ソニーが基本的に好き!

PS VR2 “Horizon Call of the Mountain” 同梱版 先行予約応募受付が開始!2022年11月27日(日)午後11時59分まで。過去1年で20時間以上のゲームプレイと、ソニーアカウントがMy Sony IDとサインインID共通化が必要。


PlayStation®VR2のモデルのひとつ「PS VR2 “Horizon Call of the Mountain” 同梱版」の先行予約応募受付が開始!

予約応募・購入の条件が設けられており、主にPSでゲームをしている人が対象となっている。

主要な条件は以下の通り。

・日本のソニーアカウントをお持ちの方
・ご応募するソニーアカウントでサインインしたPS5またはPS4で
 2021年11月1日から2022年10月31日までの期間に
 20時間以上のゲームプレイがあること
・ご応募するソニーアカウントがMy Sony IDとサインインID共通化されていること


・サインインID共通化のご案内 | My Sony | ソニー

今回、ご応募するソニーアカウントがMy Sony IDとサインインID共通化が必要。

既に共通化している人は、問題ないけれど、まだしていない人、しているかわからない人は、共通化の作業を行なえば確認可能。

・PlayStation VR2 先行予約応募受付のご案内 | PlayStation (日本)

・PlayStation®VR2が2023年2月22日(水)に発売決定! 希望小売価格74,980円(税込)
・PlayStation®VR2のユーザー体験をご紹介!
・PlayStation®VR2とPlayStation VR2 Sense™コントローラーのデザインを初公開
・PlayStation®VR2およびPlayStation VR2 Sense™コントローラー──PS5™で実現する次世代のVRゲーム
・PlayStation 5 | PlayStation(R) | ソニー

-----------------------------

●「PS VR2 “Horizon Call of the Mountain” 同梱版」の先行予約応募受付

内容物
VRヘッドセット × 1
PlayStation VR2 Sense コントローラー(L)/(R):ストラップ付き × 1
USBケーブル × 1
ステレオヘッドホン × 1
イヤーピース × 6
印刷物一式 × 1
PS VR2専用ソフトウェア『Horizon Call of the Mountain』ダウンロード版(プロダクトコード)× 1

申し込みを行なうと、上記の案内が表示され登録されたメールアドレスに受付完了メールが届く。

当選結果は、2023年1月10日から1月末までに段階的に連絡がくる。

おそらく応募多数による抽選となるため、他の販売店での抽選などにも申し込んでおくことをオススメする。

-----------------------------

サインインID共通化2段階認証有効化方法

 

ソニーグループのアカウントと共通化されたMy Sony IDは、2段階認証を利用できる。

その時、My Sony IDと、PSNなどで使用しているID(メールアドレス)を同じものにしておく必要がある。

2段階認証の設定は、「  お客様登録情報の変更(Eメールアドレス/パスワード/住所など) 」から行なえる。

サインインを行ない、セキュリティのタブを選択、2段階認証のステータスが無効の場合は2段階認証が適用されていないので、横の編集から有効にしていく。

・My Sony IDとソニーグループのアカウントとのサインインID共通化をやってみた。PSNの2段階認証と共存可能に。

-----------------------------

●PlayStation VR2


PlayStation®VR2
希望小売価格:74,980円(税込)
発売日:2023年2月22日(水)発売


PlayStation®VR2 “Horizon Call of the Mountain” 同梱版
希望小売価格:79,980円(税込)
発売日:2023年2月22日(水)発売
※PSユーザー向け先行予約応募受付あり

※ 応募が一定数を上回った場合は、ご応募いただいた方のなかから抽選での販売となります。
応募には条件がございます。今後、応募用サイトに記載いたしますので、事前にご確認のうえご応募ください。
商品の販売、発送はソニーマーケティング株式会社が行ないます。


PlayStation VR2 Sense™コントローラー充電スタンド
希望小売価格:5,480円(税込)
発売日:2023年2月22日(水)発売


充電端子に取り付けるタイプ。

-----------------------------

●PlayStation VR2機能紹介

シースルービュー

PS VR2は、ヘッドセットに内蔵されたカメラを利用して、ヘッドセットを装着した状態でも周囲を確認することが可能。

以前のPS VRでは、ヘッドセットを動かし隙間から確認する必要があったので、その手間がなくなりコントローラーを探す手間が減ったり、ヘッドセットのつけ外しの回数も減る便利な機能。

本体機能から、周囲の確認をできるほか、ファンクションボタンを押すことでも周囲の映像を表示することが可能。

シースルービュー中の映像は録画されないようで、プライバシーにも配慮されている。

自分のプレイ中の姿を配信

PS5用のHDカメラを追加で利用することで、自分の姿を録画し、配信することが可能。

オプション的な機能のため、PS VRの必須カメラではなくPS VR2ではなくてもプレイ自体はできる。

正直配信など行なわないのであれば、HDカメラ自体は不要なので無理に買う必要はない。

プレイエリアのカスタマイズ

ヘッドセットに組み込まれたカメラを利用して、プレイエリアをカスタマイズ可能となっている。

大まかにカメラで部屋をスキャンしたのち、PS VR2 Senseコントローラーを使用して、細かい調整を行なう。

エリアの境界に近づくと、注意を促すほか、設定したエリアは保存され、毎回設定する必要がなくなる。

PS VRの時は、カメラの設置位置を基準にプレイエリアが決められていたが、今回は場所の自由度が増している印象。

VRモードとシネマティックモード

VRモードは、VRゲームコンテンツを360度の視界で楽しめ、4000 x 2040 HDRビデオフォーマット(片目あたり2000×2040の解像度)、90/120Hzのフレームレートで表示される。

シネマティックモードは、PS5システム設定、UI、VR対応をしていない通常ゲーム、メディアコンテンツを表示できる。

1920 x 1080 HDR、24/60Hz、120Hzのコンテンツを楽しむことができる。

BDの再生やnasneなどについては記載はないものの、PS VRに比べて映像を表示する解像度も格段に良くなっているため、映像鑑賞にも向いた機器となっている。

例えば、メディアを映しつつ、周囲の映像もカメラで表示できたりすれば、ちょっとした劇場気分で、飲食をしつつ映像を楽しめそうだ。

 

-----------------------------

●VR製品も製造コスト増、円安で値上げの動きPS VR2はどうなる?

家電量販店などでも売っているMeta Quest 2は、8月1日より価格を改定する。

128GBモデル:37,180円(税込)⇒59,400円(税込)
256GBモデル:49,280円(税込)⇒74,400円(税込)

一気に2万円以上も値上げするため、かなりのインパクトがあるニュース。

PS VR2は、ある程度攻めた価格で販売されると思われるため、日本での販売価格もそこまで高額にはならないと予想するけれど、安くても逆に購入者が多くなり手に入りづらくなる悩ましい部分。

約5万円だったPS VRと同じくらいの価格なら、安すぎず高すぎる手に取りやすい価格なので、この価格以下で販売してほしいけれど、専用コントローラーが二つありなかなか価格の予想がしづらい。

 

-----------------------------

●PlayStation VR2(以前の情報)

「PlayStation VR2」では、ゲームの世界に実在しているかのような感覚がより増して、ゲームの世界に深く没入できるVRゲーム体験が可能になる。

PlayStation®5の革新的な技術に加えて、「PlayStation VR2」は高精細なビジュアル、新しいセンサー機能、トラッキング性能の進化、そしてケーブル1本でPS5に接続できたりと、次世代のVRにふさわしい体験となる予定。

今回発表された情報には、PS5の各周辺機器と一体感のあるデザインとなるよう設計されていることを発表している。

PSVR2より、両目のレンズ間距離をプレイヤーの目の間隔に合わせることができるレンズ調整ダイヤル、若干の軽量化、新しく通風孔によるレンズが曇ってしまわないよう換気効率の高い設計など様々な新規設計となっている。

精細な映像表現

「PlayStation VR2」は4K HDRディスプレイ、110度の視野角、フォービエイテッド・レンダリング(プレイヤーの中心視野ほど高解像度に、そして視野の外側にいくに従い低解像度で描画する手法)により、高品質な映像体験が可能に。また、有機ELディスプレイを採用して、片目あたり2000×2040の解像度と、90/120Hzの滑らかなフレームレートを実現。

ヘッドセットによるコントローラーのトラッキング

「PlayStation VR2」はインサイド・アウト・トラッキングを採用し、VRヘッドセットに搭載したカメラを通じて、プレイヤーとコントローラーをトラッキング。
本体以外のカメラは不要で、プレイヤーの動きや向いている方向がゲーム内に反映される。

新しいセンシング機能

PlayStation VR2 Sense™テクノロジーは、視線トラッキング、ヘッドセットフィードバック、3Dオーディオ、そして革新的なPlayStation VR2 Senseコントローラーを組み合わせることで、驚くほど深い没入感を生み出す。
ヘッドセットフィードバックは、プレイヤーがゲーム内のアクションから受ける感覚を増幅させる新たな機能。
ヘッドセットに内蔵したひとつのモーターの振動によって触覚要素を加えるもので、たとえば、緊迫した場面でのキャラクターの脈拍の上昇や、キャラクターの頭の近くを物体が通過する際の衝撃、キャラクターがスピードを上げて進む際の車両の推進力など、プレイヤーはゲームの世界を一層リアルに感じることができる。
さらに、この新たな没入感に、PS5に搭載したTempest 3Dオーディオ技術が加わることで、プレイヤーの周囲の音をリアルに再現する。

視線トラッキング

視線トラッキング機能によって、「PlayStation VR2」がプレイヤーの目の動きを検知し、特定の方向を見ただけで、ゲームキャラクターを操作することもできる。
プレイヤーとゲームキャラクターとのインタラクションがより自然に、かつ直感的なものになることで、感情の高まりや表情の豊かさなど、ゲームにおけるリアリズムを新たなレベルに引き上げる。

 

こうした「PlayStation VR2」の進化に加えて、「PlayStation VR2 Senseコントローラー」のハプティックフィードバックやアダプティブトリガーと組み合わせることで、より直感的にゲームを感じて、ゲームとインタラクトすることが可能になる。

また、PS5にケーブル1本を接続するだけで、すぐにVR体験を楽しめる簡単なセットアップを実現。

PlayStationで最大級の人気を誇るシリーズとして、『Horizon Call of the Mountain』がPlayStation VR2専用タイトルとして登場予定となっている。

 

<PlayStation VR2の主な仕様>

ディスプレイ方式: 有機EL
パネル解像度: 左右の目それぞれに2000×2040の映像を表示
パネルリフレッシュレート: 90Hz、120Hz
レンズ間距離: 調整可能
視野角: 約110度
センサー: モーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
装着センサー: IR近接センサー
カメラ: トラッキングカメラ×4
(VRヘッドセット、VRコントローラートラッキング用)
IRカメラ×2
(視線トラッキング用)
フィードバック: ヘッドセットの振動
PS5との通信: USB Type-C®
オーディオ: 入力: 内蔵マイク
出力: ステレオヘッドホン端子

<PlayStation VR2 Senseコントローラーの主な仕様>

ボタン:

[右]
PSボタン、オプションボタン、アクションボタン(○ボタン/×ボタン)、
R1ボタン、R2ボタン、右スティック/R3ボタン
[左]
PSボタン、クリエイトボタン、アクションボタン(△ボタン/☐ボタン)、
L1ボタン、L2ボタン、左スティック/L3ボタン

センシング/トラッキング: モーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
静電容量式センサー: 指検知
IR LED: ポジショントラッキング
フィードバック: トリガーエフェクト(R2/L2ボタン)、
ハプティックフィードバック(各コントローラーにつき1つのアクチュエーターを搭載)
端子: USB Type-C®端子
通信: Bluetooth® Ver5.1
電池: 種類: 内蔵型リチウムイオン充電池

 

仕様を見ると、センサーカメラ類が多くあったり、振動機能がついていたりとPS VRと比べても非常に高価なスペックが並んでいる。

もしかすると、PS5よりも高いなんてこともあり得る。

それよりも何よりPS5本体の供給と「PlayStation VR2」の生産体制に心配がなくなることを祈りたい。

PS VRの時は、ソニーストア利用者の購入金額によりソニーストアでの優先販売をしてくれたので、PS5や「PlayStation VR2」でもぜひとも導入して欲しい。

-----------------------------

●PlayStation®5 DualSense


プレイステーション 5 DualSense Edge™ ワイヤレスコントローラー
CFI-ZCP1J
ソニーストア販売価格:29,981円(税込)
予約開始日:2022年10月25日(火)以降
発売日:2023年1月26日(木)発売

内容物
・DualSense Edge ワイヤレスコントローラー
・USB編み込みケーブル (Type-C)
・標準キャップ × 2
・ハイドームキャップ × 2
・ロードームキャップ × 2
・ハーフドーム背面ボタン × 2
・レバー背面ボタン × 2
・コネクターカバー
・携帯用ケース

-----------------------------


スティックモジュール(DualSense Edge ワイヤレスコントローラー用)
CFI-ZSM1G
ソニーストア販売価格:2,680円(税込)
予約開始日:2022年10月25日(火)以降
発売日:2023年1月26日(木)発売

-----------------------------

●PlayStation5用カバー グレー カモフラージュ


PlayStation 5用カバー グレー カモフラージュ(CFIJ-16010)
希望小売価格:6,578円(税込)
発売日:2022年10月14日(金)

PlayStation 5デジタル・エディション用カバー グレー カモフラージュ(CFIJ-16011)
希望小売価格:6,578円(税込)
発売日:2022年10月14日(金)

 

-----------------------------

●DualSense ワイヤレスコントローラー


プレイステーション 5 DualSense ワイヤレスコントローラー
グレー カモフラージュ(CFI-ZCT1J06)
希望小売価格:8,228円(税込)
発売日:2022年10月14日(金)

 

-----------------------------

●PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット


プレイステーション 5 PULSE 3D(TM) ワイヤレスヘッドセット
グレー カモフラージュ(CFI-ZWH1J06)
希望小売価格:10,978円(税込)
発売日:2022年10月14日(金)

---------------------

●ゲーミングギアブランド「INZONE™」ラインナップ


ゲーミングモニター(4K 144Hz)INZONE M9
SDM-U27M90

オープン価格
ソニーストア販売価格:154,000円(税込)
●長期保証<5年ベーシック/5年ワイド>加入可能
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ゲーミングモニター(FullHD 240Hz)INZONE M3
発売日:2022年内
オープン価格
ソニーストア販売価格:未定
●長期保証<5年ベーシック/5年ワイド>加入可能
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ワイヤレスノイズキャンセリングゲーミングヘッドセット INZONE H9
WH-G900N/WZ

オープン価格
ソニーストア販売価格:36,300円(税込)
●長期保証<5年ベーシック/5年ワイド>加入可能

●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ワイヤレスゲーミングヘッドセット INZONE H7
WH-G700/WZ

オープン価格
ソニーストア販売価格:28,600円(税込)
●長期保証<5年ベーシック/5年ワイド>加入可能

●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ゲーミングヘッドセット INZONE H3
MDR-G300/WZ

オープン価格
ソニーストア販売価格:12,100円(税込)⇒9,900円(税込)
●長期保証<5年ベーシック/5年ワイド>加入可能

●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

-----------------------------

●PlayStation 5用カバー

本体カバーは5色あり、「ミッドナイト ブラック」と「コズミック レッド」が先行して2022年1月27日(木)に販売。

残りの「ノヴァ ピンク」、「ギャラクティック パープル」、「スターライト ブルー」は2022年6月17日(金)に発売。


PlayStation 5用カバー スターライトブルー (CFIJ-16004)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5用カバー ギャラクティックパープル (CFIJ-16005)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5用カバー スターノヴァピンク (CFIJ-16006)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー スターライト ブルー (CFIJ-16007)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー ギャラクティック パープル (CFIJ-16008)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー ノヴァピンク (CFIJ-16009)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5用カバー ミッドナイト ブラック (CFIJ-16000)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5用カバー コズミック レッド (CFIJ-16001)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー ミッドナイト ブラック (CFIJ-16002)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー コズミック レッド (CFIJ-16003)
ソニーストア販売価格:6,578円(税込)

「PlayStation 5用カバー」、「PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー」どちらも販売され価格は同じ希望小売価格6,578円となっている。

 

-----------------------------

●PlayStation®5 DualSense ワイヤレスコントローラーに3色の新カラーバリエーション

DualSense™ ワイヤレスコントローラーの新色3種「ノヴァ ピンク」「ギャラクティック パープル」「スターライト ブルー」は希望小売価格8,228円(税込)で2022年1月14日(金)より発売。


プレイステーション 5 DualSense ワイヤレスコントローラー
ノヴァ ピンク 「CFI-ZCT1J03」

ソニーストア販売価格:8,228円(税込)

付属品
・ワイヤレスコントローラー ×1
・取扱説明書 ×1

爆ぜる星々の圧倒的なパワーを表現した「ノヴァ ピンク」


プレイステーション 5 DualSense ワイヤレスコントローラー
ギャラクティック パープル 「CFI-ZCT1J04」

ソニーストア販売価格:8,228円(税込)

付属品
・ワイヤレスコントローラー ×1
・取扱説明書 ×1

色鮮やかで洗練された「ギャラクティック パープル」


プレイステーション 5 DualSense ワイヤレスコントローラー
スターライト ブルー 「CFI-ZCT1J05」

ソニーストア販売価格:8,228円(税込)

付属品
・ワイヤレスコントローラー ×1
・取扱説明書 ×1

宇宙を照らす星々の輝きにインスパイアされた「スターライト ブルー」


プレイステーション 5 DualSense ワイヤレスコントローラー
ミッドナイト ブラック [CFI-ZCT1J01」

ソニーストア販売価格:7,678円(税込)

付属品
・ワイヤレスコントローラー ×1
・取扱説明書 ×1

「ミッドナイト ブラック」は、色合いの異なる2色の黒を組み合わせた本体に、ボタンにはライトグレーの「△○×□」ロゴを配置。

夜空に広がる宇宙をイメージしたモデル。


プレイステーション 5 DualSense ワイヤレスコントローラー
コズミック レッド 「CFI-ZCT1J02」

ソニーストア販売価格:8,228円(税込)

付属品
・ワイヤレスコントローラー ×1
・取扱説明書 ×1

「コズミック レッド」は、宇宙に存在する独特の鮮やかな赤の色合いに着想を得た、黒と赤の印象的な配色を採用。

-----------------------------

●PlayStation®5 DualSense ワイヤレスコントローラーの特徴

PS5のコントローラーの正式名称は、「ワイヤレスコントローラーDualSense™(デュアルセンス)」

基本的なコントローラーの配置などは、「DUALSHOCK 4」から基本引き続きながら、新しい機能を搭載。

コントローラーのカラーリングについては、ツートンカラーの特徴的なデザイン。

ライトバーの見やすさを考慮しタッチパッドの両脇に配置。


表現力豊かに感触を伝える「ハプティックフィードバック」を搭載し、たとえば、車が泥道を走るときの重いずっしりとした感触など、ゲームプレイ中にさまざまな強力な感覚を表現することができるようになる。

「DualSense」のL2ボタンとR2ボタンには「アダプティブトリガー」を搭載し、弓矢を引き絞るときのような緊張感のある動作を実感できる。

「アダプティブトリガー」は、必要なコンポーネントをハードウェア内に収めながらも、握ったときに厚みを感じさせないデザイン。


「DUALSHOCK 4」に備わっていた”SHARE”ボタンは省かれ、新たに“Create”ボタンとして搭載。

“Create”ボタンは、自身のゲームプレイをもとに動画・画像コンテンツを制作したり、世界に向けてライブ配信したりできる。

また、マイクを内蔵して、フレンドとオンラインでチャットが可能。

3.5mmのヘッドセット端子につなぐことで、手持ちのヘッドセットも利用できる。

コントローラー上のミュートボタンで、簡単に会話のオンオフをコントロールできる。

内蔵スピーカーにより、コントローラーから飛び出す高音質のサウンドエフェクトを楽しめる。


USB Type-Cを介してコントローラーの充電、もしくは接続して操作可能。

加速度センサーとジャイロスコープを内蔵して、対応ゲームでより直感的なモーションコントロールを楽しめる。

「Tempest 3Dオーディオ」技術に加えて、「DualSense」の触感が組み合わさることで、よりPS5のゲームプレイに別次元の没入感をもたらすことができる可能性が広がる。

 

・PlayStation5 レビュー(その1)PS5とPS5デジタルエディションの違いや、本体の大きさや仕様を確認。外装カバーを外して拡張スロットにM.2 SSDつけてみたら、まだ早いと怒られた件。
・PlayStation5 レビュー(その2)PS5の初期セットアップとPS4からデータ移行。PS4で使っていた外付けストレージを活用しよう。


プレイステーション 5 PULSE 3D(TM) ワイヤレスヘッドセット
ミッドナイト ブラック [CFI-ZWH1J01」

ソニーストア販売価格:10,978円(税込)


PULSE 3D™ ワイヤレスヘッドセット「CFI-ZWH1J」
ソニーストア販売価格:10,978円(税込)

・PlayStation®5 |ソニーストア

・凄いぞ!PlayStation5 のファーストレビュー。大きさ比較、拡張スロットの確認、周辺機器紹介、起動してゲームプレイ etc ”ソニーが基本的に好き。Live”(2020年11月14日配信)

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
福岡市中央区今泉1-19-22 西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

 
 
LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)