「京都国際マンガ・アニメフェア2014」をたっぷり味わってきた1日。(感動のGのレコンギスタのイベントと、ガンダムコラボのウォークマン)

icon

 2014年9月20日(土)と21日(日)の2日間、みやこめっせ(京都産業会館)で開催される「京都国際マンガ・アニメフェア2014」

関西圏のコンテンツ市場の促進を図る趣旨で開催されるこのイベントは、タイトルを略して”京まふ”(KYOMAF=KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIRの略)と呼ばれて今年で3回目。

最大の目的は、Gのレコンギスタのイベントと、ガンダムコラボのウォークマン、このために20日(土)にというか、オープニングセレモニーに間に合わせるために前日から京都入り!

もうたっぷりねっとりと味わって来たのでそのレポートを。
(注:以下プレスとして許可を得て撮影しています。)

-----------------------------

●オープニングセレモニーから、Gのレコンギスタ 放送直前スペシャルイベント!

0922t 0922u
0922v 0922w

 19日(金)から前泊したからには遅れるわけにはいかない!20日(土)の開始時間よりも随分前に到着したものの、みやこめっせに近づくにつれて人がどんどん増加していって、入り口からスタートしてなんと敷地まるまるグルっと1周まわってさらに列が続いててなんという人の多さ…。

 そりゃまぁ2日間で3万人超の人が集まるだけあるよね(;・∀・)

0922s 0922x

9時30分から「オープニングセレモニー」がスタート。

京まふ実行委員長松谷氏や京都市長他主催者の皆さんのご挨拶とありがたいお話。中でもかつては漫画やアニメは昔から一変して皆が楽しめる、皆と共有できる大きなコンテンツになりましたと、ユーモアあふれる話を交えてフレンドリーなセレモニーに。

そして、スペシャルゲストとして、SKE48/乃木坂46の松井玲奈さんが登場すると一気に華やかに!その後、鏡割りでお祝いして京まふが開幕。

 0922a 0922y

 そして引き続いて、10時15分から、最高に楽しみにしていた、「ガンダム Gのレコンギスタ 放送直前スペシャルイベント」

10月から放映が始まる、「ガンダム Gのレコンギスタ」のベルリ・ゼナム役の石井マークさんと、ノレド・ナグ役の寿 美菜子、プロデューサーの小形尚弘氏のトークショーで、Gのレコンギスタ秘話。石井マークさんや寿美奈子さんのオーディションを受けた時の話から製作に携わっている中での話や、富野由悠季監督の印象と、ぶっちゃけトークがかなり面白い。

そして、このとき初出しのPVが流れて、そこでオープニングテーマ、GARNiDELiA「BLAZING」が流れる。この曲は富野監督と話し合いを重ねて出来上がった曲だという裏話も。さすがに30分じゃ話し足りなくて時間はおしおしで大盛況で終了。

・石井マークOfficial Blog チェックマーク!!  『京まふ♪』 
・寿美菜子オフィシャルブログ みなころび八起き 『☆京まふ☆』

0922n 0922m

お昼をすぎて、12時30分からは、「進撃の巨人ラジオ ~梶と下野の進め!電波兵団~公開録音イベント」

 「進撃の巨人」の エレン・イェーガー役の梶 裕貴さんと、コニー・スプリンガー役の下野 紘さんのコンビの軽快なトークが魅力のラジオ番組の公開録音。

会場のおそらく8割以上が女性で埋め尽くされていて、その圧倒的なパワーが凄い!エレンとコニーというよりも梶、下野両氏の掛け合いが絶妙で会場巻き込んで大爆笑の渦。これは、ぜひラジオを聴いて欲しいと思うほどにおもしろかった。

・「進撃の巨人ラジオ ~梶と下野の進め!電波兵団~」 

-----------------------------

●最新アニメコンテンツを体験できる空間「リスアニ!」ブース

 

本会場の「リスアニ!」ブースでは、「リスアニ!LIVE」「リスアニ!STUDIO」のダイジェスト映像から、今回のイベントのために用意されたスペシャル映像をソニーのヘッドマウントディスプレイで体感、そしてアニメソングのハイレゾ音源を、ハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホンで体験できる。

0922b

そして、ここに『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』と『機動戦士ガンダムUC』と、SONYのコラボレーションが実現したウォークマンは、「NW-ZX1」と、Fシリーズ「NW-F887/F886」が展示される。

しかも今回の限定ウォークマンのためだけに描かれた、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』作画監督である大森英敏氏と『機動戦士ガンダムUC』メカニックデザインである玄馬宣彦氏による新規描き下ろしイラストが縦横に広が特別なブースに。

0920u
・ウォークマンZX1シリーズ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア x UC」モデルを詳しく知りたい。

0920z6
・ウォークマンFシリーズ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア x UC」モデルをチェックする。

 詳しくは、それぞれ「NW-ZX1」と、Fシリーズ「NW-F887/F886」でBlogを書いたのでそちらを参照。

もう個人的には念願のガンダムxソニーのコラボレーションモデルで、しかも逆襲のシャアとUCというまさにツボ世代で、ついこの間UC ep7を観た興奮も冷めやらぬ状況なだけにZX1とF887、F886、合計3台買ってしまったので、その実際の刻印だとかパッケージを自分の目で確かめたかったというのが今回の至上命題。

もうこのブースごと家に持って帰りたい(;゚∀゚)=3ハァハァ

0922c

他に先駆けて体験できるのが、現時点ではまだ未配信とされる『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』オリジナルサウンドトラック、『機動戦士ガンダムUC』オリジナルサウンドトラック4を含むハイレゾ音源が、ウォークマンFシリーズ(通常版)にプリインストールされていて、ハイレゾ対応ヘッドホン「MDR-1R」や「MDR-10R」でしっかりと視聴できる。

0922d
0922e

「AnimeJapan2014」でも話題となっていた、ソニーのヘッドマウントディスプレイを使って、「765プロ事務所」の真ん中からプロデューサー目線で、アイドルと同じ空間を360°体感できるという『アイドルマスター ワンフォーオール』の世界観を味わえる体感コーナーが凄い。何が凄いかって待機列がものすごく長い!

せっかくなので、自分もヘッドマウントディスプレイを装着して試させてもらったけれど、自分の首を左右に振るとそのまま映像の中をグルグルと振り返る事ができるというバーチャルな世界。

正直、これはおもしろいのだけど、実際カブって(しかもヘッドホンも装着して)右に左に振り向いてる姿が、待機列の皆さんに晒されるわけで、恥ずかしかったんですけど!(かぶってる姿をお姉さんに撮影してもらった姿が上画像。)

-----------------------------

●リスアニ!CIRCUIT@京まふ(スペシャル・ライブ)

0922z3 0922z2
0922z1 0922z

 16:30からは、アニメ音楽誌「リスアニ!」がプロデュースする音楽ライブ“リスアニ!CIRCUIT@京まふ”

 “近距離戦”をテーマにしているだけあって、最前列とアーティストの距離がとっても近い!今回出演には、綾野ましろさん・春奈るなさん・山崎エリイさん、春奈るなさんの4名。それぞれ持ち歌を2曲づつ披露。会場の熱気は一段とヒートアップして、全員最初から最後まで総立ち&リズム似あわせてジャンプと掛け声という終始パワフルなスペシャルライブだった。

このライブをアリーナの最前列から360°カメラで撮影して、その映像を21日(日)にリスアニブースで、ヘッドマウントディスプレイを使って360°のライブ会場を楽しむといった連動イベントにもなっていた。

-----------------------------

●他、盛り上がる会場内!

0922i 0922j
0922p   0922g
0922z4 0922k

  もちろん会場には多数の出展があって、入場するといきなり 全長333cmにもなる1/100ヤマトがディスプレイを筆頭にたくさんの出展ブースが山盛り。

特に朝の開場となった瞬間、待機列の全員がお目当ての物販コーナーに猛ダッシュする姿はもはや鬼神のごとく、なかには途中コケてしまった女の子もいたけど、その後のリカバリーの執念も凄まじかった。館内のいたるところが人の山で移動するのも本当に大変だった(;・∀・)


 それから、リスアニ!ブースのお姉さんから、「進撃の巨人」の1/1の頭部と一緒に撮影に応じてくれたミカサを筆頭にコスプレのお姉さんたちもたくさんで、皆撮影に気軽に応じてくれる。

世界的に有名なコスプレイヤー「アローディア」さんも「魔法少女まどか☆マギカ」のコスプレで盛り上あがってましたとさ。

 ・「京都国際マンガ・アニメフェア2014」サービスショット:Google+

-----------------------------

●「98式AVイングラム」デッキアップ in 京都 

 それから、京まふ会場の外、平安神宮前に「98式AVイングラム」が横たわっているのを発見!

デッキアップするタイミングが見られるんじゃ!?と粘って待っていたら、その姿を収める事に成功!

 「98式AVイングラム」は、映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー』でも実際の撮影用実として使われた原寸大の模型で、全長は約8mもある。

東京大阪でもイングラムのデッキアップは開催されているけれど、京都のこの場所に輸送トレーラーに載っている姿だけでも絵になる。

 -----------------------------

早朝から、最終夕方までまるまる1日京まふ開場にびっちり張り付いていて、さすがにヘトヘトになったけれど、まず普段では味わえないライブをしっかり観覧できたし、最大目標のガンダムコラボウォークマンの現物もハイレゾ音源も確認出来てとっても満足。

ちなみに、京まふ2014は終わってしまったけれど、ガンダムコラボウォークマンは、銀座 ソニーショールームやソニーの直営店舗「ソニーストア 名古屋・大阪」では引き続き展示してあるので、興味がある人はぜひ行ってみると良いかも!

こうした企画があったらまた行ってみたいなと。 

・ソニーストア大阪にある『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダムUC』展示アイテムを観てきたよ。

iconicon
【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket