ソニーが基本的に好き!

BRAVIA 2021年モデル の大型アップデートを検証してみた。(その2)Airplay の Dolby Atmos ビデオ系コンテンツ再生対応。


・BRAVIA 2021年モデル の大型アップデートを検証してみた。(その1)Airplay の 4Kミラーリング。
の続き

2022年3月、4K有機EL・液晶テレビ BRAVIA 2021年モデルにソフトウェアアップデート実施。

待望の可変リフレッシュレート「VRR」対応や、Airplayの4KミラーリングとDolby Atmosコンテンツ対応など、多くの機能が追加される大型のアップデート。

前回に続いて、AirplayのDolby Atmos ビデオ系コンテンツ再生について試してみる。

・ブラビアA90J/A80J/X95J/X90J/X85J/X80J シリーズ ソフトウェア更新のお知らせ

---------------------

●アップデート内容

対象機種:ブラビアXR:A90J/A80J/X95J/X90J
     ブラビア:X85J/X80J

【主な機能追加】
・VRR機能に対応しました。(A90J/A80J/X95J/X90Jシリーズ)
A90J/A80J/X95J/X90J シリーズが、VRR(Variable Refresh Rate:可変リフレッシュレート)機能に対応します。
ゲームの出力に合わせてリフレッシュレートを調整することで、映像のかくつきを押さえ、なめらかに再生します。

・Airplayの4KミラーリングとDolby Atmosコンテンツの再生に対応しました。
iPhone や iPad の[写真]アプリから、写真や動画を4Kでテレビの大画面にミラーリングできるようになります。
また iPhone や iPad から Prime Video などのアプリを選び、AirPlay で Dolby Atmos のビデオ系コンテンツを大画面で楽しむこともできるようになります。
ご注意:Apple Music の Dolby Atmos コンテンツには対応していません。

・Alexaによるボイスコントロールで、コンテンツ検索と再生に対応しました。
「アレクサ、〇〇を探して」と発話すると、TV放送や録画コンテンツから見たいコンテンツを探して一覧で表示したり、「アレクサ、〇〇を再生して」と発話して、コンテンツを再生することが可能になります。

・本体マイクの感度調整が可能になりました。
意図せず本体マイクが反応し、Google アシスタント機能が動作した場合に、本体マイクの感度を変更できるようになります。

・その他、機能追加、画面のデザイン変更を行いました。

Airplayの4Kミラーリング、Dolby Atmosコンテンツ再生に対応


iPhoneやiPadなどから写真や動画をブラビアの大画面にミラーリングできる「Airplay」。

ブラビアのアップデートをしたことで、4KミラーリングとDolby Atmosコンテンツ再生に対応。
Apple Music の Dolby Atmos コンテンツには対応していない。

「Airplay」での画質やDolby Atmosコンテンツ再生について、今回は「Apple TV」アプリで購入したコンテンツ(デッドプールとパシフィックリム)を再生してみた。

アップデート未適用の「XRJ-65A90J

 

まず、アップデートをする以前のBRAVIA XRシリーズ「XRJ-65A90Jで、「Airplay」を利用してブラビアにミラーリングした場合。

情報のUIは、画面上側に白ベースで表示されている。

ここで、詳細を見てみると、[4K][HDR]という2つの表示にとどまっているのがわかる。

※非常にややこしい話ではあるけれど、アップデート前のBRAVIA XRでも、「Apple TV」アプリからのミラーリングでは、フルHDではなく4Kで表示出来ている。

アップデート適用済み「XRJ-75X95J

 

次に、アップデートしたBRAVIA XRシリーズ「XRJ-75X95J」。

こちらを見ると、情報UIが下側に移動し、黒ベースとなっている。

そして、詳細情報をみると[4K][HDR]に加えて、[Dolby Atmos]という表記が加わっている。

これはコンテンツ(デッドプール)が[4K][HDR][Dolby Atmos]に対応しており、アップデートしたBRAVIA XRに「Airplay」を利用してミラーリングしても対応したという事になる。

<Dolby Atmosとは?>
サウンドが頭上やあらゆる方向から流れ、周囲の3次元空間で動き回り、自分がそのアクションの中にいるかのような臨場感あふれる体験ができるサラウンド技術。

アップデート適用済み「XRJ-75X95J

 

次に、[Dolby Vision]に対応している「パシフィックリム」を再生してみる。

するとアップデートしたBRAVIA XR「XRJ-75X95J」では、[4K][Dolby Vision][Dolby Atmos]と表示されている。

BRAVIA XRのクイック設定から、画質モードに「ドルビービジョンブライト」「ドルビービジョンダーク」といった設定ができるようになっている。

<Dolby Visionとは?>
ハイライトはさらに明るく暗色はさらに濃く、より鮮やかな色調、印象的なコントラストなど、ハイダイナミックレンジ映像のための技術。

アップデート未適用の「XRJ-65A90J

 

改めて、アップデートをする前のBRAVIA XR「XRJ-65A90Jを確認してみると、「4K」「Dolby Vision」のみ表示。

「Dolby Atmos」は表示されていなかった。

アップデート未適用の「XRJ-65A90J+「HT-A7000

検証していて厄介だったのは、「Dolby Atmos」について。

「Dolby Atmos」は音に関する規格であり、画面上のコンテンツの作品情報に表示されたとしても、実際に「Dolby Atmos」に対応した音が出ているかBRAVIA XR単体では明確に対応していると判別できるものがない。

そこで、BRAVIA XRに、シアターシステム「HT-A9」、「HT-A7000」を接続して、その成分の表示を確認してみた。

上記のコンテンツを「AirPlay」して、アップデート未適用の「XRJ-65A90Jに接続している「HT-A7000」の表示窓を見てみると、「Dolby Audio」と表示。

アップデート適用済み「XRJ-75X95J」+「HT-A9

 

アップデート適用済み「XRJ-75X95J」に接続している「HT-A9」の表示窓には、「Dolby Atmos」と表示されていた。

アップデートする前後で、「Dolby Atmos」が再生されるか否かの判別ができた。

注意点があるとすれば、コンテンツが「Dolby Atmos」対応でも、アプリ都合で対応できないという理不尽なトラップもあって非常に悩ましい。

もちろん他にも、Playstation や Apple TV、Fire TV、そもそもBRAVIAにも、ストリーミングサービスはあるし、「Airplay」はあくまでも視聴スタイルの一例にすぎない。

家族や友達の持っているiPhoneから、映画やドラマをみんなで一緒に観たい!といった場合でも、BRAVIA XRを持っていれば、「AirPlay」のミラーリングを利用して で良い画質といい音で観られるという事になる。

そんな時が来たらドヤ顔で「俺、いい方法がある!」と皆に教えてあげよう。

・Google TV 2021年モデルの本体ソフトウェアアップデートによる変化点(2022年3月~) | テレビ ブラビアなど | サポート・お問い合わせ | ソニー

 

 

<BRAVIA XR レビュー>


・HDMI.2.1 に対応した「BRAVIA XR」。4K液晶テレビ X90Jシリーズ を PlayStation5 / Xbox series X とつないで4K 120fps のゲームをプレイしてみた。
・映像と音の一体感が最高の没入感を味わえる 4K有機ELテレビ「XRJ-65A90J」。 Windows PCとつないで巨大デスクトップPC化、4K 120fps の表示方法とそのなめらかさを検証してみる。
・「BRAVIA XRシリーズ」の新しいOS「GoogleTV」の使い勝手。ソニーピクチャーズの最新映画から名作までを、ハイクオリティで楽しめるBRAVIA XR専用のコンテンツサービス「BRAVIACORE」。
・「BRAVIA XRシリーズ」 4K液晶テレビのフラッグシップモデル「XRJ-75X95J」。 映り込みを劇的に抑えたエックスアンチリフレクションと音に包まれる臨場感を、コンテンツありきで楽しんでみた。

 

<ホームシアターシステムレビュー>

音に包まれる没入感に感動!ホームシアターシステム「HT-A9」


・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その1)。適当に設置した4つのスピーカーで、まさかの音に包まれる没入感が凄かった。
・ホームシアターシステム「HT-A9」レビュー(その2)。「BRAVIA XRシリーズ」にS-センタースピーカーを接続、サブウーファーも追加して本気モードで視聴。これは自宅でできる最高の体験。

サラウンドとクオリティ異常に高い満足感サウンドバー「HT-A7000」


・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その1)インターフェースを確認、設置と接続・設定。バースピーカーの概念がひっくりかえる迫力と臨場感。
・サウンドバーの最上位モデル「HT-A7000」レビュー(その2)バースピーカー1本で部屋を満たす立体音響体験と、スピーカーとしてのクオリティの高さ両方に満足。

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口より徒歩3分。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)