ソニーが基本的に好き!

VAIO SXシリーズの技術を受け継いだ5年ぶりに登場の13.3型モバイルPC「VAIO S13」 2022年モデルレビュー(その1)新しくなったデザインと最新世代のインターフェースを搭載。


VAIO㈱から、4月に発表された第12世代Coreプロセッサー搭載「VAIO S15」に続いて、「SXシリーズ」、そして長らく発売されていなかった「VAIO S13」にも第12世代Coreプロセッサーを搭載した新モデル「VAIO S13」が登場。

「SXシリーズ」は、フラグシップモデルの「VAIO Z」を超えるほどのCPUパフォーマンスをもつほど。

今回の新モデル「VAIO S13」は低電圧Uプロセッサーを搭載してどう仕上がっているのか?

まずは外観的から。

・大きさ・軽さ・性能のバランスに優れたモバイルPC「VAIO S13」発表|VAIO株式会社
・VAIO(パーソナルコンピューター)|ソニーストア

---------------------------

●マグネシウム合金採用のボディデザイン。


新しい「VAIO S13」は一見すると、「VAIO SX14」かと思われるけれど、それよりも少し小さい。

細かい部分のデザインは異なっているもののSXシリーズをより法人向けにした立ち位置。

「VAIO SX12」と「VAIO SX14」の中間に位置する大きさで、クラムシェルのスタイルをそのまま洗練したデザイン。

天板は「立体成型カーボン天板」ではなく、「マグネシウム合金」を採用して、ひんやりとした金属感がある。

SXシリーズと異なる点はもうひとつ。

ディスプレイ側を持ち上げるだけで開くことができる「ワンハンドオープン」には対応していないので、PCを開くには両手を使う必要がある。

ディスプレイは狭ベゼル化していて、従来モデルよりもすっきりとしている。


新型「VAIO S13」

従来「VAIO S13」

以前のモデルと比べると、見た目に明らかな違いが判る。

やはり5年ぶりの新型とあって、ボディの進化がうかがえる。

側面まで「マグネシウム合金」が回りこんでおり、ディスプレイ上部の高感度アンテナが配置されている樹脂部分と綺麗に分かれている。

オーナメントは「VAIO S13」らしい金属のプレートタイプでも、従来とはデザインが異なりより洗練されている。

底面は「VAIO Z」、「SXシリーズ」のようにヒンジ部分が膨らんだ形になり角の処理も非常によく似たデザイン。

吸気部分は「VAIO Z」、「SXシリーズ」同様、底面から確認できる位置に移動している。

底面は樹脂が使われている。

4G LTEを搭載した場合、底面にSIMスロットが備わる。

開閉カバーはこの位置。


キーボードは、VAIO Z、VAIO SXから受け継いだものが従来モデルから使われており、キーピッチ19mmのフルサイズキーボード

一つ一つのキートップが独立したアイソレーションキーボードとなる。


キーストロークは、従来モデルからかわらず1.5mm

キーをおした時の沈み込みが深くなり、きちんと指で押している感触を感じられる。

ぐらつかない安定性と、キートップは真ん中が少し凹んだ皿のような形。

キートップにはUV硬化塗料されているおかげで、キートップの指紋のテカりは目立ちにくくなっている。

キーボードバックライトは搭載されていない。


パームレストはアルミ製。

タッチパッドは従来の「VAIO S13」から約45%も大型化している。


指紋認証センサーについても独立した形から、「VAIO Z」、「VAIO SX」と同様に電源ボタンと一体の形となっている。

こちらは、指紋認証非搭載の選択もできる。


フロントカメラについても、フルHDカメラが選択可能、物理的にカメラを閉じるカメラプライバシーシャッターが実装されている。

Windows Hello顔認証に対応している。

目に見えない部分だけれど、カメラ機能は強化されていて実使用時に便利な機能が多数搭載されている。

搭載端子はVAIO SX12、VAIO SX14と同様。

USB Type-C端子は、両ポートともThunderbolt 4に対応。

またThunderbolt 4の他、USB4USB3.1USB Power Delivery(USB PD)Displayport 1.4に対応している。

多機能ハブ、ドッキングステーションに加えて外付けGPUボックスなどThunderbolt 3以上の規格が必要だったアクセサリをつなげることが可能。

充電/給電はUSB Type-Cから行ない、両ポートどちらからでも充電可能。

そのため充電専用の端子はなくなっているため、充電端子は右側に集中している。

使用頻度の少なくなりつつあるVGAポートやSDカードスロットについては、変換アダプタや別途リーダーを用意する必要がある。

USB Type-Aは両側にあって、より高速な通信を行なうためのUSB Type-Cも2つ、電源で1つ使用していたとしてももう一方を使用することが可能で、使い勝手は良い。

新型「VAIO S13」と「VAIO SX14」とのサイズを比較。

「VAIO SX14」が従来のVAIO S13からディスプレイを大型化させたのに対して、新型「VAIO S13」は逆にディスプレイサイズそのままに本体サイズを小さくするという発展のしかた。

重ねてみると、思っているよりもずいぶんと大きさが違う。

本体サイズと重量について確認。

新型「VAIO S13」のサイズは、約幅305.8mm×高さ14.4~18.4mm×奥行215.1mm、最軽量で約1,050g。

従来のVAIO S13のサイズは、約幅320.4mm×高さ15.0~17.9mm×奥行216.6mm、最軽量で約1,060g。

VAIO SX12のサイズは、約幅287.8mm×高さ15.0~17.9mm×奥行205.0mm、最軽量でVAIO SX12:899g。

VAIO SX14のサイズは、約幅320.4mm×高さ13.3~17.9mm×奥行222.9mm、最軽量でVAIO SX14:1,046g。

マグネシウム合金を使用しているため、重量はどうしても少し重くなる。

VAIO SXシリーズの技術を受け継いだ5年ぶりに登場の13.3型モバイルPC「VAIO S13」、2022年モデルレビュー(その2)第12世代Intel Core プロセッサーや第4世代ハイスピードSSDを搭載するパフォーマンス。
へ続く

 

---------------------------

●2022年モデルVAIO S13の販売価格

「VAIO S13」の販売価格は144,800 (税込) 〜。

標準的な構成にした場合は、159,800(税込)~となる。

 

---------------------

「VAIO S13」ラインナップ


「VAIO S13」<13.3 型ワイド 個人向けモデル>(2022年7月発売モデル)
VJS1341
[13.3型ワイド液晶]
カラー:ブラック、シルバー

Celeronプロセッサーモデル
ソニーストア販売価格:144,800円(税込)~

※Celeron 7305、8GB、128GB

Coreプロセッサーモデル
ソニーストア販売価格:159,800円(税込)~

---------------------

「VAIO SX12」ラインナップ


新スタンダードモバイル「VAIO SX12」<12.5 型ワイド 個人向けモデル>
VJS1251
[12.5型ワイド液晶]
カラー:アーバンブロンズ、ブライトシルバー、ファインホワイト、ローズゴールド、ファインブラック

Celeronプロセッサーモデル
ソニーストア販売価格:159,800円(税込)~

※Celeron 7305、8GB、128GB

Coreプロセッサーモデル
ソニーストア販売価格:174,800円(税込)~


新スタンダードモバイル「VAIO SX12」<12.5 型ワイド 個人向けモデル>|ALL BLACK EDITION
VJS1251
[12.5型ワイド液晶]
カラー:ALL BLACK EDITION
ソニーストア販売価格:273,500 円(税込) 〜
※i7-1280P(14コア20スレッド)、メモリ16GB、ストレージ256GB

「VAIO SX14」ラインナップ


大画面モバイル「VAIO SX14」<14.0 型ワイド 個人向けモデル>
VJS1451
[14.0型ワイド液晶]
カラー:アーバンブロンズ、ブライトシルバー、ファインホワイト、ファインブラック

Celeronプロセッサーモデル
ソニーストア販売価格:159,800円(税込)~

※Celeron 7305、8GB、128GB

Coreプロセッサーモデル
ソニーストア販売価格:174,800円(税込)~


大画面モバイル「VAIO SX14」<14.0 型ワイド 個人向けモデル>|ALL BLACK EDITION

VJS1451
[14.0型ワイド液晶]
カラー:ALL BLACK EDITION
ソニーストア販売価格:273,500 円(税込) 〜
※i7-1280P(14コア20スレッド)、メモリ16GB、ストレージ256GB

---------------------

●やりたいこと、全部入りオールインワンPC「VAIO S15」


やりたいこと、全部入りオールインワンPC「VAIO S15」

ご注文開始予定:2022年6月14日
発売開始(最速お届け)日:2022年7月1日

VAIO S15
ソニーストア販売予定価格:149,800円(税込)~
Windows 11,Core i3,メモリー8GB,スタンダードSSD128GB,DVDマルチドライブ,Officeなし構成
カスタマイズ可能

VAIO S15 | ALL BLACK EDITION
ソニーストア販売予定価格:268,800円(税込)~
*Windows 11,Core i9,メモリー16GB,第四世代ハイスピードSSD256GB,ブルーレイディスクドライブ,Officeなし構成
カスタマイズ可能

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)