ソニーが基本的に好き!

「povo2.0」が、長期間(180日間)トッピング未購入のままで利用停止になってしまったので、復旧方法を試してみた。利用再開するにはサポートに連絡する必要あり。


基本料0円から利用できる「povo2.0」が始まって約半年。

そのまま有料トッピングや電話SMSを利用していないままになっていると、順次利用停止になる。

そしてこのまま放置していると、”契約解除”となって復旧すらできなくなるため、その場合はまた改めて「povo2.0」を申し込みしなければいけない。

しかも、再申し込みについての事例がなさすぎて、制約やペナルティがあるかは不明。

自分も普段は、予備回線として持っているだけで、「povo2.0」を利用していなかった事もあって、利用停止になる注意メールが着たのち、そのまま利用停止状態になってしまった。

せっかくなので、利用停止からの復帰方法を試してみた。

<参照>
・普段は維持費を抑えつつ使いたい時に安定したau回線を使える「povo2.0」。スマホアプリから申込みしてみる。当然、Xperia 国内SIMフリーモデルは全機種対応。
・「povo 2.0」のSIMカードを新規契約、Xperia SIMフリーモデルのAPN設定や開通作業のやり方。デュアルSIM利用時のデータ通信や音声通話を使い分けの設定など。

 

---------------------

●さきに 結論


・利用停止状態だとトッピングの購入などもできないため、ネットワークがないと停止解除はできない。

・利用停止状態になると、まずチャットサポートから回線の利用再開依頼を行なう必要がある。
・チャットサポートは、混雑していなければ非常にスムーズ。
・利用再開受付から1時間程度で、回線が復帰。
・回線復帰後、契約解除までに有料トッピングを購入する必要がある。

・povo2.0の利用停止中の回線を復帰させることは可能(ただし別通信回線が必須)

結論
・めんどくさいので利用停止になる前に課金しよう!

利用停止から復帰するためには、別通信回線を用意する必要がある。(チャットサポートで必要。)

SIMが利用できない前提で考えると、Wi-Fi環境を確保して手続きを進めよう。

 

---------------------

● povo2.0 長期間(180日間)トッピング未購入による利用停止

「povo2.0」を利用開始したのは、2021年9月29日。

それから半年ほど経過し2022年4月14日に「長期間トッピング未購入による利用停止予告」のメールが到着。

事前告知なしにいきなり停止ではなく、停止10日前にメールで告知してくれているのは親切。

本来であれば、このメールが届いて利用停止予定日までにトッピング購入しておけば利用停止は免れる。

けれど、これまたうっかり忘れてしまうのが人というもの。

その後、2022年4月25日には本当に回線は利用停止。

それとともに利用停止した旨をお知らせするメールが届く。

さらに現在の状況についてと、今後の予定などをお知らせするメールも届く。

こちらが知りたい情報を教えてくれるのはとてもありがたい。

「povo2.0」が利用停止になった状態。

さて、ここで復帰を試みようと思っても、「povo2.0」が利用停止している状態だと、当然ながらSIM単独での通信は出来ない。

povoのHP閲覧はもちろん、povoアプリでの通信も出来ない。

もしも他に自前のSIMの通信回線がない場合は、Wi-Fi環境などで通信を確保して手続きを行なう必要がある。

ここで最大の注意点。

Wi-Fi に接続していたとしても、だからといってアプリからトッピング購入はできない。(メールの説明にあったとおり。)

利用再開したい場合は、サポートに連絡をしなければいけない。

「povo2.0」を利用停止から復旧する方法。

「povo2.0」のチャットサポートからメッセージを送付したものの、「ご質問内容」に、”利用停止時を再開したい”というような項目がない。

「その他」という項目もないので、しかたなく「c. povo2.0のプラン・トッピングについて知りたい」を選んで、上記画像にあるようなメッセージを入力して[チャットを開始]してみた。

これは現時点で”利用停止の再開”の項目がないだけで、今後追加されるかもしれない。

今のところ、ひとまずサポートに内容が伝われば手続きはできそうでもある。

チャットサポートは、混雑していなければかなりスムーズで応答も早い。

問い合わせ内容に今の状況を詳しく書いておけば、問い合わせ内容の確認、本人確認を行なった後、回線状況を(長期間トッピング未購入状態かどうか)確認するだけ。

これでチャットでのサポートは終了。

あとは、利用停止が解除されるまで待つだけ。

今回試してみたところ、およそ1時間ほどで利用停止は解除された。

解除のメール、サポートメールも届いた。

利用停止をせっかく解除されたといっても、そのままトッピングを未購入のまま契約解除予定日を過ぎてしまうと、本当に回線契約が消えてしまう。

今度こそ間違いなくトッピングを購入しよう。

「povo2.0」利用再開後。

利用を再開すると、ステータスバーにしっかりと通信されていることがわかるように4Gのピクトが表示されている。

トッピング前に回線速度をチェックすると、128kbpsの低速通信なので激遅。

そこで「データ使い放題(24時間)」(330円)を購入。

ホーム画面を更新すると「データ使い放題中」に変わった。

これでまた契約解除の心配はなくなった。

ちなみに、データ使い放題中に再度回線速度チェックを行なってみたところ、21Mbps出ていた。

 

---------------------

● 「povo2.0」の利用停止解除は簡単とはいえ面倒。停止前にトッピング購入しよう。

今回、利用停止した「povo2.0」を復活させたみたところ、基本的に事前案内・停止後の案内も丁寧だし、利用再開自体はそこまで難しくはない。

ただし、必ずサポートに連絡する必要があったり、サポート内の問い合わせ項目に利用再開がない。

このあたりの作業は面倒だし、とまどってしまいがち。

もしも「通常利用はできないけれど、povoのHPやpovoアプリで通信することができて、トッピングの購入や問い合わせができる」のであれば、慌てることなくスムーズに復帰もかんたんになるのだけど、そうはいかない様子。

別回線(Wi-Fiなど)を用意して、サポートとチャットでのやり取りが必要と考えると、まぁめんどくさい。

結論としては”利用停止予定の案内が来たら、すぐにトッピング購入した方が断然楽”ということだった。

 

<参照>
・Xperia SIMフリーモデルで利用するならどれ?3キャリアの新料金プラン「ahamo」「LINEMO」「povo」を、楽天モバイル( Rakuten UN-LIMIT V )を含めて比較してみる。
・「ahamo」は、NTTドコモの既存プランと比べて本当にオトクなのか?を検討してみる。スマホ/PCのwebから申し込み。「ahamo」に対応するXperiaの機種を確認。
・「ahamo」の利用方法とAPN設定。Xperia SIMフリーモデルのデータ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの設定など。

-----------------------------

ソニーストア Xperia SIMフリーモデルラインナップ


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:149,600 円(税込)⇒139,700 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,800円(税込)
1回目のみ 6,700円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。


Xperia PRO-I (XQ-BE42)
ソニーストア販売価格:198,000 円(税込)⇒179,300 円(税込)
カラー:フロストブラック
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円
月々の支払い 4,900円(税込)
1回目のみ 7,800円(税込)

・Xperia PRO-I(XQ-BE42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・これを待っていた!悲願の1.0型イメージセンサーを搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I」現る!ポケットから一瞬で取り出して撮れる静止画と動画に納得のクオリティ。
・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。

・「Xperia PRO-I」は1.0型センサーを有効活用できていないって本当?クロップは悪なのか?を考察。ガチカメラを搭載したソニー製スマホが欲しいという欲求の行く先。


Xperia 5 III (XQ-BQ42)
ソニーストア販売価格:114,400 円(税込)
カラー:ブラック/ピンク/グリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 3,100円(税込)
1回目のみ 5,900円(税込)

・5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 III(XQ-BQ42)」レビュー。フラッグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のスペックと機能を詰め込んだコンパクトボディが魅力。


Xperia 5II (XS-AS42)
ソニーストア販売価格:89,100円(税込)⇒79,200 円(税込)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ピンク
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

36回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 2,200円(税込)
1回目のみ 2,200円(税込)

・Xperia 5II(XQ-AS42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<SIMフリーモデル Xperia 5 II レビュー>
・5G対応 SIMフリー コンパクトモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。初期セットアップと基本スペックの確認、「Xperia 5 (J9260)」とのベンチマークテスト比較。
・SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」のSIMカードの利用方法とAPN設定。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの便利機能。5G利用時の注意点。
・ハイエンド機能をコンパクトボディに詰め込んだ 5G対応 SIMフリーモデル「Xperia 5 II (XQ-AS42)」。カメラ、オーディオ、ゲームや機能性能をチェックする。


Xperia PRO (XQ-AQ52)
ソニーストア販売価格:249,800円(税込)

・Xperia PRO(XQ-AQ52) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

<Xperia PROレビュー記事>
・ついに手にしたぞ!5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」レビュー。無骨な外観を「Xperia 1 II」と比較、開封から初期セットアップまで。
・「Xperia PRO」だけが持つHDMI micro端子。カメラと接続して「外部モニター」や「ライブ配信」をしてみる。
・「Xperia PRO」を有線接続のオーディオプレーヤー化してみる。ステージモニターインナーイヤー「IER-M9/M7」や、業務用モニターヘッドホン「MDR-M1ST」と組み合わせた漢気セット。

 


・スマホあんしん買取サービス


・「スマホあんしん買取サービス」&「Xperia乗り換えキャンペーン」


・24回まで分割払手数料が【0円】

 

-----------------------------

SIMフリーモデル Xperiaの使い方


・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II / Xperia 1 / Xperia 5」のデュアルSIMを活かす。サブ回線として、1年間無料&解約料無料の「Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみる。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~19:00

 
LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

4件のコメント

  1. もーちゃん より:

    はじめまして。povoで半年で600円使わなかったらどうなるのかとずっと思ってました。
    利用停止中はデータ通信だけでなくやはり通話もできなくなるのでしょうか?あと利用再開したら以前の電話番号がまた使えるのでしょうか?

    • kunkoku より:

      通話は試していませんので確実なことはわかりませんが、ネットワークにつながらないので通話も難しいと思います。
      契約解除前に利用再開していれば、電話番号は同一のままでした。
      大切な番号の場合、万が一で契約解除の可能性があるpovo2.0で使うのは少し怖いかもしれませんね。

  2. 楽天大好き♪ より:

    新規契約する手間と同じ労力であまり意味がないです。

    • kunkoku より:

      利用再開するために、1度サポートに連絡しないといけないのは面倒ですね。
      トッピングを購入すると自動的に利用再開するとか、ユーザー側で再開できるのであれば良いですが、au的には利用停止になる前に対処することを考えているのかもしれませんね。