ソニーが基本的に好き!

SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。


・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
の続き。

SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、前モデルにあたる「Xperia 1 II (XQ-AT42)」からの性能アップに加えて、対応バンドの幅広さがさらに改善されている。

特に、「Xperia 1 II (XQ-AT42)」が非対応だった楽天モバイルの5G(sub6)への対応や、キャリア4G周波数の5G転用バンドにも対応したことで、国内で現存するバンドにほぼすべて対応したと思われる。

とは言え、本当に受信できるのか?と、気になったので実際に試してみた。

・ソニーの最新技術を結集した5Gフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 III』のSIMフリーモデルを国内向けに発売、本日10月26日より予約受付開始
新サービス「BRAVIA CORE for XPERIA」提供開始、新カラー「フロストグリーン」追加

 

-----------------------------

●SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」の対応バンド。


SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gについてはミリ波の対応はしていないものの、sub-6についてはすべてのキャリアに対応

LTEについても全てのキャリアのプラチナバンドに対応、各キャリアモデルが対応していない他キャリアのバンドについてもほぼ網羅している。

これが国内SIMフリーモデルの魅力。

そして以下が、主要キャリアとバンドの対応表。


楽天モバイルは、5G sub6:n77、n257、4G LTE:3、18/26(パートナー回線)ですべてのバンドで対応。

そして、「Xperia 1 III(XQ-BC42)」では、auやSoftbankが積極的に進めている4G周波数の5G転用バンドであるn3n28に対応しているところが注目ポイント。

4Gの帯域を5Gに割り振るため既存の4G対応だけでは回線状況が悪化する可能性がある。

そこで問題となるのが、バンドは対応していても実際にそのキャリアでつながるかどうか。

キャリアが主導で販売しているモデルではないため、そのあたりの電波まで掴むという保証があるわけではない。

SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」のスペックページをみても、5Gの項目には以下のような注意書きがある。

[通信事業者によっては、端末が対応のバンドであっても通信できない場合があります]

このあたりは、実際に試してみないとわからない。

そこで、楽天モバイル 5G(sub6)に対応しているのか?やキャリア4G周波数の5G転用バンドのエリアと思われる地域で実際に電波をつかむのか?を試してみることにした。

 

-----------------------------

●povo2.0(au)と楽天モバイルのエリア展開を確認する。(地方在住のつらさを実感)


まずは、その対応エリアに行かなければ始まらない。

手元に、povo2.0(au)楽天モバイルのSIMがあるため、この2つの5Gエリアを検索してみた。

(Softbank系はSIMを持ち合わせていないため割愛。)

auの関東地域のエリア表を見てみると、まだらになっている部分は多いものの、5G NR化(4Gから転用)と5G sub6が利用できるエリアが増えてきているのがわかる。

一方で、中国地方(広島、山口)のエリアの一部を見てみると…

5G subも5G NR化(4Gから転用)もかなり残念な状態。

4G LTEを表す淡い黄色が地図全域に広がって、まだまだ4G LTEの強さを実感する。(ミリ波は小さすぎるため、縮尺の関係で表示されていない。)

 

次に楽天モバイルのエリア展開。

関東地域では、楽天モバイルの自社回線となる4G LTEでかなり埋まっているのとは対象的に、5G sub6エリアの展開は非常に寂しい。

主要都市でこの状態となると地方ではだいたい想像がつく。

中国地方(広島、山口)では、楽天モバイルの自社4G LTEエリア展開がまだ発展途上。

広島都市部では徐々に埋まってきているものの、少しでも郊外に行くとすぐにパートナー回線になってしまう。

5G sub6エリアもあるにはあるけれどそれもごく一部。

ミリ波に関してはこの縮尺ではほぼないに等しい。

地域差がかなりあるので、地方在住者にとっては検証するに現地に行くまでの行程はちょっとした旅行気分。

 

-----------------------------

●実際に対象となるエリアに行って通信テストしてみた。

auは、山口県大竹市にある5G NR化として表示されている場所へ。

楽天モバイルは、山口県岩国市の錦帯橋近くのエリアに行ってみた。

SIM1 がau(KDDI)、SIM2が楽天モバイル

au(KDDI)対象エリアで試してみると、ステータスバー左側(SIM1)に5Gのピクトが表示され、アプリ内に5G NSAとして表示。

無事つながっていることを確認。

次に楽天モバイルの対象エリア。

こちらもステータスバー左側(SIM2)に5Gのピクトが表示され、アプリ内に5G NSAとして表示。

無事つながっていることが確認できた。


楽天モバイルのについては、簡易的にスピードテストを試してみた。

結果としては、超高速とは言えないもののそれなりの速度で通信できている様子。

レイテンシについても10ミリ秒となかなか良好な値。

近隣の実際にエリアに行ってテストしてみた結果、従来モデル(SIMフリーモデルXperia 1 II (XQ-AT42)など)で対応できていなかったauの5G NR化楽天モバイルの5G(sub-6)についても対応していることがわかった。

Softbankについては今回実試していないけれど、おそらく問題なく5G NR化にも対応していると思われる。

 

-----------------------------

●エリアはまだまだ発展途上ではあるけれど、長期使用するならSIMフリーモデルはおすすめ。


Xperia 1 III (XQ-BC42)Xperia PRO-I (XQ-BE42)はデュアルSIMに対応して、nanoSIMを最大2枚まで使用できる。

2枚のSIMカードを利用する場合にはmicroSDカードが利用できなくなるものの、本体ストレージが512GBと非常に大きくなったこともあって、容量不足になることもまずないと言っていい。

対応バンドについては、SIMフリーモデルならではの対応バンドの広さに加えて、4G周波数の5G転用バンドや楽天モバイルの5G sub6にまで対応していることがわかった。

ミリ波については非対応ではあるけれど、エリアの狭さと展開の遅さもあって実用としてはほど遠いことと、エリア展開もあまり期待できないのも事実。

それに引き換え、5G sub6やNR化は一気に普及が進むと思われる。

0円運用がほぼ可能な楽天モバイルやpovo2.0にも使える事がわかったし、メイン回線とともにデュアルSIM運用には、Xperia 1 III (XQ-BC42)Xperia PRO-I (XQ-BE42)は最適だと思われる。

 

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。

 

-----------------------------

●ソニーストアで購入するお得なメリット。

・ソニーストアご愛顧感謝特典

ソニーストアで購入する場合、販売価格から「お買い物物券」による値引きが可能。

My Sony ID登録者に特定のタイミングで付与される「ご愛顧感謝特典のお買い物券」も使用可能。

まだMy Sony IDを登録していない人は、この機会に登録することをオススメ

・提携カード決済なら、いつでも3%OFF

決済にソニーストア提携カードを利用すると、ソニーストアで販売しているすべての商品が販売価格から3%割引された価格で購入できる。

こちらは全て値引きされた最終価格から、3%OFFされる。

期間限定で、SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」を購入すると10,000円をキャッシュバックするキャンペーンが行なわれている。

かなりお買い得に購入することができる。

 

-----------------------------

いざという時の保証がつけられる安心感「Xperiaケアプラン」


ソニーストアで独自に用意された「Xperia ケアプラン」

故障・水濡れ・全損など、いざというとき交換機を用意してもらえる。かつ負担金上限5,000円で、何度でも修理に出せるというもの。


Xperia購入時に加入する必要があり、月払い550円(税込)か、年払い5,500円(税込)の維持費が必要。

修理費用は、上限5,500円(税込)で何度でも利用可能。

万が一、修理できない場合でも同等機種に有償で交換してもらえる。(1年間に2回まで)

<交換機負担金(利用回数 1年間に2回まで)>
Xperia PRO-I 22,000円(税込) 
Xperia 1 III 16,500円(税込)
Xperia 1 II,Xperia 5 II 11,000円(税込)
Xperia 1,Xperia 5 7,700円(税込)

海外端末などでは、修理したくてもできないといったケースもある事を考えると、有償サービスでも非常に安心感はものすごく大きい。

 

-----------------------------

●24回までの分割金利手数料が無料。


キャリアモデルのように月々に分割して購入したい場合は、ソニーストアの24回まで分割払手数料が0円が便利。

「Xperia 1 III(XQ-BC42)」 159,500円(税込)

月々の支払い 6,600円(税込)
1回目のみ7,700円(税込)

「Xperia PRO-I(XQ-BE42)」 198,000円(税込)

月々の支払い 8,200円(税込)
1回目のみ9,400円(税込)

当たり前に製品を購入するだけなので、通信プランにまつわる契約更新や解約金のトラップなどはない。

・買取サービスや分割手数料無料などのおトクなサービスから、あんしん保証の「Xperia ケアプラン」まで、SIMフリー Xperiaのご購入、買い替えはソニーストアにおまかせ

 

 

 

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia PRO-I (XQ-BE42)
ソニーストア販売価格:198,000 円(税込)
カラー:フロストブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円
月々の支払い 8,200円(税込)
1回目のみ 9,400円(税込)

・Xperia PRO-I(XQ-BE42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・これを待っていた!悲願の1.0型イメージセンサーを搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I」現る!ポケットから一瞬で取り出して撮れる静止画と動画に納得のクオリティ。
・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。

 


Vlog Monitor(XQZ-IV01)
ソニーストア販売価格:24,200 円(税込)


Style Cover Leather for Xperia PRO-I(XQZ-CLBE)
ソニーストア販売価格:8,800 円(税込)


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:159,500 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 6,600円(税込)
1回目のみ 7,700円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。


Xperia View(XQZ-VG01)
ソニーストア販売価格:29,700 円(税込)


Xperia 1 II (XQ-AT42)
ソニーストア販売価格:108,900 円(税込)
カラー:特別色フロストブラック/ホワイト/パープル
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 4,500円(税込)
1回目のみ 5,400円(税込)

・Xperia 1 II(XQ-AT42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia 1 IIレビュー記事>
・「Xperia 1 II」に備わる「Photography Pro」の項目とメニューをすべてチェックしてみた。撮るそのときに自分の想いを反映する楽しさがあるカメラアプリ。
・ついに手にした SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」、フロストブラックの質感の高さが異常なまでのカッコよさ!
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」を初期セットアップとスペックを知るためのベンチマークテスト。メモリー(RAM)12GB、ストレージ(ROM)256GBの恩恵は大きい
・いつも持ち歩くXperiaで高音質ストリーミングを聴こう。サブスク(音楽聴き放題サービス)がハイレゾ化すると音楽ライフが一段と楽しくなる。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II / Xperia 1 / Xperia 5」のデュアルSIMを活かす。サブ回線として、1年間無料&解約料無料の「Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみる。
・スマートフォン「Xperia 1 II (XQ-AT42)」をソニーストアで大幅値下げ!デュアルSIM搭載&メモリー/ストレージ増量のSIMフリーモデルがお買い得に!


Xperia 5II (XS-AS42)
ソニーストア販売価格:99,000円(税込)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ピンク
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 4,100円(税込)
1回目のみ 4,700円(税込)

・Xperia 5II(XQ-AS42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<SIMフリーモデル Xperia 5 II レビュー>
・5G対応 SIMフリー コンパクトモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。初期セットアップと基本スペックの確認、「Xperia 5 (J9260)」とのベンチマークテスト比較。
・SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」のSIMカードの利用方法とAPN設定。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの便利機能。5G利用時の注意点。
・ハイエンド機能をコンパクトボディに詰め込んだ 5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。カメラ、オーディオ、ゲームや機能性能をチェックする。


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:249,800(税込)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 10,400円(税込)
1回目のみ 10,601円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia PROレビュー記事>
・ついに手にしたぞ!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」レビュー。無骨な外観を「Xperia 1 II」と比較、開封から初期セットアップまで。
・「Xperia PRO」だけが持つHDMI micro端子。カメラと接続して「外部モニター」や「ライブ配信」をしてみる。
・「Xperia PRO」を有線接続のオーディオプレーヤー化してみる。ステージモニターインナーイヤー「IER-M9/M7」や、業務用モニターヘッドホン「MDR-M1ST」と組み合わせた漢気セット。

 

-----------------------------

●Xperiaキャンペーン


Xperiaでスマホ改革 ソニーストアが、はじめます! Xperia買うならソニーストア

 


・スマホあんしん買取サービス


・24回まで分割払手数料が【0円】

 

・PS5抽選外れて涙目、SIMフリーモデル「 Xperia 1 II」フロストブラックが超カッコイイ、α7Cを便利にする作戦失敗!! ”ソニーが基本的に好き。Live”(2020年10月31日配信)

・Xperia 国内SIMフリーモデルの魅力を解説、「Imaging Edge Webcam」使ってみた、α7S IIIの凄さを動画で解説 ”ソニーが基本的に好き。Live”(2020年8月22日配信)

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)