ソニーが基本的に好き!

Xperia PRO-I の純正ケースが大変なことに…。 代わりに「Xperia PRO-I用アラミド繊維ケース(カメラフルカバー版)」を試してみた。


Xperia PRO-Iを保護するケースとして、Madoats製の「Xperia PRO-I用アラミド繊維ケース(カメラフルカバー版)」を試してみた。

アラミド繊維を採用したこのケースは、強度が高くそして激薄というのが魅力。

・SONY Xperia PRO-I 対応ケース スマホケース 軍用防弾チョッキ素材 アラミド繊維 カバー 超薄 超軽量 耐衝撃 キズ防止 滑り止め 指紋防止 黄ばみなし 高耐久性 スリム 薄型 ミニマリスト シンプル 高級なカーボン風 ビジネスシーン最適 ギフトにも最適品(ブラック)

----------------------------

●Xperia PRO-I 純正ケース「Style Cover Leather for Xperia PRO-I(XQZ-CLBE)


Xperia PRO-Iを保護するために最初に買ったのは、ソニー純正の「Style Cover Leather for Xperia PRO-I(XQZ-CLBE)」。

Xperia PRO にはなかった専用ケースで、イタリア製のレザーを採用した高級感ある本体を保護するカバー。

それなりに気に入っていたものの、購入して約2ヶ月もするとかなり痛みが激しくなってきた。

もちろんエージングの進度は違うことは理解しているし、傷も味である。

いや、確かに、毎日ハードに使っていたし手入れも怠っていた自分自身のせいとはいえ、ボロボロと欠けてきたというかこんなに劣化が進むものか…。

本製品の注釈にも”水濡れやアルコールの付着(手指のアルコール消毒などによる)を避けてご使用ください。”とある。

しかし、一口にレザーとは言ってもいろいろなタイプがあるとはいえ、スマートフォン用のケースとしてちょっとこれはいただけない。

 

----------------------------

●Xperia PRO-I用アラミド繊維ケース


代わりに何か良いのがないかなと思っていたら教えてもらったのが、Madoats製「Xperia PRO-I用アラミド繊維ケース(カメラフルカバー版)」

アラミド繊維のケースといえば、Deff製をと思ったものの残念ながらXperia PRO-I用は販売されていないようで、背に腹は代えられずAmazonで発見したこちらを購入。

ケースにオマケでついていた袋は用途不明。


スマートフォン本体と接触する裏面には、保護シートもなにもない。

アラミド繊維が直に接触するためショック緩和する素材はいっさい挟まれていない。


ケース単体を計ってみると11g。

確かに軽い。

純正ケース(XQZ-CLBE)は、およそ30gほどだったので1/3程度。

(左が「カメラフルカバー」、右が通常の製品)

今回購入したXperia PRO-I用のアラミド繊維のケースは、カメラ部分の処理が「フルカバー」というタイプ。

もうひとつカバーのないスッキリとしたデザインのケースも用意されている。


「アラミド繊維」というのは強度と耐性の高い特殊繊維。

例えば、同じ重さの鋼鉄と比較して強度は約5倍、逆に同じ強度とすれば鋼鉄の1/7、FRPなどのガラス繊維の1/2という劇的な軽さを誇る。

さらに耐熱性、非磁性、耐衝撃、振動減衰効果もあるうえ、電波干渉など影響はほぼないと言われている。

反面、加工が大変で、Xperia PRO-Iのカメラ部分を見ると緩やかなカーブで成形させているのがわかる。


早速、 Xperia PRO-Iにケースに装着してみる。

本体に追従しているのは当然として、ケースがかなり硬いこともあってある程度の力を入れてやる必要がある。

ケースの縁の部分が本体に食い込むので、着脱で傷がつかないかのほうが不安になってくる。

Deffのアラミド繊維ケースはここまで硬くなかったような?


純正ケース(XQZ-CLBE)の場合、たしかにレザーの厚みのぶんだけ本体が一回り大きくなってしまう。

そのかわり、レザーの手触りやカメラ部分の飛び出しを隠せるといった良さもある。

その一方で、アラミドケースを装着した場合は、Xperia PRO-Iの本来の大きさとほぼかわらず、しかも軽量というのがメリット。

ディスプレイの4スミにいたるまでギリギリまでケースに覆われて、ちょっとやそっとで外れないという安心感はある。


背面のカメラ部分は、ケースから開口された3眼カメラ部分がキレイにくり抜かれて保護。

裸のままのXperia PRO-Iを運用するよりも、平らな机などに置いたときにカメラ部分をぶつけてしまうリスクも減る。

当然ながら、おサイフケータイやNFCなどの通信もケースを装着したまま使用できる。


本体右サイドにあるボリュームキー、指紋センサー兼電源キー、カメラキーといった物理スイッチ部分は広く開口してあるので、直接ボタンに触れて操作できる。

ディスプレイ面に干渉していないので、[サイドセンス]も問題なく使える。


上部のイヤホン端子や下部にあるUSB type-C端子、スピーカーホールも極力露出を減らしつつくり抜かれている。

ケースが極薄なこともあって、端子の大きめのケーブルを接続したときでもしっかりと奥までささる。


ただし、個人的な不満としては、ストラップホール部分が、切り欠きではなくて、くり抜かれている穴になっていること。

これだと、Xperia PRO-Iにストラップを装着したままケースの着脱が出来ないのはとても困る。

逆に言えば、本体からケースを取り外すには、その都度ストラップを着けたり外したりしなければいけない。

まぁこれは、ケースを付けっぱなしで使う人にとっては全く気にならないことなので自分の都合によるものではあるのだけれども。


アラミド繊維ケースの良いところは、薄さと軽さ。

そしてXperia PRO-I本来のスタイリッシュさを維持できる一体感。

Xperia PRO-Iは、スマホであってカメラでもあるため、万が一の落下を防ぐためにも、ストラップとケースは必須アイテム。

Xperia PRO の時は純正はおろかサードパーティすらもケースやカバーが発売されず、寂しい想いをしたので?(そもそもXperia PRO をケースに入れて運用するのかというツッコミは置いといて)、各所からXperia PRO-I用のケースが出てくると選択肢があって嬉しいところでもある。

また良さそうなケースがあったら買ってみよう。

 

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:159,500 円(税込)⇒149,600 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 6,200円(税込)
1回目のみ 7,000円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。


Xperia PRO-I (XQ-BE42)
ソニーストア販売価格:198,000 円(税込)
カラー:フロストブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円
月々の支払い 8,200円(税込)
1回目のみ 9,400円(税込)

・Xperia PRO-I(XQ-BE42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・これを待っていた!悲願の1.0型イメージセンサーを搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I」現る!ポケットから一瞬で取り出して撮れる静止画と動画に納得のクオリティ。
・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。


Xperia 5II (XS-AS42)
ソニーストア販売価格:89,100円(税込)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ピンク
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,700円(税込)
1回目のみ 4,000円(税込)

・Xperia 5II(XQ-AS42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<SIMフリーモデル Xperia 5 II レビュー>
・5G対応 SIMフリー コンパクトモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。初期セットアップと基本スペックの確認、「Xperia 5 (J9260)」とのベンチマークテスト比較。
・SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」のSIMカードの利用方法とAPN設定。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの便利機能。5G利用時の注意点。
・ハイエンド機能をコンパクトボディに詰め込んだ 5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。カメラ、オーディオ、ゲームや機能性能をチェックする。


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:249,800円(税込)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 10,400円(税込)
1回目のみ 10,601円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia PROレビュー記事>
・ついに手にしたぞ!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」レビュー。無骨な外観を「Xperia 1 II」と比較、開封から初期セットアップまで。
・「Xperia PRO」だけが持つHDMI micro端子。カメラと接続して「外部モニター」や「ライブ配信」をしてみる。
・「Xperia PRO」を有線接続のオーディオプレーヤー化してみる。ステージモニターインナーイヤー「IER-M9/M7」や、業務用モニターヘッドホン「MDR-M1ST」と組み合わせた漢気セット。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)