ソニーが基本的に好き!

「Xperia PRO」と「Xperia PRO-I」に、ライブ配信機能を7月のアップデートで追加搭載。ソニーストアの配信内での解説で判明。


メディアなどで報じられていた「Xperia PRO」、「Xperia PRO-I 」のライブ配信機能追加について、ソニーストアのYOUTUBE配信内で追加情報を発表。

アップデート時期は、ともに7月を予定。

Xperia PRO」は「外部モニターアプリ」からのライブ配信、「Xperia PRO-I 」は「外部モニターアプリ」と「Videography Pro」からのライブ配信に対応する予定。

またモニター機能については他にも進化するらしく、「波形モニター機能」、「フォルスカラー機能」も追加される。

Xperia PRO」に「Videography Pro」の項目がないことから、アップデートでアプリが追加されることはないと思われる。

-----------------------------

●「Xperia PRO」、「Xperia PRO-I 」のアップデート内容。

アップデート時期:2022年7月頃
Xperia PRO」:「外部モニターアプリ」によるライブ配信
Xperia PRO-I 」:「外部モニターアプリ」、Videography Proによるライブ配信

Xperia PRO-I 」は、以前からキャッシュバックページにアップデート予定が記載されていた。

ここでは、「Videography Pro」しか書かれていなかったものの、「外部モニターアプリ」も対応しているということになる。

 

「Videography Pro」からのライブ配信

Videography Pro」でのライブ配信を行う場合、1920x1080p 30fpsで配信が可能。

Videography Pro」でライブ配信を行うメリットとしては、XperiaのもつAF性能や、好みの設定などを反映することができること。

また、専用のシューティンググリップ「GP-VPT2BT」と接続したさいに、「撮影持続モード」を利用しての長時間配信が可能になる。

 

ちなみに、すでにライブ配信に対応している「Xperia 1 IV SO-51C」を使ってわかった事だけれど、なぜか「撮影持続モード」の項目が出現せず利用することができなかった。

「Xperia 1 IV SO-51C」の「撮影持続モード」は、もしかするとアップデートで後日対応になるのかもしれない。(詳細は不明)

 

「外部モニター」アプリからのライブ配信

外部モニターアプリ」では、最大3840x2160p 60fpsでの配信が可能。

問題点としては、「Xperia PRO-I 」の場合、UVC機器から映像を入力する必要があるため、映像の解像度とフレームレートは機器のスペックに依存する。

Xperia PRO」では、HDMI入力端子が備わっているため4K配信も比較的容易に行える。

ストリーミングのビットレートは、解像度やフレームレートごとに、3段階で設定可能。

最大51000kbpsなど通信速度を要求される設定の場合は、光回線などとのWi-Fi接続や、ミリ波エリアでの利用でなければ難しいと思われる。

 

「ゲームエンハンサー」アプリからのライブ配信(補足)

「ゲームエンハンサー」アプリを使用したゲームプレイのライブ配信については、現時点では「Xperia 1 IV 」に限られている。

また、上記2つと異なり、配信先は、「YOUTUBE」にのみ対応となっている。

 

-----------------------------

先んじて「Xperia 1 IV」に搭載された、「Videography Pro」と「外部モニター」アプリでのライブ配信機能がアップデートで「Xperia PRO-I 」でも利用できるのは非常に嬉しい。

また、「Xperia PRO」は「外部モニター」アプリのライブ配信に対応。

Xperia PRO」は、HDMI入力端子を持っていて、発熱耐性があるボディだけに、αと連携できる配信は強烈な武器になりそう。

 

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:149,600 円(税込)⇒139,700 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,800円(税込)
1回目のみ 6,700円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。


Xperia PRO-I (XQ-BE42)
ソニーストア販売価格:198,000 円(税込)⇒179,300 円(税込)
カラー:フロストブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円
月々の支払い 4,900円(税込)
1回目のみ 7,800円(税込)

・Xperia PRO-I(XQ-BE42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・これを待っていた!悲願の1.0型イメージセンサーを搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I」現る!ポケットから一瞬で取り出して撮れる静止画と動画に納得のクオリティ。
・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。

・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。


Xperia 5 III (XQ-BQ42)
ソニーストア販売価格:114,400 円(税込)
カラー:ブラック/ピンク/グリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,100円(税込)
1回目のみ 5,900円(税込)

・5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 III(XQ-BQ42)」レビュー。フラッグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のスペックと機能を詰め込んだコンパクトボディが魅力。


Xperia 5II (XS-AS42)
ソニーストア販売価格:89,100円(税込)⇒79,200 円(税込)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ピンク
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 2,200円(税込)
1回目のみ 2,200円(税込)

・Xperia 5II(XQ-AS42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<SIMフリーモデル Xperia 5 II レビュー>
・5G対応 SIMフリー コンパクトモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。初期セットアップと基本スペックの確認、「Xperia 5 (J9260)」とのベンチマークテスト比較。
・SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」のSIMカードの利用方法とAPN設定。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの便利機能。5G利用時の注意点。
・ハイエンド機能をコンパクトボディに詰め込んだ 5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。カメラ、オーディオ、ゲームや機能性能をチェックする。


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:249,800円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia PROレビュー記事>
・ついに手にしたぞ!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」レビュー。無骨な外観を「Xperia 1 II」と比較、開封から初期セットアップまで。
・「Xperia PRO」だけが持つHDMI micro端子。カメラと接続して「外部モニター」や「ライブ配信」をしてみる。
・「Xperia PRO」を有線接続のオーディオプレーヤー化してみる。ステージモニターインナーイヤー「IER-M9/M7」や、業務用モニターヘッドホン「MDR-M1ST」と組み合わせた漢気セット。

 


・スマホあんしん買取サービス


・「スマホあんしん買取サービス」&「Xperia乗り換えキャンペーン」


・24回まで分割払手数料が【0円】

 

-----------------------------

SIMフリーモデル Xperiaの使い方


・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II / Xperia 1 / Xperia 5」のデュアルSIMを活かす。サブ回線として、1年間無料&解約料無料の「Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみる。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~19:00

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)