α9、α7ⅡシリーズのグリップがAマウント並に安定するグリップエクステンション「GP-X1EM」。一度使うとあの感触が忘れられなくなる。


最初見た時、利便性ウンヌンの前にどう考えても値段高いでしょ!としか思わなかったグリップエクステンション「GP-X1EM」

ところがどっこい、ソニーストア 福岡天神(直営店)で、α9の先行展示と一緒に置いてあって使ってみたら、すっかりハマってしまった。

---------------------

●グリップエクステンション「GP-X1EM」


グリップエクステンション「GP-X1EM」
メーカー希望小売価格:12,800円(税別)
ソニーストア販売価格:12,130円(税別)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

材質:アルミニウム
大きさ:約 幅95×高さ21×奥行56mm
質量:約73g
対応機種:α9 / α7RII/α7SII/α7II


シンプルにガメラのグリップを縦方向に増すグッズ。

なんでこんなにいい値段がするのかというと、素材にアルミニウムを採用して耐傷性を向上する独自処理を施したり、デジタル一眼カメラのグリップと同じ素材を採用しているからだとか。


最近のEマウントモデルは、α9をはじめとしてα7RII/α7SII/α7IIはグリップ増し増しになってきたのでホールド性は上がってきた。

けれど、だいたい小指はスカしちゃうのお約束。

無理やり4本指をひっかけようと思えばできなくもないけどあまり余裕はなく。

かといって、縦方向に巨大化してくれとかいってたらそりゃもうボディ全体がAマウント級サイズと重量になるしね(;´∀`)


取り付け方はシンプルで、三脚穴にネジで固定するだけ。

グリップエクステンション「GP-X1EM」側のグリップ部分にある凸型のポッチが、カメラブリップ底面にある小さな穴とピッタリとロック。

装着して軸がズレで飛び出たり引っ込んだりすることはないし、ボディとガッチリ一体感は見事。


床面にポンとおくと形状的にグリップ部分の延長を補強しているのでナナメに傾斜する。

グリップエクステンション「GP-X1EM」を装着したままで、さらに三脚を付けるといったこともできない。

なんか不安定?と思うけど、実際には手に持って使うことが前提で、たまたま置いたときのスタイルをいちいち気にしても仕方がないというか実用性とは無関係。

ハンドルネジを起こしてやると、グリップと同列の高さになってホバリングしたみたいに自立させられないこともない。


バッテリーの取り外しのときどうするのよ!というと、ネジを緩めてグリップエクステンションをずらして外す。

α7Ⅱシリーズだとバッテリーの減りが早いので、取替のときは若干面倒。

まぁそれでもハンドルネジをクルっと回せばすぐに緩むので許容範囲。


サードパーティから出ているα7Ⅱシリーズ用のL型プレートは、バッテリーのフタの開閉ギミックがあるので、こういった機構をつけてくれても良かったのだけど、それでまた価格がドドーンと跳ね上がっても困るので我慢しよう。

まぁα9はバッテリーの持ちが異常に長くなったし、バッテリーの取替もあるかないかくらいだし。


さて、グリップエクステンションを着けた状態で一度でも握り込むと、このギュギュッ!ガシッ!と持てる安心感、ヤバイこれはヤバイ。

小指を含めた出てすべてを包み込める安定感たるや、もうこれはAマウント的な安心感。

感覚としてあぁこれはAマウントだ!これはAマウントにあった安心感が手に入ってしまう感じ!と。

小指はいつも本体の底面あたりで支えて持つ感じになっていたのに、もう4本指がグリップをつかめるし、大口径の巨大レンズも不安が随分と減る。

超ド安定。

外したらもう小指のよりどころがなくなってしまって、グリップエクステンションが忘れられなくなる。

---------------------


縦位置でも撮る時もものすっごいしっくり。

APS-C機とレンズの組み合わせのコンパクトさならハンドストラップ運用することあったけれど、フルサイズのボディ+レンズコンビは怖くてできなかった。

がしかし、グリップエクステンション「GP-X1EM」を付けた状態ならイケる!

それこそ、α9なら高速なAFと連写、5段分の手ぶれ補正の助けも借りて、撮りたい時にいろんなアングルにかまえてすかさずスナップシューティング!ができる。

打算的に考えると、グリップエクステンションの価格にもうちょっとプラスすれば縦位置グリップが手に入るので、縦位置グリップを考えても良いと思う。

ただ、バッグに入れる時の邪魔にならないコンパクトさと、いざとなったら簡単にはずして隅っこのスキマに収められる機動性の高さもなかなか。

ちょっと高いけど、α7Ⅱシリーズにも使えるしグリップエクステンション有りきでイイ。

α9と、α7Ⅱシリーズのどっちにも使えるし、両方使いの人なら一つ買っておいて、撮影シーンで付け替えしてもいいんじゃないだろうか。

・α9に保護ガラスシート「PCK-LG1」を貼ってみる。純正ではコレ一択。フィルムタイプが好みならサードパーティ製を選ぼう。
・α9、α7ⅡシリーズのグリップがAマウント並に安定するグリップエクステンション「GP-X1EM」。一度使うとあの感触が忘れられなくなる。

---------------------

<デジタル一眼カメラ”α9”の性能を体をはってテスト! >
2017年5月27日(土)ライブ配信の録画。

<α9をソニーストアで触ってきた感動をひたすらしゃべっている動画>
2017年5月13日(土)ライブ配信の録画。

<α9とSEL100400GMについてひたすらしゃべっている動画>
2017年4月22日(土)ライブ配信の録画。

---------------------

●デジタル一眼カメラα9ボディ


『α9』 ボディ ILCE-9(E マウント)製品ページ
・デジタル一眼カメラ α9 ボディのみ ILCE-9購入ページ
ソニーストア販売価格:499,800円(税別)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●長期保証サービス3年ワイド(無償)
●提携カード結成で3%OFF
●24回払いまで分割手数料0%

・ついにやってきたデジタル一眼カメラ”α9”外観編、触らないと気付かなかったやたらと細かい修正が入りまくりの良好な操作フィーリング。
・デジタル一眼カメラ”α9”の感度特性を知りたい。 ISO感度ごとにα9、α7RⅡ、α7、α6500の4機種で夜間撮影比較してみた。
・ずっと見えたまま被写体をつかまえて連写しまくれる”α9”の変態性能を、子供撮りのためだけに使ってみる。

・ソニーストアでデジタル一眼カメラ”α9”の実機を触ってきたよ。(ファインダー見え続けながらの高速連写と高速AFと食いつきっぷりはマジで凄かった編)
・ソニーストアでデジタル一眼カメラ”α9”の実機を触ってきたよ。(Eマウント機の弱点をことごとく解消してきた外観編)
・デジタル一眼カメラ α9 (ILCE-9)の機能を調べよう。(設定メニュー編その1)
・デジタル一眼カメラ α9 (ILCE-9)の機能を調べよう。(設定メニュー編その2)
・デジタル一眼カメラ α9 (ILCE-9)の機能を調べよう。(設定メニュー編その3)


●αあんしんプログラム
αオーナー向けの「あんしん・快適な」サービス
「レンズ長期保証優待」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。旧福岡市立中央児童会館
営業時間:12:00~20:00

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket