ソニーが基本的に好き!

ソニー海外公式で、ワイヤレススピーカーXシリーズの新型「SRS-XG300」、「SRS-XE300」、「SRS-XE200」を発表。2022年7月発売、価格は300~150ユーロ。


6月2日、ソニーは海外公式に、重低音で音楽を楽しめる、EXTRA BASS(エクストラベース)シリーズではなく、新たに大音圧でクリアな高音質と豊かな重低音を楽しめる新シリーズ「Xシリーズ」として、「SRS-XG300」、「SRS-XE300」、「SRS-XE200」を発表。

全てバッテリーを搭載したポータブルスピーカーで、歪みの少ないパンチの効いた低音、高品質なサウンドと強力な音圧を、長時間駆動可能。

海外での発売は2022年7月予定。

価格はそれぞれ「SRS-XG300」:300ユーロ、「SRS-XE300」:200ユーロ、「SRS-XE200」:150ユーロとなっている。

・Sony expands its wireless X-Series speaker range with three new models that let you LIVE LIFE LOUD
・アクティブスピーカー/ネックスピーカー | ソニー

---------------------

●「SRS-XG300」

重低音で音楽を楽しめる、EXTRA BASS(エクストラベース)シリーズではなく、新たに大音圧でクリアな高音質と豊かな重低音を楽しめる新シリーズ「Xシリーズ」として「SRS-XG300」が登場。

あらゆるジャンルの音楽を、重低音の効いた大音量と高音質で楽しみ、人生を豊かに彩るという「LIVE LIFE LOUD(リブ ライフ ラウド)」がコンセプト。

昨年発売された「SRS-XG500」がコンパクトになったモデル。

大きさは、「SRS-XG500」が約460mm×256mm×215mm・約5.6kgだったのに対して、「SRS-XG300」は約318mm×138mm×136mm・約3kgとなっている。


共通して、限られたサイズの中で、振動板の面積を拡大させたソニー独自の「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。


「SRS-XG300」は、約61mm×68mmの矩形ウーファーの「X-Balanced Speaker Unit」に加えて、直径約20mmのトゥイーターも搭載。

広がりのある高音質と明瞭で豊かな重低音を実現。

低域を増強する「パッシブラジエーター」を2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用し、両サイドへ配置してキレと存在感のある低音域を実現。

バッテリー持続時間は、25時間

10分の充電で、最大70分駆動する充電にも対応している。

また充電中も電源は切れないため、給電充電しながらの使用も可能。

持ち運び用のハンドルは、格納式で使用していないときにはしまうことができるため、デザイン的にじゃまにならない。

左右のパッシブラジエーターに、イルミネーションを配置。

音楽のビートに同期して、色が変化し、発光パターンはアプリから制御できる。

防水・防塵対応で、IP67に対応しているため、屋外でも安心して使用できる。

背面に充電用のUSB Type-Cがある他、オーディオ入力用のジャック、他のデバイスを充電するためのUSB Type-A端子も装備する。


Bluetoothコーテックは、SBCAACに加えて、SBC比で最大約3倍の情報量を伝送することができる「LDAC」を採用。

LDAC対応のウォークマンやXperiaなどから、ワイヤレスでも高音質なサウンドが楽しめる。

マイクも搭載しているため、通話も可能。

エコーキャンセルされるため、スピーカーであってもクリアな会話をすることができる。

「Party Connect」機能を使用すると、最大100台のワイヤレススピーカーと音楽を同期できる。

カラーバリエーションは、ブラックとグレーの2色。

---------------------

●「SRS-XE300」、「SRS-XE200」

 

「SRS-XE300」、「SRS-XE200」は、ソニー独自の「Line-Shape Diffuser」構造により、ラインソースを作成し、広いサウンドフロント全体に音響エネルギーをより均等に分散して広いエリアに音楽を届ける事ができるポータブルワイヤレススピーカー。

 


「SRS-XE300」

「SRS-XE200」

 

ラインシェイプディフューザーを使用すると、スピーカーの前面に音が広がり、スピーカーの正面でも側面でも同じ音質を楽しむことができる。

従来のスピーカーに比べて、広範囲にまんべんなく同じ音質を届けることができる。

従来のスピーカーとは異なり、ほとんどのエネルギーがコーンの中心から集束するため、独自のラインシェイプディフューザーは狭い開口部から音を再集束する。

音圧の増加により、音はスピーカーからさらに遠く、より広く、各方向に均等に広がる。

 


「SRS-XE300」

「SRS-XE200」

 

限られたサイズの中で、振動板の面積を拡大させたソニー独自の「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。

ユニットの非円形形状は、スピーカーの振動板の面積を最大化するだけでなく、パンチの効いた低音の音圧を増加させるだけでなく、同じ音圧を維持しながらドライバーの可動域を減らし、歪みを少なくする。

ユニットの中心を外れたデザインと最適化された重量バランスは、明瞭さを高めて、音の届く範囲をより広くする。

低域を増強する「パッシブラジエーター」を2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用。

防水・防塵対応で、IP67に対応。

日常使用で起こる、衝撃、衝突、擦り傷などに耐えることができる。

バッテリー持続時間は、「SRS-XE300」が24時間、「SRS-XE200」が16時間。

10分の充電で、最大70分駆動する充電にも対応している。

また充電中も電源は切れないため、給電充電しながらの使用も可能。

マイクも搭載しているため、通話も可能。

エコーキャンセルされるため、スピーカーであってもクリアな会話をすることができる。

マイクミュートボタンもあるため、すぐにミュートすることも可能。

立てた状態であれば、ラインシェイプディフューザーのサウンドを最大限利用できる。

横においた場合は、アプリで設定することでステレオオーディオ再生も楽しむことができるようだ。

背面のキャップを開くとUSB Type-Cがある。

「SRS-XE200」には、背面にストラップ用のホールがあり、ストラップを取付可能。


Bluetoothコーテックは、SBCAACに加えて、SBC比で最大約3倍の情報量を伝送することができる「LDAC」を採用。

LDAC対応のウォークマンやXperiaなどから、ワイヤレスでも高音質なサウンドが楽しめる。

カラーバリエーションは、「SRS-XE300」がブルー・ライトグレー・ブラック、「SRS-XE200」がオレンジ・ブルー・ライトグレー・ブラック。

現時点での国内での発表および発売は未定。

---------------------

●屋内外で楽しめる高音質かつパワフルなワイヤレススピーカー。


ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XG500」
ソニーストア販売価格:49,500円(税込)
●長期保証サービス(3年ベーシック)付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

 
ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XP500」
ソニーストア販売価格:44,000円(税込)
●長期保証サービス(3年ベーシック)付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB43」
ソニーストア販売価格: 25,300円(税込)⇒23,100円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB33」
ソニーストア販売価格: 19,800円(税込)⇒ 17,600円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)