ポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」に、Windows PCの画面を映し出してみる。

0413f
本体のすぐそばに映像を写しだして、しかもバッテリーを内蔵してどこでも楽しめるポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」に、ソフトウェアアップデートで、Windows PCからのMiracastに対応したので早速試してみよう。

・ポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」 本体ソフトウェアアップデートのお知らせ:SONY

-----------------------------

●ポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」 ソフトウェアアップデート。

0413j 0413i

ポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」のソフトウェアアップデートには、スマートフォンを利用して、「ポータブル超短焦点プロジェクターアプリケーション」からネットワーク経由で行う。

今回の最新のバージョンは、1.5.4。

0413m 0413l

バージョンアップ内容のひとつは、スタンバイ中でも「時間を指定してON/OFF」の機能。

指定した時間に、 「LSPX-P1」をONにしたり、OFFにできるようになったので、特定の時間だけ表示させたいといった使い方ができるようになるので、これだけでも活用幅が随分と広がりそう。

-----------------------------

●ポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」 を、ワイヤレスのディスプレイとして活用する。

0413a
そしてもう一つが、Windows PCからのMiracastに対応。

やり方は超簡単で、「ポータブル短焦点プロジェクター」アプリで「ポスター」を選んでおくだけで、あとはPCからディスプレイの接続先として「LSPX-P1」を選べばいいだけ。

0413h
「VAIO S11」で試してみると、あっさりと接続。

出力元の画面から「複製」としても「拡張」にも、「セカンドスクリーン」のみでも表示できる。

0413b
「VAIO S11」の「システム」にあるディスプレイ設定をみると、「LSPX-P1」がセカンダリディスプレイとして表示。

「LSPX-P1」の本来の出力解像度は「1366×768」だけれど、PCディスプレイとして表示できる最大解像度は、「1920x1200」まで選択できた。

0413g
実際に使ってみると、ワイヤレス接続で表示されているということもあって遅延がそこそこあることと、あくまでもプロジェクターとしての映像なので仕事用のサブディスプレイにはむかない。

「複製」にして、PC側で操作して、「LSPX-P1」で大きく映し出して使うといった利用法がおもしろい。

-----------------------------

0211p
ちなみに、Windows 10 mobileを搭載した「NuAns NEO」「VAIO Phone Biz」「Continuum」を試してみると、HDMIユニットと「ScreenBeam Mini2」を用意しなくても、「LSPX-P1」にMiracastでダイレクトに接続できる。

こうなると、持ち運びできるWindows 10 mobile端末と「LSPX-P1」で、遊べる可能性の広がりは大きい。

・壁も床もテーブルも、”どこでもディスプレイ”になるウキウキと感動!ポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」。
・Windows 10 mobileを搭載した「NuAns NEO」を使ってみた雑感。

<VAIO Z>
・強烈なパフォーマンスと超高速スピードを手に入れて、フリップ/クラムシェル2つのスタイルを持つ「VAIO Z」(前編)
・強烈なパフォーマンスと超高速スピードを手に入れて、フリップ/クラムシェル2つのスタイルを持つ「VAIO Z」(後編)
・VAIO Z初回購入者だけが手にする事のできる「Z ENGINE 基板アクセサリー」、その実物サンプル。

・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(開梱編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(外観編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(パフォーマンス編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(基本ベンチマークテスト編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(3Dグラフィックス系ベンチマーク編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(バッテリーライフ編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(過酷なバッテリーベンチマーク編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(冷却ファン音/発熱テスト編)

ダマされちゃいけない、MONSTER PCの名を持つ安曇野産「VAIO Z」の真実。
・「My Sony Club」と「週アス(3/3号)」に、新VAIO Zの開発秘話たっぷり。

<VAIO S11>
・11.6インチサイズで究極のツールとなる「VAIO S11」をねっとりレビューしよう。(プロローグ編)

・11.6インチサイズで究極のツールとなる「VAIO S11」をねっとりレビューしよう。(外観と剛性、インターフェース編)
・11.6インチサイズで究極のツールとなる「VAIO S11」をねっとりレビューしよう。(ディスプレイ、LTEモデム編)
・11.6インチサイズで究極のツールとなる「VAIO S11」をねっとりレビューしよう。(パフォーマンス編)
・11.6インチサイズで究極のツールとなる「VAIO S11」をねっとりレビューしよう。(ベンチマークテスト編)
・11.6インチサイズで究極のツールとなる「VAIO S11」をねっとりレビューしよう。(番外編)
・「On-Lap 1101H/P」とVAIOを一緒に持ちだして、モバイルしても超快適環境で作業したい。
・VAIOとOn-Lap、出張先でもいつもと同じ環境を作ろう。最小の荷物でもツインディスプレイで作業を効率化。
・「VAIO S11」に搭載する”USB Type-C”の可能性。”USB Type-C”対応アクセサリーで拡張してみよう。

<VAIO S13>
 ・自社PCを今こそVAIOに!ビジネス要件を満たすハイパフォーマンスなモバイルPC「VAIO S13」
・VAIO 【S Line】、13.3インチのモバイルノートPC「VAIO S13」の展示実機入荷。

<VAIO S15>
・第6世代Core H クアッドコアCPU、メモリー16GB、「SSD+HDD」デュアルドライブと、デスクトップPC並のパフォーマンスを備えた「VAIO S15」

<VAIO Pro 13 | mk2>
・クラムシェルタイプのノートPCとして圧倒的に完成度が高い「VAIO Pro 13 | mk2」(その1)
・クラムシェルタイプのノートPCとして圧倒的に完成度が高い「VAIO Pro 13 | mk2」(その2)

<VAIO Z Canvas>
・他を凌駕するパフォーマンスを封じ込めるモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」(開梱編)

・他を凌駕するパフォーマンスを封じ込めるモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」(外観と使い勝手編)
・他を凌駕するパフォーマンスを封じ込めるモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」(パフォーマンスと信頼性編)
・他を凌駕するパフォーマンスを封じ込めるモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」(CPUとグラフィックのベンチマーク編)
・他を凌駕するパフォーマンスを封じ込めるモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」(メモリーとストレージ編)
・他を凌駕するパフォーマンスを封じ込めるモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」(SDカード転送速度編)

 ・モバイルPCにもデスクトップPCにもなれる圧倒的パフォーマンスのモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」
・六本木ヒルズ内”Hills Cafe/Space”に期間限定で「VAIO Cafe」誕生、そしてさらに【VAIO meeting 2015 #2】を開催!
・長野県安曇野にある「VAIOの里」と呼ばれるVAIO本社で工場見学してきたよ。

0125a
VAIO Z フリップモデル / クラムシェルモデル
ビジネスマスターピース

iconicon

LINEで送る
Pocket