ソニーが基本的に好き!

お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その8)「写ルンです」のレンズを再利用した「GIZMON Wtulens L」と合体して最小カメラに!


・お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その1)ULYSSES 本革&帆布カメラバッグ ボルセッタ。

・お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その2)α7Cとキットレンズ「SEL2860」に、便利なオートレンズキャップを付けてみた結果…。
・お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その3)α7Cの背面モニターを保護する純正ガラスシート「PCK-LG1」や、液晶保護フィルムを貼ってみよう。
・お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その4)α7Cとキットレンズ「SEL2860」をお気軽に使うために、レンズプロテクターとレンズフードを付けてみよう。
・お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その5)α7Cのオトモレンズ「SEL55F18Z」をコンパクト&クールに持ち運びたい。
・お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その6)ほんの少しだけ見た目を変えてみたい、アクセサリーシューキャップを取り替えてみる。
・お出かけフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C がもっと愛おしくなるアイテム(その7)コンパクトなボディのグリップ性がよくなるサムグリップを装着。
の続き。

α7Cのコンパクトボディを最大限に活かしたい!という目的のためだけに見つけて買ってみたレンズ。

その名も、写ルンですのレンズを再利用したGIZMON「Wtulens L」

・世界最小・最軽量システムを実現するフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7C』とズームレンズ発売| プレスリリース | ソニー
・α7C | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

---------------------

●「写ルンです」のレンズを再利用したGIZMON「Wtulens L」をα7Cと合体!最小カメラを作り出す。


なんとこのレンズ、あの往年の名機とも言うべき使い捨てカメラ「写ルンです」のレンズ部分を再利用して、ミラーレスカメラにアレンジしたというぶっとんだレンズ。

よくもまぁこんな事思いつくよねと感心しつつ、このライト感覚とほぼレンズの長さ皆無な「Wtulens L」を買ってみた。

付属してくるのは、レンズユニット、ミラーレスマウント、ポーチ。

GIZMON Wtulens L 極薄 ミラーレスカメラ用 17mm超広角レンズ (Eマウント)


これが「写ルンです」にくっついていた非球面メニスカスレンズ。

しかもレンズを、お互いに背中合わせにして組み合わせるという2枚組構成。

先に発売された1枚だけ採用する「Wtulens 」よりも約0.5倍も広角にしているというのがミソ。

で、このレンズユニットを、アダプターにハメることで、ソニーのEマウントボディにくっつくという仕組み。

アダプターはEマウントに限らず、ニコン1マウント、EOS Mマウント、マクロフォーサーズ、富士フィルムXマウントといろいろ容易されていて、使いまわしできるようにする気概が凄い。

まぁこの原理ならいろいろ作れるしね。


ということで、α7Cボディに合体。

基本マウント似合わせて回すだけで、ロック機構もなにも働かないのでただ装着するというだけ。

逆に取り外す時もロック解除ボタンを押す必要もなく逆に回せば外せる。

そこそこの抵抗もあるので、不意にとれてしまうようなこともない。


ジャーン。

レンズにして厚みは約5mmしかなく、なんとも激薄なパンケーキレンズ。

「Wtulens L」は、先代「Wtulens 」よりも厚みが1/3になったらしいので、激薄。

もはやボディキャップよりも薄いくらい。


重さにしても約20gしかないので、まさにα7Cボディだけを持っているに等しい。

α7Cのバッテリーとメモリカードを含めて約509gなので、レンズ込みで約529g程度。

軽い!

カバンやバッグに入れるときも、グリップ部分よりも薄いのでまぁ嵩張らないサイズ感。


一応レンズスペックは、35mm換算で17mm相当の超広角レンズ。

「写ルンです」レンズを2枚組み合わせた成果。

絞りのコントロールもなければフォーカスをあわせるという概念も一切なく、ただ目の前にあるものを切り取るだけ。


コンパクトだからといって喜んで飯テロ写真を撮ろうとしたら、まるでフォーカスのあわないとんでもない失敗写真になってしまたった。

いやもうこれすら味だと思うことにしよう。


そして見るからに、周辺の光量落ちがものすごく激しいし、周辺画像の流れも強烈。

逆光耐性もへったくれもなく、絞ることもできず、太陽光にはなすすべなし。

そのどれもが愛しい、まさにトイカメラの極み。

まだAPS-Cボディに着けたほうが、焦点距離28mm相当のレンズとして成立しやすいかもしれない。

---------------------


フルサイズセンサーの無駄遣いとも思えるけれど、ここは昔を懐かしみながら、わーいわーい枚数気にしなくていい「写ルンです」だー!とはしゃぎながら撮るのがきっと吉。

それから、もうこれはボディキャップの代わりだ、きっとそうなんだ!と思い込むのも一つの手。

「Wtulens L」をくっつけたα7Cは実にコンパクトになるわけだから、ボディとレンズを個別にカメラバッグに入れた状態と同じと言って良い。

そして、好みのレンズに付け替えるもよし、とっさにα7Cだけを取り出してパチリと撮るもよし。

きっと凝り固まったカメラ知識を一度ぶっ壊して、改めて写欲を刺激してくれるに違いない。

きっと、いや、たぶん。

 

<ソニーストアでα7Cの実機を触ってきた先行レビュー>
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その1)フルサイズボディ α7III、APS-Cボディ α6600 と一緒に並べて比較。実際に触って実感する α7C の凝縮感。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その2)性能を維持したまま小さく軽くなったコンパクトボディをくまなくチェック。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その3)静止画撮影時も動画撮影時も進化したAF周り。いつでも発動できる「リアルタイムトラッキング」が異常に便利。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その4)α7Cのコンパクトさを邪魔しない、小さくて軽いフルサイズ ズームレンズ「SEL2860」
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その5)いろいろなEマウントレンズをα7Cに装着してみた。ボディ+レンズの総重量もチェックしておこう。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その6)ブラックのボディを確認、続!14本のEマウントレンズをα7Cに装着してみた。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その7)α7Cにピッタリなコンパクト&軽量フラッシュ「HVL-F28RM」

<α7Cレビュー>
・いつも持ち歩きたくなるフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C レビュー。(その1)凝縮されたプロダクツを味わえる外観と使い勝手のフィーリング。
・いつも持ち歩きたくなるフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C レビュー(その2)α7Cは本当にコンパクトなのか?フルサイズαシリーズと比較してみる。
・いつも持ち歩きたくなるフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C レビュー。(その3)α7Cはα6000シリーズから買い替えてバレないか?APS-C αシリーズと比較。

・持ち出してお出かけしたい気分になれるコンパクトなフルサイズミラーレスカメラ「α7C」、VLOGCAMに新色、wena3予約多数 ”ソニーが基本的に好き。Live”(2020年10月24日配信)

---------------------

●デジタル一眼カメラα7C ラインナップ

 


『α7C』ズームレンズキット ILCE-7CL
ソニーストア販売価格:239,000円+税
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


『α7C』 ボディ ILCE-7C
ソニーストア販売価格:209,000円+税
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・世界最小・最軽量システムを実現するフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7C』とズームレンズ発売| プレスリリース | ソニー
・先行展示情報(ソニーストア直営店)
・α7C | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

---------------------

●電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F28RM」


電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F28RM」
メーカー希望小売価格:27,170円+税
ソニーストア販売価格:25,364円+税
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・α7C にあわせた小型・軽量フラッシュ「HVL-F28RM」を12月11日に発売。ガイドナンバー28、電波式ワイヤレス通信に対応、α7Cの顔検出と連動して光量やホワイトバランスを調整。

 

---------------------

●シューキャップ「FA-SHC1M」


シューキャップ「FA-SHC1M」
メーカー希望小売価格:1,000円+税
ソニーストア販売価格:950円+税
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

 

---------------------

●はじめてソニーストアを利用するときも先にMy Sony ID登録しよう

まだ一度もソニーストアを利用したことがないという場合でも、My Sony IDを新規登録すると、すぐに利用できるソニーストア割引クーポン(10%OFF)をもらうこともできる。

その後、お買い物条件に応じて年に2回オイシイクーポンがもらえるので、ぜひ利用しよう。

---------------------

●「αあんしんプログラム」を上手に利用しよう。


●αあんしんプログラム
αオーナー向けの「あんしん・快適な」サービス
「レンズ長期保証優待」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額


レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料 / 5年〈ワイド〉50%OFF

故障の保証「長期保証<ベーシック>」に加えて、破損・水ぬれ・火災の保証まで広範囲に対応する「長期保証」の手厚いサービス。

αあんしんプログラム会員であれば、何本買ってもレンズが通常有料となる「レンズ長期保証3年<ワイド>」「レンズ長期保証5年<ベーシック>」無料に。

また、「レンズ長期保証5年<ワイド>」50%OFFになる。


注意点として、ソニーストアで新規レンズ購入時に専用ページで購入手続きとなるため、あらかじめ『αあんしんプログラム』に先に入会しておく必要がある。

---------------------

●利用するとオトクなその他のソニーストアキャンペーン


・24回払いまで分割払手数料0%キャンペーン


・残価設定クレジット分割手数料0%キャンペーン

残価設定クレジットの分割手数料が、通常1%を【0%】

デジタルスチルカメラの返却するときの買取予定価格「残価額」として、「残価額」を差し引いた金額から24カ月の分割払いで支払う。

こうすることでまるごとクレジットにした場合よりも月々の支払いが抑えられるのが特徴。


・買い替え応援キャンペーン

ソニーストアでは、オンラインでもソニーストア直営店でも利用できる「ソニーストア下取りサービス」

ソニー製デジタルスチルカメラ全モデル、他社製デジタルカメラやレンズを最終査定価格にプラス増額して買い取り。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)