたレビュー。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:12:00~20:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket