ソニーが基本的に好き!

オートフォーカスと連写性能を進化させた、高画質コンパクトデジタルカメラ「RX100V」を海外発表。

1007m
もう、この前「フォトキナ」で、α99Ⅱが出てきたかと思ったら、今度は、「RX100V」と「α6500」が発表に!

まずは、プレミアムコンパクトのRX100シリーズ5代目となる「RX100V(DSC-RX100M5)」

・Sony Announces New Addition to Acclaimed Line of Cyber-shot® RX Cameras
・Amazing AF speed, compact design 「RX100 V」
・超高速・高精度なAFに高速連写、ボディ内手ぶれ補正、背面タッチパネル液晶と進化が加わったデジタル一眼カメラ「α6500」を海外発表。

<2016年10月14日国内プレスリリース>
・世界最速0.05秒の高速AFとAF/AE追従24コマ/秒の高速連写を実現するプレミアムコンパクト『RX100 V』発売 | プレスリリース | ソニー

---------------------

●AFが強化され、圧倒的に動く被写体をとらえられるようになった「RX100Ⅴ」

1007i
高画質コンパクトデジタルカメラRX100シリーズの5代目となる「RX100V」

1インチ約2,010万画素の積層型Exmor RS CMOSセンサーを搭載。

1007l

α99Ⅱにも採用されている画像処理エンジン「BIONZ X」をサポートするフロントエンドLSIを新開発し高速化して、さらにバッファメモリーを増加して高解像度と高速連写を両立。

α7Rなどと同様に、画素の65%を占める315点のAFセンサーにコントラストAFと像面位相差AFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」を搭載。

1インチのセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラでは世界最速の0.05秒の超高速AFを実現。秒間24コマの高速連写も可能になる。

ローリングシャッター効果を抑える高速アンチディストーションシャッターも搭載。

1007k

レンズはZEISSバリオ・ゾナーT*レンズに、7枚羽根の虹彩絞りの機構を採用、レンズ焦点距離は、広角24mmから望遠70mm(F1.8~2.8)と、明るくより広角から全画素超解像ズームを併用することで139mm相当の望遠撮影ができる。

そして4Kムービー撮影も単独で可能。全画素読み出しによる高画質な4K動画撮影ができる。ただし連続動画記録時間は約5分。

ハイビジョンムービーではXAVC Sコーデック、最高100Mbpsでの録画や、S-Log2、S-Gamutにも対応する。

また、動画撮影時もファストハイブリッドAFが使える模様。4Kを撮影しながら200万画素の静止画を撮影することもできる。

スローモーション撮影は、フレームレート960fps/480fps/240fps/120fpsから、被写体のスピードに合わせて最適な倍率でスローモーション記録ができる。

1007f 1007g

電子ビューファインダーには、約235万ドットの「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」、背面モニターは、2軸チルト機構を持つ液晶ディスプレイや、フラッシュを搭載。

本体サイズは、101.6 mm x 58.1 mm x 41.1mm、重量は、バッテリー、メモリーを含むと299g

価格は、€1200、欧州で2017年1月発売予定。

1007z
また、今回新たに、水中ハウジング「MPK-URX100A」も登場する。

RX100シリーズで利用可能。

 ----------------

1007h

 

コンパクトデジタルカメラだから、という常識を覆してきたRX100シリーズが、さらにオートフォーカスと連写性能を強烈に進化させて登場したことになる。

ポケットや小さいバックにおさまるサイズで超高画質の静止画、そしてスローモーション、4K動画と収められて、まずスマートフォンには入り込めない領域をコンパクトデジタルカメラで叶えてくれる。

これは早く国内でも発表してほしい。

・超高速・高精度なAFに高速連写、ボディ内手ぶれ補正、背面タッチパネル液晶と進化が加わったデジタル一眼カメラ「α6500」を海外発表。
・超高速AF・連写性能・解像度をもったAマウントのフラッグシップモデル、デジタル一眼カメラ”α99Ⅱ” 11月に国内発売決定。
・オートフォーカスと連写性能を進化させた、高画質コンパクトデジタルカメラ「RX100V」を海外発表。
・超高速・高精度に進化した”4Dフォーカス”で撮りたいシーンを確実に残せるデジタル一眼カメラ「α6300」

・35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RⅡ」を、ソニーストア大阪で触ってきたレビュー。
・35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RⅡ」、外観レビュー。
・ついに来たよ35mmフルサイズのコンパクトデジタル一眼Eマウント”α7”!
・やたらウキウキで、初めてα7/α7Rを持って撮影してきた!
・α7を持って、横須賀港に撮影に行ってみた。
・α7にマウントアダプター+望遠レンズで、呉港に撮影に行ってみた。
・かなり楽しみに待ってた「SEL55F18Z」が来たからα7他で撮ってきてみた。
・α7で、1/1ガンダムとストライクフリーダムを狙い撃つっ( ゚д゚ )!!!
・α7にあるとかなり重宝するカールツァイスレンズ「SEL2470Z」。
・Eマウント待望のフルサイズ対応望遠ズームレンズ「SEL70200G」を使ってみよう!
・ダイナミックな広角からスナップまでを1本でこなせるフルサイズEマウントレンズ 「SEL1635Z」を使ってみよう。
・広角24mmから望遠240mm(APS-C360mm)までカバーする高倍率ズームレンズ 「SEL24240」を使ってみよう。
 ・2015年8月8日(土)、福岡天神を歩きながらデジタル一眼カメラ”α7RⅡ”を初めて使ってみた。
・9月19日(土)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(横田基地友好祭2015 編)
・9月19日(土)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(国営昭和記念公園 編)
・9月19日(土)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(銀座~築地、夜散歩 編)
・9月20日(日)、強行突破で「東京ゲームショウ 2015」に行ってきたよ!
・9月20日(日)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(伊丹空港千里堤防 編)
・2015年10月15日(木)、「平成27年度自衛隊観艦式」の事前公開(体験航海)に行ってきたよ。
・フルサイズと明るいレンズの組み合わせで背景ボケを楽しめる、単焦点レンズ(FE 50mm F1.8) 「SEL50F18F」

・”αシリーズ”Eマウントカメラの性能を出しきれる待望の望遠ズーム(FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS)「SEL70300G」。
・キリっとした解像感とふんわりとろけるボケの柔らかさがキモチイイ! FE 85mm F1.4 GM『SEL85F14GM』と格闘しながら1ヶ月ちょっと使い続けてみた。
・さーさーの葉ーさーらさらー♪の七夕飾りを撮影散歩。(α7RⅡ+SEL85F14GM)
・ビシっと決まる解像感と描写力、ポートレートからスナップまでが1本で撮りやすい、単焦点レンズ Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 「SEL50F14Z」。
・ソニークラスタのみんなで、熊本(大観峰・黒川温泉)に行ってきたよ。
・24mmから70mmまで変化できる焦点距離で、どれだけの絵が撮れるか楽しみなレンズ「SEL2470GM」

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2件のコメント

  1. より:

    動画、4Kバージョンあるみたいです!
    https://www.youtube.com/watch?v=6yDCTKjYwkk