ソニーが基本的に好き!

Cinema Lineの新モデル Eマウント採用のNEW α のティーザー広告。日本時間 2021年2月24日11時に発表。”New Cinema Line camera announcement”


ソニー公式サイトに、ティーザー広告が出現。

”Cinema Line”

”February 24,2021 11:00 JST”

日本時間 2021年2月24日11時から、Cinema Lineの新たな”α”の名を冠する発表するというティーザー広告が出現。

ティーザー広告には、デジタルシネマカメラ「VENICE」カムコーダー「FX9」「FX6」が並び、その右にNEW αがラインナップされるとしている。

この並びからすると、よりコンパクトなモデルと予想できるけれど、どんなFXシリーズ?になるのか?

・Cinema Line New α February 24, 2021 11:00 JST | ソニー
・Cinema Line(シネマライン) | ソニー

----------------------------


また海外のSONY公式では、

Be ready for the announcement of the new Alpha

と題してライブ配信を行う予定。

Be ready for the announcement of the new Alpha
February 23rd, 10:00​ EST / 15:00 GMT / 24:00 JST

日本時間にして2021年2月23日24時に、全世界同時に配信される。

まさに”新しいアルファ発表の準備”ができていることを示唆している。

 

---------------------

●映像クリエイターに向けた新商品群「Cinema Line」とは?

ソニーが長年デジタルシネマ制作で培ってきた映像表現のノウハウや、最先端のデジタルイメージング技術を生かし、幅広いクリエイターに向けて展開する新たに映像制作用カメラの商品群「Cinema Line(シネマライン)」

業務用製品としてすでに発売されているPL/Eマウント対応のデジタルシネマカメラ「VENICE」や、Eマウントのカムコーダー「FX9」、昨年末に新たに加わったカムコーダー「FX6」がラインナップしている。

今後はさらに、シネマカメラ、プロフェッショナルカムコーダーなど幅広い商品形態で拡充すとしていた。


「Cinema Line(シネマライン)」では、α7SIIIα7IIIα6600などもあわせて、映像制作に携わる全ての人の創造力を拡張させる、”1マウント” として、Eマウントレンズの豊富なレンズ資産をアピール。


ソニーの「Eマウント」は、フルサイズ機からAPS-C機、そして業務用シネマカメラからデジタル一眼カメラまで、映像制作の現場から日常使いまで共通の”1マウント”で、幅広く使用できるマウントシステムとして推す。

また、「α Universe」では、Eマウント誕生10周年記念として、愛用写真家たちのコメント集も掲載している。

・「さあ、見たことのない世界へ。α Universe」Eマウント誕生10周年記念 愛用写真家たちのコメント集 ~Eマウントの歴史への想い~

 

---------------------

●映像クリエイターに向けたカムコーダー「Cinema Line FX6」


新たに加わったカムコーダー「FX6」は、よりコンパクトで機動力を活かし、Eマウントレンズの豊富なレンズ資産が利用できるαシリーズの技術を融合したモデル。

・FX6 | プロフェッショナルカムコーダー | ソニー
・FX6 | α Movie Special Contents | α Universe | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
・Cinema Line(シネマライン) | ソニー


CinemaLineカメラ「FX6」
ILME-FX6VK
レンズ付属モデル(付属レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS)
ソニーストア販売価格:869,000円+税
メーカー保証内容<3年>付き


CinemaLineカメラ「FX6」
ILME-FX6V ボディ
ソニーストア販売価格:726,000円+税
メーカー保証内容<3年>付き

・フルサイズセンサーに最新BIONZ XRを搭載する”α”の名を持つCinemaLineカメラ「FX6」登場。モニターやハンドルを外せるカスタマイズ性や電子式可変NDフィルターも内蔵するプロ用カムコーダー。

近年、デジタル一眼カメラα7SIII「VLOGCAM ZV-1」をはじめとする動画に特化したモデルが投入されているとおり、動画に対する期待値はどんどんと高まっている。

フルサイズセンサーと最新のBIONZ XRを搭載して、4K120p記録できるといえばα7SIIIがあるけれど、本来のカムコーダーのスタイルを持ち、SONYの映像制作の最前線にあるデジタルシネマカメラ「VENICE」「FX9」のもつシネマルックの絵作りと操作性がまるまる投入されたのが「FX6」

充実したインターフェースと操作性、安定して撮影できる放熱性能を備えたコンパクトなボディ。

モニターやハンドルを外せるカスタマイズ性や電子式可変NDフィルターも内蔵。

そしてなんと言ってもEマウントレンズ資産がそのまま活かせて、αというロゴまで持っているカムコーダーだと考えると、これほど魅力的なモデルはない。

さらなるαを冠する新モデルとはいったいどんなものなのか?

その答えは、2021年2月24日11時。

 

---------------------

●業務用カメラ ラージセンサーカメラ


デジタルシネマカメラ「VENICE」
MPC-3610
受注生産品
オープン価格

新たに開発した36×24mmフルフレームCMOSイメージセンサー、ワイドラチチュード、そして直感的な操作性を備えた次世代CineAltaカメラ「VENICE」。

・ジェームズ・キャメロン監督、「アバター」続編にソニーのVENICEを採用
・CineAltaカメラ VENICE 開発者に訊く。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


XDCAMメモリーカムコーダー「FX9」

PXW-FX9(レンズ付属なしモデル)
オープン価格
PXW-FX9K(レンズ付属モデル)
オープン価格

新開発6Kフルサイズ Exmor R CMOSイメージセンサーと革新のファストハイブリッドAFを搭載し、圧倒的な表現力と機動力を実現。

デジタルシネマカメラ「VENICE」の最新ファームウェアアップデートVer 6.0を2020年11月にカムコーダー「FX9」の最新ファームウェアVer 3.0を2021年に行う予定。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

 

 

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)