ソニーが基本的に好き!

Appleの最新スマートフォン「 iPhone 14 Pro / 14 Pro Max 」登場。2022年9月9日(金)午後9時よりApple Store、各キャリアで予約開始。


9月8日に、Apple製スマートフォンiPhone 14 Pro / 14 Pro MaxiPhone 14 / 14 Plusを発表。

発売日は9月16日。

Apple Storeならびにドコモオンラインショップauソフトバンク楽天モバイルなど各キャリアで、9月9日21時より予約販売を開始する。

---------------------

●iPhone 14 Pro /14 Pro MAX


iPhone 14 Proシリーズは前モデルの13 Proシリーズと同様に2つのサイズを用意。

画面サイズはiPhone 14 Pro6.1インチiPhone 14 Pro Max6.7インチ

ストレージ容量は、128GB、256GB、512GB、1TB

外装も医療に使われるレベルのステンレススチールを採用。IP68の耐水性能も備える。

カラーバリエーションは、グラファイト、ゴールド、シルバー、ディープパープルの4色展開。


インパクト大なのが、ノッチから「Dynamic Island」と呼ばれる楕円形のパンチホールに変更されたこと。

前面カメラやFace IDに利用するTrueDepthカメラが収まるものの、専有面積はより小さくなっている。

また、ただの黒く潰された邪魔な領域ではなく、通知やスマホのステータスを表示したり、タッチ操作と連動したりと、あるべきものをUIの中に落とし込んでいる。


標準+超広角+望遠のトリプルカメラを搭載。

メインとなる広角レンズは、クアッドピクセルセンサーを搭載した4800万画素。

センサーサイズ約1/1.3と大型化したうえで、ProRAWで4800万画素解像度で撮影できるだけでなく、4つの画素を1つにして多くの光を取り込むことで暗所で明るく撮れる。

しかも、高画素を活かしてセンサー中央にある1200万画素の部分のみを使って2倍の望遠撮影できたり、センサーシフト式の手ぶれ補正にも強烈に作用するとか、スマホのカメラの進化を体現。


焦点距離24mm F1.178
、画素サイズはクアッドピクセル時には2.44μmピクセルという大きさに。

望遠レンズは、焦点距離77mm F2.8の光学3倍ズームを備える。

超広角レンズは、焦点距離13mm F2.2、センサーサイズも大型化。

インカメラのTrueDepthカメラはレンズのF1.9と明るくなり、暗がりでもピントが合わせやすくなっている。


ディスプレイについても「Super Retina XDR」はProMotion搭載して、最大で120Hzに対応するうえ、1~120Hzの範囲での可変させてバッテリーの消費も抑えられるようになっている。

常時表示ディスプレイにも対応する。


新たに「A16 Bionic」を搭載。

2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPUと、5コアGPU。

バッテリーについては、ビデオ再生時間がiPhone 14 Proは22時間、Pro Maxが28時間と大幅に増加。

ネットワークについては5Gは、sub6のみでミリ波には対応していない。

米国モデルではSIMスロットが無くなりeSIMのみとなっているものの、国内モデルは、nanoSIM+eSIMまたはeSIM×2で使用できる。

また、新たに衝突検知や衛星経由の緊急SOS機能を搭載する。

 

---------------------

●iPhone 14 Pro /14 Pro MAX の販売価格

国内でのApple Storeでの販売価格は、iPhone 14 Proの128GBが149,800円、256GBが16,4800円、512GBが194,800円、1TBが224,800円。

iPhone 14 Pro Maxは、128GBが164,800円、256GBが179,800円、512GBが209,800円、1TBが239,800円。

各キャリアモデルの価格は以下のとおり。

※ドコモのみ執筆時点で価格未定。分かり次第追記予定。

ドコモオンラインショップ 販売価格

 

au Online Shop 販売価格

 

ソフトバンクオンラインショップ 販売価格

 

 

楽天モバイル 販売価格

 

 

 

 

---------------------

:kunkoku

 

毎年恒例のモデルチェンジ。

巨大化の一途をたどるスマホはiPhoneも同様、ついにあんなに大好きだったminiがなくなってしまって代わりにデカいPlusを採用。

プロセッサーも変わってないので個人的には完全にスルー。

iPhone 14 Pro / 14 Pro Maxは、外観はほぼそのままでインパクトがデカイのがノッチから「Dynamic Island」と呼ばれる楕円形のパンチホールに変更されたこと。

さらにディスプレイ側に侵食。

前面カメラやセンサーをAndroidでやってるような極力見えなくするのではなくてガッツリと黒い領域。

とおもいきや、通知やスマホのステータスを表示したり、タッチ操作と連動したりと、あるべきものをUIの中に落とし込むという発想はそれはそれでおもしろいけれど、コンテンツを全画面表示したときに黒く塗りつぶされた部分は気になる。

それよりもカメラの進化っぷりがヤバい。

3つのカメラのうちメインとなる広角カメラは、クアッドピクセルセンサーを搭載した4800万画素に。

センサーサイズが約1/1.3まで大型化してるわ、4つの画素を1つにして多くの光を取り込むとか、Xperiaがカメラ訴求で頑張ってたのに襲いかかる高画質化の波。

かと思いきや、未だにLightning端子を続けるのはなぜ?

iPad含めてすべて身の回りがUSB Type-Cになりつつあるのに、iPhoneのためだけにLightningが残るのは正直面倒以外の何ものでもない。

みんなクラウドで同期したり、PCと接続なんてしてないのだろうか…。

ま、まあね…iPhoneってスマホの半分を占めてるし、持ってないと

思ったほど進化が少なくて、iPhone 13 Proのままステイでいいんじゃないかなー?という気持ちと、新しいガジェット買わなくなったら自分に負けた気がする!という毎度の強迫観念により買ってしまうんだろうなと。

なにげに、折りたたみのGalaxy Z Fold4 がものすごく気になってたり、Xperia PRO-Iの後継モデルがもしかしたら出てくるんじゃ?とか思いつつ、最近のスマホの価格高騰っぷりにオサイフが悲鳴をあげている。

・変化は少なかったが、iPhone 14 Proのカメラの画素数や機能にはしっかり物欲を刺激された |ASCII

---------------------

<オンラインショップで予約するメリット>

 

-----------------------------

●スマートフォンレビュー

NTTドコモ 5G対応ホームルーター「home 5G HR01」レビュー


・NTTドコモ 5G対応ホームルーター「home 5G HR01」レビュー(その1)シンプル導入が魅力的で思わず即買い。
・NTTドコモ 5G対応ホームルーター「home 5G HR01」レビュー(その2)初期セットアップと通信速度・通信制限を確認してみた。
・NTTドコモ 5G対応ホームルーター「home 5G HR01」レビュー(その3)SIMフリー端末として本体を活用する方法を考える。

SIMフリーモデル Xperiaレビュー


・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・データ1GBまで0円/月の「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の魅力と注意点。Xperia SIMフリーモデルでの利用方法やAPN、デュアルSIMの設定。1GBを超えないためのチップスなど。

・Xperia SIMフリーモデルで利用するならどれ?3キャリアの新料金プラン「ahamo」「LINEMO」「povo」を、楽天モバイル( Rakuten UN-LIMIT V )を含めて比較してみる。
・「ahamo」は、NTTドコモの既存プランと比べて本当にオトクなのか?を検討してみる。スマホ/PCのwebから申し込み。「ahamo」に対応するXperiaの機種を確認。
・「ahamo」の利用方法とAPN設定。Xperia SIMフリーモデルのデータ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMの設定など。
・「ahamo」を新規契約して、Xperia SIMフリーモデルのAPN設定や開通作業のやり方。デュアルSIM利用時のデータ通信や音声通話を使い分けの設定など。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)