ソニーが基本的に好き!

デジタル一眼カメラ「α7R V」の被写体認識性能はどれくらい進化したのか?新たに追加された「昆虫」について、認識しやすいシーンをまとめてみた。


デジタル一眼カメラαシリーズEマウント高画素α7Rシリーズの第5世代モデル「α7R V」。

発売日は、2022年11月25日(金)、ソニーストア販売価格は555,500円(税込)

AI処理に特化したAIプロセッシングユニットを搭載して静止画・動画を問わず[人物]、[動物]、[鳥]に加えて、新たな認識被写体として[昆虫]、[車/列車]、[飛行機]にも対応するというのが大きな特徴。

しかもすべて静止画と動画に対応する。

前回[動物]、[鳥]、「車/列車」、「飛行機」に続いて、認識対象[昆虫]について調べてみる。

・新開発AIプロセッシングユニット搭載により高精度の被写体認識を実現 新次元のAF性能と有効約6100万画素の高い解像性能でカメラの新時代を切り開く『α7R V』発売
・新商品「 ILCE-7RM5」発売前先行体験・展示について | ソニーストアについて | ソニー

・α7R V | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

---------------------

●「α7R V」と、「α7R IV」、「α7 IV」、「α1」、「α7S III」
認識対象と認識部位の違いを比較。


α7R V」、「α7R IV」、「α7 IV」、「α1」、「α7S III」、AF時に検出できる対象や部位が細かく異なる。

上の表が、認識できる対象と、認識部位の一覧。

認識対象は、「α7R V」が最も多く[人物]、[動物]、[鳥]、[昆虫]、[車/列車]、[飛行機]となっている。

次いで、α7 IVが[人物]、[動物]、[鳥]。

α1は、[人物]、[動物]、[鳥]のうち、[動物]と[鳥]については静止画のみの対応で動画撮影時では認識しない

α7R IV」、「α7S IIIでは、[人物]、[動物]のうち、[動物]に関しては静止画のみの対応で動画撮影時では認識しない

こうしてみると、認識対象はあまり違いがないように見えて、大きく違うことがわかる。

そして、AIプロセッシングユニットを搭載した「α7R V」では、[昆虫]を認識。

そのうえ[頭部]、[被写体全体]といった認識も可能で、より捕捉精度が増している。

[車/列車]の認識


[昆虫]の認識については完全にα7R V独占の機能。

[昆虫][先頭部(頭部)]、[被写体全体]を認識する。

良好に認識する条件としては、被写体全体が写っていて、形状や輪郭が明瞭に見える状態とされている。


α7R V」を構えて昆虫にレンズを向けると、画面(ファインダー)上で[昆虫]の姿を捕捉して四角いAF枠が表示される。

これは、カメラが「チョウ」や「トンボ」という被写体を認識しているということ。

一般のカメラの動作としては、捉えたい被写体に向けたあとにシャッターボタンを半押し(もしくは画面上で被写体をタップ)して、いったん捕捉するというアクションが必要となる。

α7R V」はそのワンアクションをスキップして、狙った[昆虫]にすぐさまAFが合い続けているため、フォーカスすることにリソースをとられることなく、構図やほかの設定に注力してシャッターを切ることができる。


α7R V」で[昆虫]を認識する場合に苦手な対象となるのは、被写体全体が映っていない場合や、形状・輪郭が不明瞭、対象となる被写体が密集している場合。

[昆虫]とはいえ多種多様な形・色・種類がいるため、「チョウ」、「トンボ」、「ハチ」といったものと、異なる種類は認識が難しくなる。

環境により、擬態していたり、わかりにくい色・形をしている種類も多いので、人間の目ですら一瞬の判断に迷うようなシチュエーションは仕方がないとも言える。


[昆虫]という被写体を認識しようとすることもあって、四角や丸といった形の人工物を誤認してしまうこともある。

また鳥の頭部、人の顔、頭部、両生類の頭部といった[昆虫]とは異なる分類の種も誤認してしまう可能性がある。

見ようによっては虫っぽく見えてしまうので、このあたりはAIならではの今後のアップデートでさらに精度が上がっていくと嬉しい。

 

---------------------

●[昆虫]の認識ができると、AFは「α7RV」にまかせて構図などにより集中できる。


α7R V」に備わったAIプロセッシングユニットによる処理性能の高さによって、AF性能が劇的に向上。

カメラが[昆虫]と認識できるようになったことで、ただの被写体としてフォーカスするのとは違って、シャッターチャンスが増えることと、撮るべき写真の本来あって欲しい部分にフォーカスのあった成果物が残るというのは非常に大きい意味がある。

ソニー公式でも、草などに止まっている昆虫の頭部についての、おすすめの設定例などを公開している。

多種多様な種類の昆虫に対して万能ではないものの、撮影時の撮り方なども紹介しているのでぜひ見てみると良い。

・α7R V(ILCE-7RM5) | 機種別サポート | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
「活用ガイド」→「カメラの機能と使い方(トップページ)」→「フォーカス設定ガイド」→「昆虫撮影の設定例」

・デジタル一眼カメラ「α7R V」のサポートページを公開。AF周りが大幅に進化した「α7RV」の撮りたい対象のおすすめ設定を詳細に解説。

 

---------------------

●デジタル一眼カメラαシリーズラインアップ


デジタル一眼カメラα7R V ボディ「 ILCE-7RM5」
ソニーストア販売価格:555,500円(税込)
発売日:2022年11月25日発売予定
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・有効約6100万画素フルサイズセンサー&BIONZ XR搭載 α高画素機 新モデル「α7R V」(ILCE-7RM5)、2022年11月25日(金)発売。市場推定価格、560,000円(税込)前後。4軸チルトや8段ボディ内手ブレ補正、AIプロセッシングユニットなど新要素満載。
・α7Rシリーズ 第5世代モデル「α7R V」と、気になるαシリーズ(α7R IV、α7 IV、α1、α7S III)の仕様を比較!AIプロセッシングユニットや8段ボディ内手ブレ補正、4軸チルトなど「α7R V」だけが持つ最新機能の魅力が突出。
・デジタル一眼カメラ「α7R V」の付属品は何が入ってる?日本のソニーストアでは記載されていない付属品情報を海外公式サイトで確認。他、おすすめアクセサリー。
・α7Rシリーズ 第5世代モデル「α7R V」で劇的に進化したオートフォーカス。人物、動物、鳥、昆虫、車/列車、飛行機それぞれのシーンで検出っぷりがスゴイ。
・「α7R V」(ILCE-7RM5)予約販売開始!一緒に組み合わせたいレンズやアクセサリー。ボティ単体よりもさらに効果的に協調制御できる厳選された4つのレンズ。
・α7Rシリーズ 第5世代モデル「α7R V」は、連写持続時間とデータ書込時間が劇的に高速化!改善のカギは「画像処理エンジンBIONZ XR」と「高速メモリーカードスロット」。


デジタル一眼カメラα7R IV ボディ「 ILCE-7RM4A」
ソニーストア販売価格:438,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・α7R IVの従来型番「ILCE-7RM4」と仕様変更となった新型番「ILCE-7RM4A」はどこが違うのか?背面の液晶モニターをマクロ撮影して比較してみた。
・デジタル一眼カメラ α7RIV レビュー(その1)α7IIIシリーズからどこが改善されたのか外観をチェック。触ると実感するカメラの道具としての良好な操作フィーリング。
・デジタル一眼カメラ α7RIV レビュー(その2)α7RIVの圧倒的な解像力を身を以て知るには?解像力テストチャートを使ってチェックしてみた。


デジタル一眼カメラ α7 IV 「ILCE-7M4」

ソニーストア販売価格:361,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・「α7 IV」( ILCE-7M4 )は、「α7 III」からどれほど進化したのか?仕様を比較。α9ベースのスタンダードモデルと、α1ベースのスタンダードモデルとの違い。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7 IV ( ILCE-7M4 )の熱耐性能について、海外のソニー公式ページから調べてみる。α7 IV、α7SIII、FX3、α1の動画連続撮影比較。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7 IV ( ILCE-7M4 )の新機能「フォーカスブリージング補正」と、その対象レンズについて確認してみる。
・「α7 IV」( ILCE-7M4 )は本体内ソフトウェアアップデートが可能!? メモリーカード内に保存したファームウェアデータを使って実行できる様子。PCいらずで、スマートフォンやタブレットだけでもアップデートできる可能性。


デジタル一眼カメラ α1 「ILCE-1」
ソニーストア販売価格:935,000円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・進化するプロの創造性に最先端技術で応える フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α1』 発売 | プレスリリース | ソニー
・α1 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
・ソニーのフラッグシップ、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α1 ( ILCE-1 )」登場(前編)。α7R IVに迫る高解像度と、α9IIを遥かに凌ぐスピード性能。
・ソニーのフラッグシップ、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α1 ( ILCE-1 )」登場(後編)。信頼性やアウトプットも大幅に改良、あらゆるレスポンスを重視したワークフロー。


デジタル一眼カメラ α7S III 「ILCE-7SM3」
ソニーストア販売価格:493,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

<ソニーストア先行レビュー>
・ソニーストアでデジタル一眼カメラ α7SIII を触ってきたレビュー(その1) これを最新世代と言わずなんと呼ぶ!?全てのαユーザーの羨む機能が物欲を激しく刺激する。
・ソニーストアでデジタル一眼カメラ α7SIII を触ってきたレビュー(その2)4K 120p ハイフレームレート撮影、4:2:2 10bit記録、多彩な動画フォーマットへ対応、知れば知るほど使ってみたくなるポテンシャルの高さ。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)