ソニーが基本的に好き!

360立体音響を実現する 5.1.2ch サウンドバー「HT-A5000」と 3.1chサウンドバー「HT-A3000」を ソニーストアで触ってきたレビュー。


サウンドバー「HT-A7000」はクテレビの前にシンプルに設置できるバータイプのサラウンドシステムとしては最高峰。

とはいえ、そのサイズがゆえに設置できないというジレンマを抱えていたところに、新たにDolby Atmos、DTS:X 5.1.2ch対応の5.1.2ch サウンドバー「HT-A5000」と、3.1c h サウンドバー「HT-A3000」が登場。

サイズが小さくなってもクオリティはどうなのか?が気になって、先行展示しているソニーストア直営店(福岡天神)で視聴してきた。

・360立体音響のサウンドバー2機種発売。立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」商品ラインアップ拡充 | ニュースリリース | ソニー
・HT-A5000 | サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニー
・HT-A3000 | サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニー

・テレビとサウンドバー・ホームシアターシステムでおうちエンタメを楽しもうキャンペーン! | サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニー

---------------------

●最新のサウンドバーラインナップは3モデル。


サウンドバー「HT-A5000」
ソニーストア販売価格:121,000円 (税込)
2022年10月22日発売

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF

サウンドバー「HT-A3000」
ソニーストア販売価格:88,000円(税込)
2022年9月10日発売

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
サウンドバー「HT-A7000」
ソニーストア販売価格:176,000円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF

 

---------------------

●5.1.2chサウンドバー「HT-A5000」


サウンドバー「HT-A5000」の本体サイズは、横幅 約さ 約 121cm x 高さ 約 6.7cm x 奥行き 約14cm、重さは6.1kg。

「HT-A7000」の本体サイズは、横幅 約 130cm x 高さ 約 8cm x 奥行き 約 14.2cm、重さは8.71kg。

あれだけ大きいと思っていた「HT-A7000」とくらべて、見た目に劇的に小さいというわけではない様子。

とは言え、単純に横幅が9cm短くなった事にくわえて、高さでも1.3cm(奥行きは0.2cm)低くなったことで、設置できるスペース含めて、合わせられるテレビの選択肢も広がる。


ただし見た目はかなり違っていて、「HT-A5000」の素材はバースピーカー全体がマットな樹脂。

操作系は、電源、入力切替、Bluetooth、音量プラスマイナスのタッチ式。

加えて、イネーブルドスピーカーは網目調のデザインになり見た目にもかなり目立つ。

一方で、「HT-A7000」は、ピアノブラック調のガラスパネルの美しい天面や、イネーブルドスピーカーの存在を目立たせないネットタイプで覆われたデザインとは大きく異なる。

存在感というか佇まいは「HT-A7000」のほうが圧倒的に上な事には変わらない。

「HT-A5000」は、Dolby Atmos、DTS:X 5.1.2ch対応、サブウーファーを2基内蔵して、5.1.2chのサラウンドシステムを1本のバースピーカーに収まっている。

5.1.2chの構成は、正面を向いたところにフロントスピーカーが3つ、天板の上方向にイネーブルドスピーカーが2つ、両サイドにビームトゥイーターが2つ。

バータイプの限られたサイズの中で振動版の面積を大きくして音圧を稼ぐために、スピーカー形状は、四角に近い楕円のカタチをした「X-Balanced Speaker Unit」を採用。


サブウーファーも本体に内蔵。

本体中央のセンタースピーカーの両側に2つのユニットを配置するデュアルサブウーファーとなっている。

イネーブルドスピーカーから出る音は、いったん天井方向に反射させてユーザーの耳に届くことで音の立体感を作り出すというもの。

ビームトゥイーターから出る音は壁からの反射でワイドな横方向の広がり感を表現する。

さらにバーチャルサラウンドの「S-Force PROフロントサラウンド」や「Vertical Surround Engine」を同時に駆動させて、より没入感のあるサラウンド音場を実現する。

Dolby Vision、360 Reality Audio、ハイレゾ、ハイレゾワイヤレスに対応。

フルデジタルアンプ「S-Master HX」や、圧縮音源をAI技術でより高精度にアップスケールする「DSEE Extreme」を搭載。

Bluetooth、Wi-Fiを搭載して、「Spotify Connect」、「Chromecast built-in」、「Apple AirPlay 2」にも対応する。


インターフェースは、スピーカーの後方にある。

HDMI出力、HDMI入力 x 1、AV周辺機器用のUSB端子、Sセンター出力端子、TV入力(OPT)、アナログ入力、電源端子。

「HT-A7000」は、HDMI入力が2つあるのに対して、「HT-A5000」は、HDMI入力が1つとなっている。

テレビ側のHDMI端子が「eARC」に対応していればそこをハブとして多くの機器を接続できるけれど、そうではないテレビ場合には本体側の入力端子は1つでも多いほうが良い。

Sセンター出力端子は、対応したブラビア(2021年モデル以降)と接続することで、センタースピーカーとして駆動できる。(アコースティックセンターシンク)


メインメニューは、シンプルなUI(ユーザーインターフェース)。

テレビのeARC対応のHDMI入力端子につながっていると、自動で連動して切り替わるので映像コンテンツを観る限りではこのメニューを開いて確認するといったことは少ない。

「HDMI入力 」端子と「HDMI出力(TV(eARC/ARC))」端子は、HDMI2.1をサポート。

4K 120pや8Kの伝送、HDCP2.2およびHDCP2.3、BT.2020広色域、そして、HDR(High Dynamic Range)コンテンツ伝送(パススルー)に対応している。


キモになるのは、「HT-A7000」と同じく、ワイヤレスサブウーファー「SA-SW5 /SA-SW3」やワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5 / SA-RS3S」を追加できること。

サウンドバー単体でも低音はしっかりと出ているけれど、さらなる重低音を増やしたいと思えば200Wの「SA-SW3」や300Wの「SA-SW5」を導入してみるのもひとつ。

また、リアスピーカーは、コンパクトかつ設置のしやすい「SA-RS3S」と、バッテリーを内蔵してどこにでも設置できる「SA-RS5」の2タイプから選べる。

ソニーストアでは、「HT-A5000」リアスピーカー「SA-RS5」とワイヤレスサブウーファー「SA-SW3」が組み合わせてセッティングされてあったので、早速視聴してみた。


「HT-A5000」は、「HT-A7000」と比べてフロントスピーカーが2つ少ないとはいえ、個々の出力は50Wとパワフル。

イネーブルドスピーカーで、天井に音を反射させて立体音響を作る、ビームトゥイーターで、壁の反射を使って音を横方向に広げるといった効果はそのままに、聴きやすい澄みわたったサウンドといった感じ。

そこに、リアスピーカー「SA-RS5」の天井に音を反射させる上向きのイネーブルドスピーカーもあわさって、後ろや上から鳴っているかなといううっすらした感じ方ではなくて、全方位からの音に包みこまれるような臨場感を味わえる。

4体のスピーカーからの音の波面を合成して作り出す、最大12個のファントムスピーカー像(360 Spatial Sound Mapping)の威力はしっかりと体感できた。

繊細な音の表現力や、デザイン性をふまえると「HT-A7000」のフラッグシップたるポジションは変わらない。

ただそうや言っても、現実に設置できないという物理的な制約が断念せざるをえない要因だった。

それを打破してくれるのが「HT-A5000」だと言える。

もしくは、リアスピーカーやサブウーファーありきで検討する場合、トータルコストが跳ね上がるため「HT-A5000」で予算を抑えるという考え方もできる。

---------------------

●3.1chサウンドバー「HT-A3000」


「HT-A3000」は、Dolby Atmos、DTS:X 3.1ch対応のサウンドバー。

最大の特徴は、ズバリ、サブウーファー込で小さいうえに、最小限の構成でありながら360立体音響にも対応していること。

サイズは、幅 95cm × 高さ6.4cm × 奥行 12.8cmというコンパクトさ。

「HT-A7000」「HT-A5000」を見たあとだと、余計に小さく感じる。


センサースピーカーと、左右のフロントスピーカーの合計3基と、サブウーファーを2つ搭載。

限られたサイズの中で振動版の面積を大きくして音圧を稼ぐために、四角に近い楕円のカタチをしたスピーカー形状の「X-Balanced Speaker Unit」で構成。

最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」や「360 Reality Audio」に対応。


インターフェースは、スピーカーの後方。

HDMI出力、AV周辺機器用のUSB端子、Sセンター出力端子、TV入力(OPT)。

HDMIはテレビと接続用だけになるものの、「eARC」に対応しているためテレビ側のHDMI端子をハブとして多くの機器と音声も連動する。

Sセンター出力端子もあるので、対応したブラビア(2021年モデル以降)と接続することで、センタースピーカーとして駆動できる。


圧縮音源をAI技術でより高精度にアップスケールする「DSEE Extreme」を搭載。

Bluetooth、Wi-Fiを搭載して、「Spotify Connect」、「Chromecast built-in」、「Apple AirPlay 2」にも対応しているので、映画やゲームにかぎらずスマホから音楽をチョイスして「HT-A3000」から聴く事ができる。

一般のワイヤレススピーカーとは比べ物にならないほどに、クリアで奥行き感のある音楽を楽しめて、テレビを見ないときでも部屋のメインコンテンツを再生するスピーカーとして使える。


「HT-A3000」単独で聴いてみた印象としては、想像していたよりもなかなか良いじゃないか?ということ。

近いクラスの「HT-G700」を使っていたときにまったく期待外れでガッカリした過去の記憶があるだけに、「HT-A3000」もあまりというか全く期待していなかった。

しかもバーにサブウーファーを内蔵しているしその辺もイマイチかと思っていたら、低音がしっかり再現されていて迫力を感じられる。

広がりのあるサラウンドと明瞭のあるセリフやボーカル、明らかにテレビ内蔵スピーカーとは違うイイ音にステップアップしたと実感できる。


そして、「HT-A3000」もワイヤレスサブウーファー「SA-SW5 /SA-SW3」やワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5 /SA-RS3S」を追加できる。

そもそも低域がまだまだ欲しいとおもえばサブウーファーの「SA-SW3」を追加しても良い。

リアスピーカーは、コンパクトかつ設置のしやすい「SA-RS3S」でもいいし、バッテリーを内蔵してどこにでも設置できる「SA-RS5」でも良い。

ただ、「SA-RS5」を導入するくらいなら、サウンドバーはイネーブルドスピーカーを搭載する「HT-A5000」を選んだほうがいいんじゃないか?と思わなくもない。


ソニーストアでは、「HT-A3000」にリアスピーカー「SA-RS3S」の組み合わせて視聴してみた。

あえてサブウーファーのない最初のカスタムアップ的な構成。

いや、これまた予想外に良かった。

あくまでも期待しないからスタートしている事もあるけれど、この組み合わせでもちゃんとサラウンドしていて…。

もちろんこの組み合わせだといくら「360 Spatial Sound Mapping」機能が働くとはいえ、高さ方向の体感は弱め。(ソニーストア店内が広い事も影響しているはず。)

それでも、音に包まれる感覚を味わえたことに驚いた。

「HT-A7000」「HT-A5000」に、にワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」とサブウーファーを組み合わせた最強の布陣からすれば、到底かなわない。

いや、そんなことはわかっている。

けれど、それよりも「HT-A3000」が魅力なのはひとまずサブウーファー入りの3.1chのサラウンドシステムでこの小ささだということ。

それこそ一番小さい42型の4K有機ELテレビ「A90Kシリーズ」にも合わせて、デスクトップでも最強の映像と音声で、目の前で超迫力の映画視聴やゲーム体験ができる。

これは楽しみなサウンドバーが出てきたといった感じ。

 

---------------------

●ホームシアターシステムレビュー

音に包まれる没入感に感動!ホームシアターシステム「HT-A9」


・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その1)。適当に設置した4つのスピーカーで、まさかの音に包まれる没入感が凄かった。
・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その2)。「BRAVIA XRシリーズ」にS-センタースピーカーを接続、サブウーファーも追加して本気モードで視聴。これは自宅でできる最高の体験。

 

サラウンドとクオリティ異常に高い満足感サウンドバー「HT-A7000」


・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その1)インターフェースを確認、設置と接続・設定。バースピーカーの概念がひっくりかえる迫力と臨場感。
・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その2)バースピーカー1本で部屋を満たす立体音響体験と、スピーカーとしてのクオリティの高さ両方に満足。
・バッテリー内蔵型のワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」を導入。使いたいときだけ設置、サウンドバー「HT-A7000」が全方位からの音に包みこまれるような臨場感にグレードアップする!

 

BRAVIA XR(2021年モデル) レビュー


・HDMI.2.1 に対応した「BRAVIA XR」。4K液晶テレビ X90Jシリーズ を PlayStation5 / Xbox series X とつないで4K 120fps のゲームをプレイしてみた。
・映像と音の一体感が最高の没入感を味わえる 4K有機ELテレビ「XRJ-65A90J」。 Windows PCとつないで巨大デスクトップPC化、4K 120fps の表示方法とそのなめらかさを検証してみる。
・「BRAVIA XRシリーズ」の新しいOS「GoogleTV」の使い勝手。ソニーピクチャーズの最新映画から名作までを、ハイクオリティで楽しめるBRAVIA XR専用のコンテンツサービス「BRAVIACORE」。
・「BRAVIA XRシリーズ」 4K液晶テレビのフラッグシップモデル「XRJ-75X95J」。 映り込みを劇的に抑えたエックスアンチリフレクションと音に包まれる臨場感を、コンテンツありきで楽しんでみた。

 

---------------------

●ホームシアターシステム、サウンドバー関連商品


サウンドバー「HT-A5000」
ソニーストア販売価格:121,000円 (税込)
2022年10月22日発売

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


サウンドバー「HT-A3000」
ソニーストア販売価格:88,000円(税込)
2022年9月10日発売

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ホームシアターシステム「HT-A9」
ソニーストア販売価格:253,000円 (税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


サウンドバー「HT-A7000」
ソニーストア販売価格:176,000円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

 


サブウーファー「SA-SW5」
ソニーストア販売価格:93,500 円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

深みのある圧倒的な重低音を楽しめるサブウーファー(300w)

 


サブウーファー「SA-SW3」
ソニーストア販売価格:52,800 円 (税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

より深みのある豊かな低音を楽しめるサブウーファー(200w)


リアスピーカー「SA-RS5」
ソニーストア販売価格:74,800 円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


リアスピーカー「SA-RS3S」
ソニーストア販売価格:52,800 円 (税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

リアルサラウンドを楽しめるリアスピーカー(50w×2)

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)