まわりの音がまるまる聞こえつつ音楽を楽しめる配線もフリーな「ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)」


2017年にWiL.LCCと、ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社の共同出資からなるambieが、外音をまったく遮断しない構造で閉塞感をなくして、見えないスピーカーがあるかのように音が聞こえるイヤホンとして発売した「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」

これは画期的よね!とテンションMAXで使っていたけれど、せっかくオープンなのにだんだん配線が邪魔になってきて、Bluetoothユニットにくっつけて使ったり試行錯誤。

そして1年が経過して、今度は最初からワイレスになった「ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)」が登場。

・ワンランク上の”ながら聴き”が楽しめるambie『wireless earcuffs(ワイヤレスイヤカフ)』4月5日(木)発売

-----------------------------

ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)を使ってみよう。


「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」は5,940円(税込)なのに対して、「ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)」は、12,960円(税込)。

有線モデルからすると結構いい値段なので若干躊躇はしたものの、使ってナンボなのでポチ。

カラバリは、Asphalt Black, My Heart White, Stamp Orange, Cactus Green, Pop Sky, Toypu Brownの6色。

前回、Asphalt Blackを選んだものの、せっかくライトに使えるイヤホンなのに地味なカラーを選択しちゃったなーと後悔したので、今回は明るいPop Skyにしてみた。


最大の特徴は、このイヤーピースならぬ”イヤカフ”。

女性がアクセサリーとして耳たぶに挟んで身につける”イヤーカフ”と同じ考え方で、その先にある小さな穴から音がでてくるので、耳の中ではなくて耳の近くから音が届くといった感覚。

メリットは、耳を塞がないので周りの音や声を聞き取れて、会話ができるということと、音楽を聴くスタイルとしても鼓膜の負担が少ないので、長く装着していても疲れにくく、耳の穴も蒸れにくいし汗もたまらないということ。

コードが擦れた時のタッチノイズや、自分の息がこもって聞こえるという不快感もない。


そして、「ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)」は、ネックバンド型になったワイヤレスモデル。

全体にシリコンのムニュムニュした素材感でできていて柔らかい雰囲気で、総重量でもたったの27gしかなくて着けているときの軽快さはとっても良好。

解放感とあわせて着けてないのに音楽が聴こえる感じがとってもよい。

残念なところといえば、Bluetoothの対応コーデックがSBCオンリーなところだけれども、まぁ聴くスタイルからすればコレでも良いか。


ネックバンドの左側にmicroUSBの充電。

再生/一時停止ボタンと電源ボタンとNFCを搭載。

丸い穴はマイクで、通話の音質を高めた「HD Voice」に対応。


ネックバンド左側にボリュームの+と-のボタンがある。

内蔵バッテリーフル充電で、連続6時間の音楽再生が可能。

ちなみに、スマホに着信があると、ブルブルっとネックバンドが震えるバイブレーション機能もあるので、もしも耳からイヤカフをはずしてても着信にも気がつける。


NFCを搭載したXperiaやwalkmanとはタッチして接続できるこの流れはいつもの感じでとっても楽ちん。

Bluetoothで接続したスマホのGoogleアプリや、iOSのSiriも起動できるあたりも、このスタイルだからこそ理にかなってるかも。


「ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)」の装着の仕方は、ネックバンドを首にかけて、イヤカフ左右にL/R表記があるので、片方ずつ耳をおさえつつ耳たぶに挟む感じで、先端が耳の穴に向くように調整すればOK。

硬さの違うシリコンの組み合わせてやわらかい装着感は、ヘッドホン嫌いな人にもオススメ。

有線のモデルのとき、先っぽがすぐにスカスカ抜けてなくなりそうだったけれど、ワイヤレスモデルは抜けなくなったのでそのへんのストレスはなくなった。

ドライバーユニットは、ソニーの音響技術を活かした外磁型磁気回路搭載していて、たとえ耳をふさがない構造だとしても伝わる音はインナーイヤーと遜色ない音。

独自の音道管設計で解放感もありながら音漏れが極力抑えてあるけれど、ボリュームを上げすぎると周囲に聞こえてしまうのは一般のヘッドホンと同じなのでやりすぎは禁物。

歩いている時もランニング中でも、自転車や車が近づいても気が付くのが遅れたり、PCに向かっていたら声をかけられても全然気が付かなかった、電車にのっていたり空港でのアナウンスがよく聞き取れなかったとか、イヤホンしてたらあるある。

そんなイヤホンを使っていて当たり前だと思っていた「周囲の音や声が聞こえない」とは逆転の発想で、音楽をながら聴きする楽しさと周囲の環境の変化に対応できるというのが「ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)」のツボ。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:12:00~20:00

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket