ソニーが基本的に好き!

「Xperia 5 III(Android 12)」のベンチマークテスト「AnTuTu Benchmark」で、CPUスコアが低くなる?「Xperia 5 II」や「Xperia 1 III」などと比較、冷却実験をやってみた。


スマートフォンのパフォーマンスの指標となるベンチマークテスト「AnTuTu Benchmark」。

その「AnTuTuベンチ」アプリで、Xperia 5 III(Android 12)を計測すると、CPUスコアが低いという話を聞いて気になったのでテストてみることに。

Xperiaスマートフォン 国内SIMフリーモデルXperia 5 III (XQ-BQ42)と、前モデルとなるXperia 5II (XS-AS42)があるので、ベンチマークテストで検証比較してみる。

・Xperia 5 III(XQ-BQ42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

----------------------------

Xperia 5 IIXperia 5 III のベンチマーク結果を比較。

Xperia 5II (XS-AS42)のスペック情報 Xperia 5 III (XQ-BQ42) のスペック情報

 

Xperia 5 III (XQ-BQ42)のプロセッサーは、Qualcomm社製64ビット クアッドコアプロセッサー「Snapdragon™ 888 Mobile Platform」

5nmプロセスで製造され、CPUのクロック速度は、最大2.84GHz。

Xperia 5II (XS-AS42)に搭載するSnapdragon™ 865 比でCPUが約25%、GPUが約35%高速化したとされている。

AIエンジンの処理能力は従来の15TOPsから26TOPsへと上昇。

メモリー(RAM)はどちらも同じ8GB。

であれば、ベンチマークテストを実行した場合、CPUスコアは単純に上がってもおかしくない。


じつは「AnTuTu Benchmark」では、ベンチマークテスト結果の不正をするスマホメーカーがいくつかあった事もあって敬遠していた。

最近では「PCMark」や「3DMark」を指標とすることが多い。

けれども今回聞いた話では「AnTuTu Benchmark」で起きている現象ということだったため、あえて端末にインストールしてテストしてみることに。

「AnTuTu Benchmark」アプリは、以前はGoogle Playからダウンロードできたけれど今現在はGoogle Playからなくなってしまっているため、ブラウザからダウンロードおよびインストールする必要がある。

野良アプリ扱いのため、スマホでも注意喚起のメッセージが度々出てくるので、利用刷る場合には自己責任が伴うことを理解しよう。

そして、ベンチマークテストしてみた結果は以下のとおり。

Xperia 5II (XS-AS42)Android 11 ベンチマークテスト Xperia 5 III (XQ-BQ42)Android 12 ベンチマークテスト

 

Xperia 5II (XS-AS42)Android 11 >
トータルスコア:643000
CPUスコア:187669

Xperia 5 III (XQ-BQ42)Android 12>
トータルスコア:716284
CPUスコア:157383

トータルスコアはXperia 5 III (XQ-BQ42) Android 12のほうが高くなっているものの、CPUスコアについては確かにXperia 5II (XS-AS42)Android 11 よりも低くなっている。

なるほど、これなのかと。

※テスト時点では、Xperia 5II (XS-AS42)はAndroid 11となっているため、OSのバージョンが異なっている点には留意。

----------------------------

●Xperia 5 III の本体発熱に起因するなら冷却してみよう。


原因というか起因となるところは何なのか?

一つ気になることとして、Xperia 5 III (XQ-BQ42)は、ベンチマークテストの最中、本体背面の上部が発熱していた。

本体表面の温度を測定してみると、およそ40℃となっていたため、手に持つと明らかに熱く感じる。

Xperia 5 III (XQ-BQ42)Xperia 5II (XS-AS42)のベンチマークテスト中の温度グラフを比較すると4~5℃ほど高くなっていることもわかる。

スマートフォンは総じて熱の管理はされており、もしかすると規定の温度になるとCPUへの制御がかかったのかもしれない。


スマートフォンは、プロセッサーへ高負荷がかかると本体の温度が上昇するというのはよく聞く話で特にめずらしい話でもない。

けれど、もしも発熱が原因なのであればXperia 5 III (XQ-BQ42)の本体を冷やしながらベンチマークテストすればいいんじゃないか?

という事で、ちょうどいいところに、ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3」があったので、これを冷却システムとして利用してみる事にする。

<参考>
・ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3」レビュー。夏の暑さを緩和してくれる救世主になるのか?

まったくもって本来の使い道とはかけ離れているので、これもまた自己責任で。

Xperia 5 III (XQ-BQ42) (素のままベンチマークテスト) Xperia 5 III (XQ-BQ42) (冷却しながらベンチマークテスト)

 

Xperia 5 III (XQ-BQ42)Android 12>

冷却なし「Antutuベンチ」(左画像)
トータルスコア:716284
CPUスコア:157383

冷却しながら「Antutuベンチ」(右画像)
トータルスコア:794148
CPUスコア:206860

「REON POCKET 3」を使ってXperia 5 III (XQ-BQ42)の発熱する背面部分を冷却することでCPUスコアが向上!

その結果としてトータルスコアも大幅に延びていた。

ゲーミングスマートフォン向けに冷却ファンが各社から発売されているのもうなずける。

どうでも良い補足情報として、「REON POCKET 3」を冷却システムとして利用するさい、冷却部の接地面をピタっとくっつける事と、本体をホールドするにはある程度工夫が必要。

----------------------------

●(番外編)Xperia 1 III だったらどうなのか?


同じプロセッサー「Snapdragon™ 888を搭載しているXperia 1 III (XQ-BC42)だとどうなのか?

気になったので、同じく「AnTuTu Benchmark」をテストしてみた。

Xperia 5 III (XQ-BQ42)との違いは、メモリー(RAM)は16GBとなっていることと、外観的にボディサイズの違い。

Xperia 1 III (XQ-BC42) (素のままベンチマークテスト) Xperia 1 III (XQ-BC42) (冷却しながらベンチマークテスト)

 

Xperia 1 III (XQ-BC42)Android 12>

冷却なし「Antutuベンチ」(左画像)
トータルスコア:782379
CPUスコア:187234

冷却しながら「Antutuベンチ」(右画像)
トータルスコア:823983
CPUスコア:211340

ベンチマークテストの結果として、Xperia 1 III (XQ-BC42)のCPUスコアはXperia 5 III (XQ-BQ42)のように極端に落ち込むことなく、メモリースコアの高さもあり安定しているように見える。

ただ、当然ながら本体の背面は高負荷によって発熱している。

それでも本体サイズの大きさからくる内部構造の違いもあり、排熱効率のぶんだけプロセッサー性能を維持できているものと推測できる。

さらに、先の実験と同じように「REON POCKET 3」を使ってXperia 1 III (XQ-BC42)の発背面部分を冷却してベンチマークテストしたところ、こちらも効果が現れてCPUスコアがのびトータルスコアもさらに上がっていた。

 

----------------------------

●Xperia 5 III のCPUベンチスコア低下はSoCに起因するのかも?

Xperia 5 III (XQ-BQ42)Android 12 の「Antutuベンチ」CPUスコアが低くなっているのは、おそらくSoC(CPUやGPU)の発熱が影響しているのだと思われる。

もしかすると、Android 12と「Snapdragon™ 888の組み合わせで、発熱による電力制限かなにかに引っかかってCPUスコアが低くなっているのかもしれない。

スマートフォンは、さすがに大きなPCと違って非常にコンパクトなため、発熱に対してはシビアな設計でありボディを直接手で触るためその熱を感じやすい。

OSのチューニングなどで改善されれば良いけれど、それはあくまでもベンチマークテストの話。

ベンチマークテスト結果がそのまま使い勝手に直結しているわけでもないので、実際に使っていて特に不便もないのであればそこまで気にしなくて良いような気もする。

ただ、実証実験からして続きは気になるので今後もアップデート後にどういった挙動になるかはウォッチしてみよう。

 

-----------------------------

SIMフリーモデル Xperiaレビュー


・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・データ1GBまで0円/月の「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の魅力と注意点。Xperia SIMフリーモデルでの利用方法やAPN、デュアルSIMの設定。1GBを超えないためのチップスなど。

・Xperia SIMフリーモデルで利用するならどれ?3キャリアの新料金プラン「ahamo」「LINEMO」「povo」を、楽天モバイル( Rakuten UN-LIMIT V )を含めて比較してみる。
・「ahamo」は、NTTドコモの既存プランと比べて本当にオトクなのか?を検討してみる。スマホ/PCのwebから申し込み。「ahamo」に対応するXperiaの機種を確認。
・「ahamo」の利用方法とAPN設定。Xperia SIMフリーモデルのデータ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの設定など。
・「ahamo」を新規契約して、Xperia SIMフリーモデルのAPN設定や開通作業のやり方。デュアルSIM利用時のデータ通信や音声通話を使い分けの設定など。

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:159,500 円(税込)⇒149,600 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 6,200円(税込)
1回目のみ 7,000円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。


Xperia PRO-I (XQ-BE42)
ソニーストア販売価格:198,000 円(税込)
カラー:フロストブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円
月々の支払い 8,200円(税込)
1回目のみ 9,400円(税込)

・Xperia PRO-I(XQ-BE42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・これを待っていた!悲願の1.0型イメージセンサーを搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I」現る!ポケットから一瞬で取り出して撮れる静止画と動画に納得のクオリティ。
・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。


Xperia 5 III (XQ-BQ42)
ソニーストア販売価格:114,400 円(税込)
カラー:ブラック/ピンク/グリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,100円(税込)
1回目のみ 5,900円(税込)

・5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 III(XQ-BQ42)」レビュー。フラッグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のスペックと機能を詰め込んだコンパクトボディが魅力。


Xperia 5II (XS-AS42)
ソニーストア販売価格:89,100円(税込)⇒79,200円(税込)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ピンク
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,700円(税込)
1回目のみ 4,000円(税込)

・Xperia 5II(XQ-AS42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<SIMフリーモデル Xperia 5 II レビュー>
・5G対応 SIMフリー コンパクトモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。初期セットアップと基本スペックの確認、「Xperia 5 (J9260)」とのベンチマークテスト比較。
・SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」のSIMカードの利用方法とAPN設定。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの便利機能。5G利用時の注意点。
・ハイエンド機能をコンパクトボディに詰め込んだ 5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。カメラ、オーディオ、ゲームや機能性能をチェックする。


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:249,800円(税込)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 10,400円(税込)
1回目のみ 10,601円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia PROレビュー記事>
・ついに手にしたぞ!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」レビュー。無骨な外観を「Xperia 1 II」と比較、開封から初期セットアップまで。
・「Xperia PRO」だけが持つHDMI micro端子。カメラと接続して「外部モニター」や「ライブ配信」をしてみる。
・「Xperia PRO」を有線接続のオーディオプレーヤー化してみる。ステージモニターインナーイヤー「IER-M9/M7」や、業務用モニターヘッドホン「MDR-M1ST」と組み合わせた漢気セット。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)