ソニーが基本的に好き!

BRAVIA XRの「BRAVIA CORE」アプリで、「ディスカバーTV」配信開始。おすすめのドラマ・アニメの一部を、各シリーズ最大3エピソードまで視聴可能。

「BRAVIA XRシリーズ」専用のコンテンツサービスとなる「BRAVIACORE」に、アプリのアップデートが3月30日より配信スタート。

新規コンテンツとして、「ディスカバーTV」という項目が追加された。

ディスカバーTV」とは、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)提供の新しい機能。

ディスカバーTV」では、おすすめのドラマ・アニメなどのTVシリーズの一部を、各シリーズ最大3エピソードまで視聴できる。

また、続きのエピソードを見る方法については、コンテンツごとに視聴できる動画サービスを案内してくれる。

・ディスカバーTV|ブラビアコア(BRAVIA CORE)に関するQ&A集

・ソニー・ピクチャーズの映画がついてくるBRAVIA XRの特典「ブラビアコア」
・BRAVIA CORE for Xperia | Xperia(エクスペリア)公式サイト

・BRAVIA XR スペシャルコンテンツ | テレビ ブラビア | ソニー
・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

---------------------

●「ディスカバーTV」って何?

ディスカバーTV」は、簡単に説明するとドラマ・アニメなどのTVシリーズのお試し視聴機能。

各シリーズ最大3エピソード視聴でき、気に入った作品があれば外部の動画サービスで視聴してね、という宣伝。

作品は気になるけど、いきなり課金して視聴はちょっと敷居が高い、というものはわりと多いのでそういった作品があれば視聴してみてもよいだろう。

各エピソードに、視聴期限は視聴を開始してから30日間。

30日間の視聴期限が過ぎると視聴できなくなり、一度視聴を開始したら期間内に視聴しなければならない。

また、各エピソードは一度見終わると視聴できなくなるため、作品紹介的なコンテンツとなる。

見放題コンテンツと同様に、ディスカバーTVのコンテンツは定期的にアップデートされるため、配信されているものはじきにより異なってくる。

再生前に注意事項が表示される。

人気作品の試聴が可能であれば、有用なサービスになりそう。

 

---------------------

●「BRAVIA CORE」って何?


「BRAVIA XRシリーズ」専用のコンテンツサービス「BRAVIA CORE」。

「BRAVIA XRシリーズ」を購入した特典として、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの最新映画から過去の名作までを視聴することができるというもの。

感覚としては、「Netflix」や「Hulu」、「Prime Video」などのビデオオンデマンドと同じと考えて良い。

「BRAVIA XRシリーズ」以外のBRAVIAには備わっていないので注意。

・テレビが届いたその日からおうち映画館。BRAVIA CORE


また、SIMフリーモデル「Xperia 1 III (XQ-BC42)」の発売に際して、Xperiaに最適化されたアプリ「BRAVIA CORE for XPERIA」が登場。

なんとスマートフォンでも、ソニーピクチャーズの映画が楽しめるようになった。

・ソニー・ピクチャーズと連携して誕生したコンテンツサービス「BRAVIA CORE for XPERIA」

「BRAVIA CORE」が楽しめる機種をまとめると、現時点(2022年2月)では以下のとおり。

視聴期間や、引き換え可能数についてはテレビとスマートフォンで若干異なる。

<対象モデル>
「BRAVIA XRシリーズ」A90J、A80J、X95J、X90J
 2年間見放題+好きな最新作10作品引き換え

・SIMフリーモデル「Xperia 1 III (XQ-BC42)
 1年間見放題+好きな最新作品を5作品引き換え

クレジットを使い切った場合でも、コンテンツ・購入レンタルが可能になったのでじゃんじゃん引き換えても問題なし。

・BRAVIA XRシリーズのコンテンツサービス「BRAVIA CORE (ブラビア コア)」、コンテンツ購入・レンタルに対応。期限1年のクレジットを使い切ったユーザーが対象。

・「BRAVIA CORE(ブラビアコア)」をはじめよう | 動画でサポート | テレビ ブラビアなど | 総合サポート・お問い合わせ | ソニー

 

---------------------

●「BRAVIA XR」専用の配信サービス「BRAVIA CORE」の使い方。


「BRAVIA XRシリーズ」「BRAVIACORE」を起動して、サインイン。

するとその日を起点として、ソニー・ピクチャーズの豊富な映画コレクションが2年間見放題で楽しめる。

見放題のコンテンツには「見放題コンテンツ」から探せる。


「引き換え可能なコンテンツ」から、チケットを使用して最新映画10本見られる。

・BRAVIA XRシリーズのコンテンツサービス「BRAVIA CORE (ブラビア コア)」、コンテンツ購入・レンタルに対応。期限1年のクレジットを使い切ったユーザーが対象。

「IMAX Enhancedコレクション」には、IMAXシアターのような臨場感あふれる映画体験ができる作品が集められている。

IMAXでリマスターされた4K HDRコンテンツとDSTオーディオテクノロジーのサウンドを楽しめる。

「Studio Access」には、映画の舞台裏や制作現場の裏側を楽しめるコンテンツ。

ただしこちらに関しては、全編英語(日本語字幕なし)となる。


観たい作品があったら、再生アイコンを選択するだけ。

※今回は、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(Spider-Man: No Way Home)」を選べば良い。

「見放題コンテンツ」っていまいち古い作品しかないのかと思いきや、往年の名作だけでなく最近の作品までカバーされている。

この場合はチケット(クレジット)を消費しないため、好きなだけ観られる。


「引き換え可能なコンテンツ」を観たい場合には、チケット(クレジット)を使う必要がある。

一度観たら見えなくなるわけではなくて、2年の期限が来るまでは何度でも観られる。

あまり大事にとっておくと、結局使わなかったなんて事になりかねないので、積極的に使ったほうが良いかもしれない。

※ただし、チケットの追加はできないので注意。


「BRAVIACORE」の最大の特徴は、4K UHDブルーレイディスクと同クオリティとなる最大80Mbpsの高画質ストリーミング技術Pure Streamにより、映画館のようなクオリティで楽しめるということ。

手に入れた「BRAVIA XRシリーズ」の実力をフルに発揮して視聴できるので満足度はものすごく大きい。


リモコンでコントロールできるのは、再生、早送り、早戻し、30秒送り、30秒戻し。

早送りと早戻しは、2x、4x、8x、16x、32x、64xまで調整できる。

「視聴オプション」として、[音声]と[字幕の設定]、[フォントの設定]、[背景とボーダーを調整]。

[音声]は、日本語、DTS、英語DTS、英語を変更。

[字幕の設定]では、字幕のオンオフや、日本語と英語の切り替えができる。

[フォントの設定]については、色や文字サイズ、スタイルや不透明度まで変更可能。

[背景とボーダーを調整]は、字幕の背景や字幕を囲う色や不透明度までも設定できる。

 

---------------------

・新作映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』などもラインナップ


SIMフリーモデル「Xperia 1 III (XQ-BC42)」での「BRAVIA CORE for XPERIA」の使い方は基本的には同じ。

手元でいつでもどこでもソニーピクチャーズの作品を楽しめる。

最新作の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』もクレジットを消費すれば視聴できる。


注意点として、「BRAVIA CORE」で提供されているコンテンツは定期的に入れ替わっいるため、[見放題コンテンツ]にあると思っていた作品がいつの間にか観られなくなっている場合もある。

それは困る!お気に入りで確保しておきたい!という場合には、クレジットを消費して引き換えておくことで、2026年2月23日までであれば、いつでも視聴できるようになる。

細かな事ではあるけれど、作品を引き換えると関連のボーナスコンテンツも視聴可能となるが、言語が英語のみであるなど制限もある。

こういった特典については、販売されているUHD BDやBDのほうが充実しているため、思い入れのある作品であればディスクメディアを購入しても良いかもしれない。

スマートフォン用のアプリは、縦画面と横画面に対応。

右上の[メニュー]をタップすると、引き換えたコンテンツがすぐに観られる「マイライブラリ」、クレジットを消費してコンテンツを引き換えできる作品をまとめた「引き換え可能なコンテンツ」、見放題の作品をまとめた「見放題コンテンツ」、IMAX® Enhancedのコンテンツをまとめた「IMAX® Enhanced」、ボーナスコンテンツをまとめた「STUDIO ACCESS」などを確認できる。

仮に、BRAVIAとXperiaで同じアカウントでサインインすると、引き換えたチケットなども供給できる様子。

各メニューも、「Xperia 1 III (XQ-BC42)」の21:9のディスプレイに対応しているため、コンテンツの参照しやすい。

思いの外作品数も多く、ソニーが権利を持っている「スパイダーマン」シリーズ、「ヴェノム」、「アイアンマン(1作目)」などのマーベル作品など楽しむことが出来る。


やはり嬉しいこととして、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』といった有力な最新作が有料デジタル配信の開始と同タイミングで配信されたということ。

言ってしまえば、ソニーにとってはプロモーションにすぎない「BRAVIA CORE」で、この手厚いサービスは凄い。

「BRAVIA CORE」は、国内だけでなく世界で推し進めているコンテンツということもあって、これからもソニーのコンテンツとして重要な役割を果たすのだと思われる。


世界で大ヒットしている「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が配信されたということは、今後、映画『アンチャーテッド』も「BRAVIA CORE」で配信される可能性も十分にある。

こんなおいしいコンテンツは利用しないともったいない!

実は、「BRAVIA XRシリーズ」Xperia 1 III (XQ-BC42)を持っているけれど知らなかったという人は、今すぐ使ってみよう。

そして、これからテレビやスマートフォンを購入しようと考えているならば、このオールソニーコンテンツの世界に飛び込んでみても良いかもしれない。

 

 

---------------------

・BRAVIA CORE(for Xperia)対応モデル


Xperia 1 III (XQ-BC42)
ソニーストア販売価格:159,500 円(税込)⇒149,600 円(税込)
カラー:フロストブラック/フロストグレー/フロストパープル/フロストグリーン
Xperiaケアプラン(月払い550円/年払い5,500円)

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 6,200円(税込)
1回目のみ 7,000円(税込)

・Xperia 1 III(XQ-BC42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

・Xperia 1 III SIMフリーモデルと キャリアモデルをいろんな角度から比較。仕様や価格、保証まで比べてみるとかなり魅力的なSIMフリーモデル!?
・待ちに待った 国内 SIMフリーモデル「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は11月19日発売。限定カラーのフロストグリーンの実機を確認。Xperia Z5 グリーンとの違い。
・SIMフリースマートフォン「Xperia 1 III(XQ-BC42)」は、5Gと4G LTE 国内キャリアのどこまでカバーしているのか?楽天モバイル 5G(Sub6)や、キャリア4G周波数の5G転用バンドに対応しているか実際に試してみた。

 

<BRAVIA XR レビュー>


・HDMI.2.1 に対応した「BRAVIA XR」。4K液晶テレビ X90Jシリーズ を PlayStation5 / Xbox series X とつないで4K 120fps のゲームをプレイしてみた。
・映像と音の一体感が最高の没入感を味わえる 4K有機ELテレビ「XRJ-65A90J」。 Windows PCとつないで巨大デスクトップPC化、4K 120fps の表示方法とそのなめらかさを検証してみる。
・「BRAVIA XRシリーズ」の新しいOS「GoogleTV」の使い勝手。ソニーピクチャーズの最新映画から名作までを、ハイクオリティで楽しめるBRAVIA XR専用のコンテンツサービス「BRAVIACORE」。
・「BRAVIA XRシリーズ」 4K液晶テレビのフラッグシップモデル「XRJ-75X95J」。 映り込みを劇的に抑えたエックスアンチリフレクションと音に包まれる臨場感を、コンテンツありきで楽しんでみた。

 

<ホームシアターシステムレビュー>

音に包まれる没入感に感動!ホームシアターシステム「HT-A9」


・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その1)。適当に設置した4つのスピーカーで、まさかの音に包まれる没入感が凄かった。
・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その2)。「BRAVIA XRシリーズ」にS-センタースピーカーを接続、サブウーファーも追加して本気モードで視聴。これは自宅でできる最高の体験。

サラウンドとクオリティ異常に高い満足感サウンドバー「HT-A7000」


・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その1)インターフェースを確認、設置と接続・設定。バースピーカーの概念がひっくりかえる迫力と臨場感。
・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その2)バースピーカー1本で部屋を満たす立体音響体験と、スピーカーとしてのクオリティの高さ両方に満足。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)