ソニーが基本的に好き!

ソニーとHonda、モビリティ分野の新会社名は「ソニー・ホンダモビリティ株式会社(Sony Honda Mobility Inc.)」。ド直球なネーミングに期待度が加速する。


2022年3月4日、ソニーとHondaがモビリティ分野における戦略的提携に向けて基本合意し、2022年中に合弁会社を設立を目指すと発表。

そして、同年6月16日、高付加価値のエレクトリック・ビークル(EV)の販売とモビリティ向けサービスの提供を行う新会社の設立に関する合弁契約書を締結。

社名は、「ソニー・ホンダモビリティ株式会社(Sony Honda Mobility Inc.)」となった。

・ソニーとHonda、モビリティ事業を行う新会社「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」の設立に関する合弁契約を締結
Honda | ソニーとHonda、モビリティ事業を行う新会社 「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」の設立に関する合弁契約を締結

-----------------------------

●新会社「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」の設立に関する合弁契約を締結

ソニーグループ株式会社と本田技研工業株式会社は、”新しい時代のモビリティとモビリティサービスの創造に向け、戦略的な提携に向けた協議・検討を進めることで合意”。

6月16日に、高付加価値のエレクトリック・ビークル(EV)の販売とモビリティ向けサービスの提供を行う新会社の設立に関する合弁契約書を締結。

新会社は「ソニー・ホンダモビリティ株式会社(Sony Honda Mobility Inc.)」。

Hondaが長年培ってきたモビリティの開発力、車体製造の技術やアフターサービス運営の実績と、ソニーが保有するイメージング・センシング、通信、ネットワーク、各種エンタテインメント技術の開発・運営の実績を持ち寄って、新しい時代のモビリティとサービスの実現を目指す。

新会社の設立は2022年中を予定、ならびにEV車両の初期モデルの販売開始は、2025年を想定している。

以下、公式より引用。

ソニーグループ株式会社 代表執行役 会長 兼 社長 CEO 吉田憲一郎のコメント
「ソニーは、『モビリティ空間を感動空間へ』というビジョンのもと、セーフティ、エンタテインメント、アダプタビリティの三つの領域を軸に、モビリティ事業に取り組んでいきます。この領域での学びを重ねる中で、グローバルな実績と知見を有するHondaというパートナーに出会い、この度、合弁契約の締結に至ったことを、大変嬉しく思います。今後は、モビリティにおけるHondaの最先端の環境・安全技術をはじめとするモビリティ開発力、車体製造技術及びアフターサービス運営の実績と、ソニーのイメージング・センシング、通信、ネットワーク技術及び各種エンタテインメント技術の開発・運営の実績を合わせることで、モビリティの進化への貢献を目指します。」

本田技研工業株式会社 取締役 代表執行役社長 三部敏宏のコメント
「Hondaは『意志を持って動き出そうとしている世界中すべての人』を支えるパワーとなることができる存在でありたいと願い、モビリティを通じた社会変革の原動力となるべく、環境・安全・先進領域等、新たなチャレンジを続けています。今回、先進デジタル技術に強みを持ち、新たなチャレンジへの志を共にできるソニーと合弁契約締結に至ったことを大変嬉しく思います。3月の発表以降、多くの皆様より期待の声を頂いています。新会社では、異業種の組み合わせで化学反応を起こし、新しい価値を具現化していきます。ぜひご期待ください。」

ソニー・ホンダモビリティ株式会社 代表取締役 会長 兼 CEO(予定)
本田技研工業株式会社 水野 泰秀のコメント
「モビリティの革新と新たな価値創造という大きなチャレンジのスタートラインとなる、合弁契約の締結を大変嬉しく思います。ソニーのセンシング技術やHondaの独創的なモビリティ開発力など、両社が異なる領域で持つ技術アセットを最大限に活用し、お客様に感動をお届けするモビリティとサービスを実現していきます。双方の知を集結し、新たな時代をリードしていきます。」

ソニー・ホンダモビリティ株式会社 代表取締役 社長 兼 COO(予定)
ソニーグループ株式会社 川西 泉のコメント
「『モビリティの進化への貢献』を掲げて取り組んできたこれまでの活動を具現化するにあたり、大きな節目となるこの日を迎えられたことを大変嬉しく思います。新会社では、ソニーとHondaが有する多くの強みを掛け合わせることで開発を加速し、安心・安全に根差した感動空間としてのモビリティや関連サービスの具現化を通じて、モビリティの進化をリードしていきます。」

 

-----------------------------

●「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」というどストレートな社名の胸アツ展開。(※以前の内容を更新)


2020年1月7日、ラスベガスで開催された「CES2020」で、ソニーはプレスカンファレンスの会場で電気自動車をお披露目。

ソニーは、得意とするイメージングセンシング技術をはじめ、AIや通信、クラウド技術などを活用して高度な自動運転を可能にし、さらに移動空間である車内をこれもまた自社の強みであるエンターテイメントを技術を集結させたコンセプトモデル「VISION-S」を開発。

この時、ソニーが本気で車メーカーになる事はないだろうし、自社開発しているセンサーの供給を目指しているのだろうという程度の捉え方だった。

ところがどっこい、「VISION-S」は行動走行試験をするわ、今年の「CES 2022」では、新たなフォームファクターとなるSUVタイプの試作車両「VISION-S 02」まで登場。

ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーを中心に、車内外に搭載された合計40個のセンサーを備え、車体の周囲360度を見張りつつ、自動走行、自動パーキング、自動車線変更といった、レベル 2+相当の運転支援をから、車内で運転する人も過ごす人をチェックする。

2022年春には「ソニーモビリティ株式会社」を設立。

ソニーが単にEV事業に参入するという話ではなく、エンターテインメントロボット「aibo」、ドローン「Airpeak」を含め、やロボティクス技術を活用して、誰もが日常的にロボットと共生する世界を実現し、人を感動で満たし、社会へ貢献することを目指す新会社。


たしかに、ソニーが得意とするセンサーは良しとして、車全体を作れるノウハウは大きく欠落しているのは確か。

誰しもがそう思っていたし、車体設計はどこと組むのか?という部分は一番の気になるところだった。

「VISION-S」では、オーストリアのマグナ・シュタイアに開発協力を依頼したという事だったし、雰囲気からして海外メーカーとの協業のほうがやりやすいのかもしれないと思っていた。

そこに2022年3月のソニーとHondaのコラボレーションという胸アツ展開がこようとは!

ソニーのモビリティ分野への本気度が加速して、ソニーとHondaの合弁会社「ソニー・ホンダモビリティ株式会社(Sony Honda Mobility Inc.)」誕生。

今までを振り返っても、ソニーはひとところのオーディオやビジュアルといったカテゴリーにとらわれることなく、PCやゲーム、ロボットなどチャレンジを手掛けるなどして、時代の変化に抗うことなく幾度となくチャレンジを繰り返してきた。

Hondaは、車の究極を追い求めるためにF1界に参入、その技術は市販車へと受け継がれるだけでなく、全国民がマクラーレン・ホンダにアイルトン・セナに酔いしれ感動し、Hondaへの憧れを強く心にともしたはず。

一方で車は、公道を走るという普遍的な輸送手段でありながら、今やガソリンからEVへ、そしてさらなる変化のときを迎えようとしている。

ソニーは自社の技術を最大限に活かせる車という器が必要であり、Hondaは今までの自動車という枠組みに囚われずにデジタル技術の最先端を集結した価値創造する必要があった。

思えば、ソニーの創業者である井深大氏とHonda の創業者である本田宗一郎氏が、かつて戦後の日本の中でお互いに切磋琢磨し大きな企業へと発展していった歴史やお互いにリスペクトする文化もあった。

その両社によって作られる新会社には大きな可能性が秘めているのではないか?と思わずに入られない。

奇しくも、ソニーとHONDAが基本合意した2022年3月にPlayStation5/4の王道ゲームタイトル「グランツーリスモ7」が発売に。

車への愛をゲームで再認識する。

「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」という具体的かつどストレートなネーミング。

2025年まであと3年、極端な言い方をすれば、Hondaのエンジンに、ソニーのテクノロジーをのせた、夢にまでみたソニー・ホンダが誕生。

両社の化学変化を起こしたモビリティがどういった形で具現化するときが刻一刻と迫ってきている。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
福岡市中央区今泉1-19-22 西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)