ソニーが基本的に好き!

VAIO typeR masterに、微妙なプロセッサーアップグレードキャンペーン


VAIO typeR masterに、
2008年5月2日までの期間限定で
「プロセッサーアップグレードキャンペーン」がスタート。

「VAIO typeR master」
VGC-RM94US【VAIOオーナーメイドモデル】

OS:Windows Vista Ultimate
(Abobe Premiere Pro CS3、Adobe Photoshop Lightroom)
ソニースタイル販売価格:203,800円(税込)~

「VAIO typeR master」
VGC-RM94S【VAIOオーナーメイドモデル】

OS:Windows Home Premium
(Abobe Premiere Elements)
ソニースタイル販売価格:156,800円(税込)~

--------------------
VAIOオーナーメードで
CPUのアップグレードが最大で20,000円安くなる。

「Core 2 Duo E8200」⇒「Core 2 Quad Q6700」
通常時:       +72,000円(税込)
               ↓
キャンペーン価格: +57,000円(税込)

「Core 2 Duo E8200」⇒「Core 2 Extreme QX9650」
通常時:       +152,000円(税込)
               ↓
キャンペーン価格: +132,000円(税込)

ぶっちゃけ、
同じ動作クロック(2.66GHz)で、
45nmプロセス版の「Core 2 Duo E8200」から
65nmプロセス版の「Core 2 Quad Q6700」に
5万円以上もかけて投資する意味ってあるんだろうか?
という疑問が・・・

たぶん、
デュアルコアの「Core 2 Duo E8500(3.16GHz)」にしたほうが
はるかにパフォーマンスが上がると思うけど。

もしくは、
VAIO typeR master
45nmプロセス版のクアッドコアが選択できるようになるのを
もう少し待ってみたほうがいいかもしれない。

・45nmプロセスCPUを搭載したVAIO typeR masterのパフォーマンス比較!
・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(交換作業編)
・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(ベンチマークテスト編)
・VAIO typeR masterに9600GTのグラボを載せてみる。
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その1)
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その2)
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その3)

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)