耳をふさがない、音楽を楽しみながら周りの音も聞こえるという新しい発想のイヤホン「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」。

0124x
WiL.LCCと、ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社の共同出資からなる、ソニーの⾳響技術を活⽤したオープンイノベーションを推進する新会社「ambie」から、第⼀弾プロダク トとして「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」を発売。

・耳を塞がず音を楽しむ。新感覚「ながら」イヤホン。「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」
・オーディオ製品・デジタルコンテンツの開発を行う「ambie 株式会社」が営業を開始

-----------------------------

●ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

0124w
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」は、外音をまったく遮断しない構造で閉塞感をなくして、見えないスピーカーがあるかのように音が聞こえるイヤホン。

「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」

その特徴としては、耳を塞がないので周りの音や声を聞き取れて、会話ができるということ。

0124q 0124p
鼓膜の負担が少ないので、長く装着していても疲れにくく、耳の穴も蒸れにくく汗もたまらない。

コードが擦れた時のタッチノイズや、自分の息がこもって聞こえるという不快感もない。

ドライバーユニットは、ソニーの音響技術を活かした外磁型磁気回路搭載して、耳をふさがない構造でも豊かな音の表現を可能にしているという。

また、独自の音道管設計から、解放感もありながら、一般的なイヤホンと同程度の音漏れにまで軽減している。

0124t
イヤホン形状は、大量の耳の寸法データをもとに、多様な耳の形に対応するユニバーサルな曲面設計に。

硬さの違うシリコンを組み合わせて、特殊表面加工をすることで、一見電子機器と思わせない装着感がある。

0124s
ケーブルにはマイクとリモコンも付いているので、スマートフォンのハンズフリー通話もできる。

<仕様>
形式:ダイナミックドライバーユニット:9mm、ドーム型(CCAWボイスコイル)
最大入力:100mW
インピーダンス:16Ω(1kHzにて)
ケーブル:約1.2m、Y型(リモコン/マイク付き)
プラグ:金メッキI型4極ミニプラグ
重量:約5.2g(ケーブル含まず)

0124n
カラーは、マイハートホワイト、アスファルトブラック、カクタスグリーン、トイップブラウン、スタンプオレンジ、ポップスカイの6色。

価格は、5,500円(税別)

販売されるのは、ambieの直販サイトと、以下の店舗。

・RHC ロンハーマンみなとみらい店
・RHC ロンハーマン大阪店
・チャーリー・バイス(新宿伊勢丹8F)
・二子玉川 蔦屋家電
・ロンハーマン千駄ヶ谷店
・ロンハーマン京都店
・ロンハーマン福岡店

また、新宿伊勢丹メンズ館の8Fの「CHALIE VICE GALLERY」でも試聴と購入ができる。

いまのところソニーストアでは販売されていないので注意。

-----------------------------

0124u
イヤホンを使っていて当たり前だと思っていた「周囲の音や声が聞こえない」ことを解消する、音楽を楽しみながら、周囲の環境の変化に対応できるという新しい発想のイヤホン。

歩いている時やランニング中でも、自転車や車が近づいても気が付くのが遅れたり、PCに向かっていたら声をかけられても全然気が付かなかった、電車にのっていたり空港でのアナウンスがよく聞き取れなかった。

イヤホンしてたらあるあるをさらっと回避できるのが素敵(・∀・)!

ということで、早速イッコ注文してみた。これはまた楽しみ!

・ambie(アンビー)

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket