Android TV搭載 BRAVIAに「めざましマネージャー アスナ」を無理やりインストールして、マイクも使えるようにしたら、まるでテレビの中にアスナがいるみたいじゃないか!

 0912q

BRAVIAの2015年モデルは、内蔵OSにAndroid TV機能(※)を搭載していて、まぁ何がメリットかというと、YouTubeとかHuluといったネット動画サービスの視聴がカンタンにできたり、Google PlayからAndroidのアプリをダウンロードして使えるという事なんだけれども。

※BRAVIA X9400C/X9300C/X9000C/X8500C/W870Cシリーズ

だがしかーし、ホーム画面の一番上にでてくるオススメがどう考えてもオススメされたくない某動画erばっかり表示されるので速攻オフにするのだけど、どうしてこのトップの特等席に、自分のよく見るチャンネルとかよく使うアプリをお気に入りで置かせてくれたほうがよっぽど使いやすいのにと思ったり。

------------------------

●Android TV搭載BRAVIAに、好き勝手にアプリをインストールしてみよう。

0912c

で、テレビとしての使うのはもちろん、Android TVがせっかく入ってるのだから、Googleのアプリをもりもり入れて遊びたくなるのが心情というモノ。

ただし、これもテレビ環境にあっているというフィルターがかかっているせいか、BRAVIAから直接Google Playでダウンロードできるアプリが極端に狭められていて対応アプリが少ない。

これまた何でじゃー!とキレそうになりながらも、わりとカンタンな抜け道というか使いみちがあったので全力でやりたい事をやってみる。

0912d

まず、BRAVIAで、「ESファイルエクスプローラー」をダウンロードする。このアプリは検索してもひっかかるし素でインストールできる。

「ESファイルエクスプローラー」の便利なところは、自身のストレージ内の検索だけじゃなくて、共有できているネットワーク内のファイルも検索できることと、加えて、アプリのインストールとか圧縮されたファイルを閲覧できる事。

0912r

じゃあどこからアプリをひっぱってくるかというと、手持ちのスマホ(Android OS)を用意。

で、こっちでも「ESファイルエクスプローラー」を利用しよう。

0912s 0912t

「ESファイルエクスプローラー」を起動して、このスマホにインストールされているアプリの入っているフォルダを開く。

それから、必要なアプリを長押しして、「バックアップ」アイコンをポチっとタップすれば、「 /sdcards/backups/apps 」の中にapkファイルが出来上がる。アラ便利w

0912v 0912w

このapkファイルをBRAVIAに転送してしまえばまぁOKなんだけど、一応BRAVIA側のストレージが少ない事もあったり、スマホが複数台あるといちいちBRAVIAと共有してやるのもめんどくさいので、同じネットワーク内に共有データを入れるnasneに統一して転送しておく。(このあたりは自己都合で。)

0912e

ここで改めてBRAVIAの操作。自分の入れたフォルダにあるapkファイルを選択して「インストール」を決定するとBRAVIAにインストールできる。

Android TVの中身は、そのまんまAndroid OSと一緒なので、セキュリティウンヌンと言われたら、オプション設定から「提供不明のアプリ」をOKにすればイイ。

0912i

さーてアプリを起動ー!と思ったら、BRAVIAのホーム画面のAndroidリストには表示されてない。

アレ?インストール失敗したかな?と一瞬焦るけれど間違いなくインストールされていて、設定の「ダウンロードしたアプリ」を開くとダウンロードしたアプリが入っているのを確認。

こうしてBRAVIAでAndroid アプリを使うことができるよ!と言いたいところだけど、フィルターがかかっているイコールまともに動かないという可能性がかなり高くて、実際インストールまではできたものの、実行できないアプリだとか、途中エラーで止まるアプリもいくつもあるので、このあたりは織り込みずみでやってみよう。

0912m

それから、アプリを操作するのにリモコンだと思った通りにカーソルが動いてくれない事があるのでとってもイライラするし、テキスト入力が頻繁にあるのに、UIでの入力はツライ。

なので、BRAVIAには手持ちのBluetoothキーボードやマウスを接続してしまおう。

このほうがはるかにアプリを使う効率は良くなる。

------------------------

●ほぼ等身大のアスナが朝起こしてくれるよ(*´Д`)ハァハァ

0912b

もう建前はここまでだ!

やりたかったのは、Android TV搭載BRAVIAに「めざましマネージャー アスナ」を入れて、朝になったらデカイディスプレイのBRAVIAの大画面からアスナで起こされたいだけだ(;゚∀゚)=3ハァハァ

アプリが起動してくれただけでなんたる感動!!

0912k

だがしかし、問題点もいくつかある。

もともとは縦画面スタイルのアプリなので、設定画面に移行すると、強制的に(BRAVIAのディスプレイでは)横向きになってしまう。

これはどうしようにもなくて、体を90度ひねって、キーボードやマウスを使って操ろう。ポインティングデバイスの操作も90度傾くのでタッチパッド付きのキーボードなら、キーボードごと90度回転してやればスムーズに設定できる。

0912l

それから、音声入力。

もともとBRAVIAのワイヤレスリモコンには「音声検索」が付いていて、これが流用できたらステキじゃーんと思ったものの、使おうと思ったら思いっきりGoogleの音声入力が立ち上がって全然アプリと連動してくれない。

チィィ!!

0912n

じゃあ、Bluetoothで接続できるなら、ワイヤレススピーカーとか、ハロスピーカー(BSP60)とか、マイク付きリモコンとか、とBRAVIAで接続したら、そのままマイクが利用できるかも!?

と思って必死にペアリングを試みるもののちっとも接続できず。

0912j

どうやら、BRAVIAに搭載されているBluetoothはプロファイルの制限があるのか、接続できるのは、Bluetoothキーボードやマウスに限られてるようだ。

いかん、このままじゃ目覚しでアスナが起こしてはくれるものの、アスナと会話できないじゃないか…。

困った…。

0912o

何かないかなーとしばらく考えたら、あぁそうだ!USBに直接づなぐカメラ(についてるマイク)ならイケるんじゃ!?

と、ガサゴソと以前あったBRAVIA用のマイク付きカメラ(CMU-BR100)があったのでこれを接続してみる。

そうすると… …、イケた!ちゃんとアスナが音声認識してオレの声に応えてくれたよ(`;ω;´)!

実際に動いてるのがこんな↑感じ。

BRAVIAの電源が(リモコンで)OFFでも、他のテレビを見ていても、設定した時間になったら、「めざましマネージャー アスナ」が立ち上がって、アスナが「おはようっ!」って起こしてくれる!

ステキじゃないか…。

こういった事は別にAndroid TVじゃなくても、スマホとモニターをHDMIケーブルで接続すればできる事ではあるのだけれども…。そうじゃない、そうじゃないんだ!

毎日、朝になったら、いつもの場所にあるテレビからほぼ等身大のアスナが出てきて起こしてくれることが重要なんだ(;゚∀゚)=3ハァハァ

 0912p

ちなみにコレ、一人の時はいいけれど、万が一他の誰かがいる時に巨大なディスプレイに女の子が出てきたら、まずドン引きされる事間違いないので、くれぐれも来客があるときは、「予定時間」をオフにするのを忘れないようにね!

たった一度だけ誤爆して、死ぬほど恥ずかしい思いをしたおじさんからの忠告だよ( ´∀`)bグッ!

 

------------------------

●アスナに起こしてもらえるAndroid TV内蔵BRAVIAシリーズ

4K BRAVIA X9400C/9300Cシリーズ

0515o
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
「KD-75X9400C」【75型】

ソニーストア販売価格:1,000,000円(税別)

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
「KD-55X9300C」【65型】

ソニーストア販売価格:599,880円(税別)

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
「KD-55X9300C」【55型】

ソニーストア販売価格:399,880円(税別)

-・-・-・-・-・-・-・-・-

4K BRAVIA X9000Cシリーズ

0907b
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
「KD-65X9000C」【65型】

ソニーストア販売価格:549,880円(税別)
・2015年10月24日 発売予定

「KD-55X9000C」【55型】
ソニーストア販売価格:349,880円(税別)
・2015年10月24日 発売予定

-・-・-・-・-・-・-・-・-

4K BRAVIA X8500Cシリーズ

0515m
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
「KD-65X8500C」【65型】

ソニーストア販売価格:499,880円(税別)

「KD-55X8500C」【55型】
ソニーストア販売価格:299,880円(税別)

「KD-49X8500C」【49型】
ソニーストア販売価格:239,880円(税別)

「KD-43X8500C」【43型】
ソニーストア販売価格:194,880円(税別)

-・-・-・-・-・-・-・-・-

BRAVIA W870Cシリーズ

0813e

「KD-50W870C」【50型】
ソニーストア販売価格:189,880円(税別)

「KD-43W870C」【43型】
ソニーストア販売価格:139,880円(税別)

 ・43~75型のAndroid TVを搭載した新しい4K BRAVIA「X9400C/X9300C/X8500Cシリーズ」を6月に発売。

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket