ソニーが基本的に好き!

常時装着も快適な小型軽量の完全ワイヤレス型ヘッドホン「LinkBuds S」、2022年6月3日に発売。ソニーストア価格:26,400円(税込)。LDAC、ノイズキャンセリングに対応。LE Audioにも年内対応。

ソニーは、2022年5月19日にワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットの最新モデル「LinkBuds S」を発表。

LinkBudsシリーズとして、初のノイズキャンセリング機能LDACに対応、外音取り込みによる長時間使用が可能。

小型で軽量な本体の中に、統合プロセッサーV1の搭載し、マイク性能が向上。

世界最小、最軽量なノイズキャンセリング、ハイレゾ対応完全ワイヤレスヘッドホンとなる。

カラーバリエーションは、定番のホワイト、ブラックの他、新色のEcru(エクリュ)が追加されている。

ソニーストア販売価格は26,400円(税込)、発売日は2022年6月3日(金)

・New Sound ExperienceS | ヘッドホン | ソニー
・オンラインとリアルをつなぎ、センシング技術で新たな音体験を広げる常時装着も快適な小型軽量の完全ワイヤレス型ヘッドホン『LinkBuds S』発売
・LinkBuds S | ヘッドホン | ソニー

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「LinkBuds S」


ワイヤレスステレオヘッドセット「LinkBuds S」

カラーバリエーション:ホワイト、ブラック、エクリュ
オープン価格
ソニーストア販売価格:26,400円(税込)
発売日:2022年6月3日(金)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)

---------------------

「LinkBuds S」と、主要なソニー完全ワイヤレスヘッドセット簡易比較

確かにインナーイヤータイプの中では最軽量でありLDACにも対応している。

大きさの比較は簡易的にしかわからないものの、女性や耳の小さな方でも快適に長時間装着することができる。

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「LinkBuds S」

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットLinkBudsシリーズ最新モデル「LinkBuds S」

LinkBudsといえばドーナツ型のドライバーを搭載した穴あきモデルの「LinkBuds」を思い浮かべるけれど、ながら聴きや長時間装着できるモデルに対して命名しているようだ。

LinkBudsシリーズとは
小型軽量で快適な装着性と自然な外音取り込みができる特長により、ヘッドホンの常時装着という新しい使用スタイルと音体験を提案します。さらに、センシング技術とパートナー企業のアプリケーションとの連携により、さまざまな音体験を提供します。

特徴的な外側のメッシュ部分は、外側マイク。

このメッシュ部分で、風ノイズの低減構造を実現していて、風の強い場面でもノイズキャンセリングや、外音取り込み時の風ノイズを最小限に抑えることができる。

カラーバリエーションは、定番のホワイト、ブラック、Ecru(エクリュ)

インナーイヤータイプの中では、非常に軽くまた大きさも小さい。

本体の重さは各約4.8g、ケースの重さは約35gと軽量となっている。


「LinkBuds S」

「WF-1000XM4」

 

小型軽量のため、耳から飛び出す量も少なく、「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」によりイヤホン本体と耳の接触面が増え、イヤホンの重心が頭に近く、安定した装着性を実現している。

小型化された「WF-1000XM4」と比較してもなお、耳からの飛び出し量が非常に少なくなっていることがよくわかる。

 

統合プロセッサーV1を搭載し、ドライバーは新開発の5mmドライバーユニットを採用。

「LinkBuds S」のサイズを小さく保ちながら、豊かな低音域で音楽表現する。

部品一つ一つの軽量化を行ない、この大きさ軽さを実現している。

小型の本体にもかかわらず、なんとLDACに対応。

ハイレゾコンテンツも原音の細かい表現まで忠実に再現された高音質で楽しむことができる。

対応コーデックは、SBC、AAC、LDAC

後日アップデートにより超低遅延を可能にする次世代BluetoothオーディオであるLE Audioに対応する予定。(2022年対応予定。)

そして、フラグシップモデルに備わる「DSEE Extreme」に対応して、圧縮音源を高音質にアップスケーリングする。

周囲の音も聞こえる「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」が向上していて、従来モデルよりも信号処理における外音取り込み量を増やすことで、より自然な外音取り込みを実現している。

2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化し、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成する。

ノイズを気にせず、コンテンツに浸ることができる。

これは、ノイズキャンセリングや外音取り込みどちらの機能にも重要な項目。

周囲の音の取り込み量は20段階で調整することができ、外音取り込み時でも周囲の声が聞こえる「ボイスフォーカス」機能もアプリから設定可能。


・リスニング環境を自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」
ペアリングしているスマートフォンの加速度センサーにより、止まっている時/歩いている時/走っている時/乗り物に乗っている時の4パターンの行動を検出する。
ユーザーの行動に合わせて、あらかじめ各パターンで設定しておいたノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に自動で切り替える。

接続しているスマートフォンのGPS機能と連係し、AIがユーザーのよく行く場所を認識。
自宅や職場などの頻繁に訪れる場所に合わせたノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定を登録することで、次訪れるときには自動でお好みの設定に切り替わるようになる。

「スピーク・トゥ・チャット」機能の性能が向上し、従来モデルよりも声の取り込みを増やして、自分の声がよりクリアに聞こえる。

AI技術を活用した高精度「ボイスピックアップテクノロジー」により高い通話品質を実現する。

5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成された装着者の声とそれ以外の環境ノイズを分離するアルゴリズムによって周囲の環境ノイズを抑えて、声をクリアに抽出、また本体内側のマイクを通話に利用して、よりクリアにしている。

本体に近接センサーを搭載して、イヤホンの着脱を認識して自動で音楽をスタート・ストップする機能を搭載。

また片耳づつ、両耳どちらでも使用可能。

ヘッドホンを外したまま約15分経過すると、自動で電源がOFFになる機能も設定可能。

WindowsのSwift Pair、AndroidのFast Pairに対応。

かんたんにペアリングが可能。

 

音声アシスタント機能に対応して、音声操作を行なうことが出来る。

ソニーの最近のモデルではおなじみの「Quick Access(クイックアクセス)」にも対応。

スマートフォンを取り出さなくても、楽曲を再生したりプレイリストを切り替えたりすることが出来る。

 バッテリーケースを含めて、ノイズキャンセリングを適用した状態で最大20時間(オフ時最大30時間)の音楽再生が可能。

本体のみで最大6時間(オフ時最大9時間)

5分の充電で最大60分の音楽再生が可能なクイックチャージに対応している。

主な付属品はシンプル。

また本体とケースには再生プラスチックを使用している。

防滴IPX4に対応。

雨天や汗をかく場面でも使用可能なため、外出時やスポーツ時もいつでも使用できる。

・スマホを触らずシームレスに音楽が再生される「Auto Play」(ベータ版)機能に対応
・Sound ARアプリ「Locatone」をさらに臨場感高く楽しむ
・「Microsoft Soundscape」との連携により、快適な街歩きをサポート
・360 Reality Audio認定モデル

「LinkBuds S」は、様々な機能サービスと連携可能。

それぞれ特化した機能ではあるものの、刺さる人には刺さる重要なポイント。

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「LinkBuds S」


丸い穴があいてるのが「LinkBuds」じゃなかったのか!?という衝撃。

がしかし、「WF-1000XM4」と比べると圧倒的に小さく軽くなって、ノイズキャンセリングに対応したうえにLDACに対応していて、こんなの作れたのか!という驚き。

LE Audioにも対応(予定)するし、見た目でちっとも凄さを感じないけれど実はかなり魅力的。

ガチで音楽に没頭するなら「WF-1000XM4」長い時間それこそ丸一日ながら聴きで使うなら「LinkBuds S」が最適解になるかもしれない。

 

---------------------

●ワイヤレスステレオヘッドセットラインナップ


ワイヤレスステレオヘッドセット「LinkBuds S」

カラーバリエーション:ホワイト、ブラック、エクリュ
オープン価格
ソニーストア販売価格:26,400円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5
ソニーストア販売価格:49,500円(税込)
2022年5月27日発売予定

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM4
ソニーストア販売価格:44,000円(税込)⇒41,800円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット最高峰「WH-1000XM4」レビュー。不要な音を消し去ってイイ音を聴きたい、都合よく必要な音は聞き取りたいという贅沢をシームレスに満たしてくれる。


ワイヤレスステレオヘッドセット「LinkBuds」
オープン価格
ソニーストア販売価格:23,100円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」
オープン価格
ソニーストア販売価格:33,000円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)

<WF-1000XM4 レビュー>
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」を使ってみたレビュー!待望のLDAC搭載だけじゃない、さらなるノイキャン性能アップやハンズフリー通話劇的改善、防滴対応、装着性まで何から何までが感動レベル!
・「WF-1000XM4」と「WF-1000XM3」のイヤホンのバッテリー使用時間比較。コーデックや圧縮音源のアップスケーリング、ノイズキャンセリング機能のオンオフによるバッテリー駆動時間の変化もチェックしてみる。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」は、外れるかも?という不安とは無縁のフィット感。アプリできちんと耳に取り付けられているかを測れる「装着状態テスト」が便利。


ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-C500」
カラーバリエーション:(G)アイスグリーン (D)コーラルオレンジ (W)ホワイト (B)ブラック
ソニーストア販売価格:11,000円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
●3年ベーシック(無償)

・カラフルな4色展開、コンパクトで高音質を楽しめる低価格な完全ワイヤレスヘッドホン「WF-C500」。軽快な装着性やバッテリーの持ちの良さなど、思いの外使い勝手のいいアイテム。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。旧福岡市立中央児童会館
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)