ソニーが基本的に好き!

VAIO typeR masterに、微妙なプロセッサーアップグレードキャンペーン


VAIO typeR masterに、
2008年5月2日までの期間限定で
「プロセッサーアップグレードキャンペーン」がスタート。

「VAIO typeR master」
VGC-RM94US【VAIOオーナーメイドモデル】

OS:Windows Vista Ultimate
(Abobe Premiere Pro CS3、Adobe Photoshop Lightroom)
ソニースタイル販売価格:203,800円(税込)~

「VAIO typeR master」
VGC-RM94S【VAIOオーナーメイドモデル】

OS:Windows Home Premium
(Abobe Premiere Elements)
ソニースタイル販売価格:156,800円(税込)~

--------------------
VAIOオーナーメードで
CPUのアップグレードが最大で20,000円安くなる。

「Core 2 Duo E8200」⇒「Core 2 Quad Q6700」
通常時:       +72,000円(税込)
               ↓
キャンペーン価格: +57,000円(税込)

「Core 2 Duo E8200」⇒「Core 2 Extreme QX9650」
通常時:       +152,000円(税込)
               ↓
キャンペーン価格: +132,000円(税込)

ぶっちゃけ、
同じ動作クロック(2.66GHz)で、
45nmプロセス版の「Core 2 Duo E8200」から
65nmプロセス版の「Core 2 Quad Q6700」に
5万円以上もかけて投資する意味ってあるんだろうか?
という疑問が・・・

たぶん、
デュアルコアの「Core 2 Duo E8500(3.16GHz)」にしたほうが
はるかにパフォーマンスが上がると思うけど。

もしくは、
VAIO typeR master
45nmプロセス版のクアッドコアが選択できるようになるのを
もう少し待ってみたほうがいいかもしれない。

・45nmプロセスCPUを搭載したVAIO typeR masterのパフォーマンス比較!
・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(交換作業編)
・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(ベンチマークテスト編)
・VAIO typeR masterに9600GTのグラボを載せてみる。
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その1)
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その2)
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その3)

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)