ソニーが基本的に好き!

VAIO typeS(SZ95US)フルスペックのベンチマークテスト!


VAIO typeSプレミアムバージョン2008年春モデルの
ベンチマークテストをしてみた。

試したのは以下の機体。

<VGN-SZ95USのスペック>
OS:Windows Vista Ultimate
CPU:インテル Core 2 Duo T9500 (2.60GHz)
メモリー:2GB(DDR2 667/2GBx1)
HDD:ハイブリッドHDD 約160GB
チップセット:モバイル Intel GM965 Express
グラフィックボード:
SPEED・・・NVIDIA GeForce 8400M GS GPU
STAMINA・・モバイルIntel GMA X3100


前回(SZ94モデル)とは、
チップセット、グラフィックボードまわりはすべて同じで、
CPUだけが、
45nmプロセスを採用した新世代CPUの
最上位「インテル Core 2 Duo T9500 (2.60GHz)」になってるので
ココがどれだけのパフォーマンスを示すかという事にもなる。

・新世代Core 2 Duoプロセッサーの底力


また、
VAIOオーナーメードのカスタマイズ上、
今回からは、
「2GBx1枚」という構成なので、
今回は、
同じ2GBでも、
このシングルチャンネルの状態と
「1GBx2枚」のデュアルチャンネルの差と、
物理上最大の4GB(2GBx2枚)での3パターンで計測してみた。

・VAIO typeS[SZシリーズ]のメモリーを4GBにするとオイシイのか?

計測値は、
パフォーマンスの高い、
SPEEDモード[NVIDIA GeForce 8400M GS GPU]に、
そして、
電源プランは【高パフォーマンス】に固定。

---------------------

【パフォーマンスの評価】
Windows Vistaを快適に動作できるかどうかの
目安となる「パフォーマンスの評価」


プロセッサ:5.5
メモリ:5.1
グラフィックス:3.5
ゲーム用グラフィックス:4.6
プライマリハードディスク:4.8

プロセッサ評価は、
Core 2 Duo T9500 (2.60GHz)で5.5

2GB(2GBx1)と2GB(1GBx2)では、メモリー評価4.5
シングルチャンネルとデュアルチャンネルの差までは現れない。

4GB(2GBx2)では、メモリー評価が5.1
SZ94USを4GBにした時の4.9という評価よりも高い
という結果。

---------------------

で、ここからが
実際のベンチマークテスト。

●Vana’diel Bench3
(FINAL FANTASY XI for Windowsオフィシャルベンチマークソフト3)

<VGN-SZ95US>
【メモリー:2GB(2GBx1):シングルチャンネル】
・低解像度モード
SCORE:7654、7617、7614  平均:7628
・高解像度モード
SCORE:4552、4515、4510  平均:4525

【メモリー:2GB(1GBx2):デュアルチャンネル】
・低解像度モード
SCORE:7753、7677、7696  平均:7708
・高解像度モード
SCORE:4600、4596、4600  平均:4598

【メモリー:4GB(2GBx2):デュアルチャンネル】
・低解像度モード
SCORE:7751、7707、7732  平均:7730
・高解像度モード
SCORE:4592、4596、4592  平均:4593

☆参考値
<VGN-SZ94US>
【メモリー:2GB(1GBx2):デュアルチャンネル】
・低解像度モード
SCORE:7114、7226、7223  平均:7245
・高解像度モード
SCORE:4256、4260、4254  平均:4256

CPUが、Core 2 Duo T9500 (2.60GHz)になっただけで
ベンチマーク結果は確実に上昇してるのがわかる。

2GBベースでの
シングルかデュアルかでは微妙に
デュアルにいい結果が。

4GBにしても、たいした成果はない。

---------------------

●CrystalMark 2004R2

CPUやメモリー、HDD、グラフィック
のパフォーマンスを計測できるベンチマークソフト。

 
<VGN-SZ95US:4GB>  <VGN-SZ94US:4GB>

SZ95USのCPU「Core 2 Duo T9500 (2.60GHz)」になると
[ALU]や[FPU]といったCPU演算どちらも
SZ94USのCPU「Core 2 Duo T7700 (2.40GHz)」よりも
さらに高い数値を計測。

特に[ALU]の数値にいたっては1.3倍と
クロック周波数だけの影響ではない上昇率が見てとれる。

また、
画像にはないけれど
それぞれメモリーを差し替えて計測。
3回中の平均値。

【メモリー:2GB(2GBx1):シングルチャンネル】
Mark:96025
MEM:11785

【メモリー:2GB(1GBx2):デュアルチャンネル】
Mark:97439
MEM:12707

【メモリー:4GB(2GBx2):デュアルチャンネル】
Mark:97967
MEM:13188

ここでも
2GBベースでの、シングルかデュアルの差が現れた。

メモリー容量が4GBになった事の上昇率は驚くほどはない。

---------------------

futuremarkのベンチマークソフト
PCMark05、3DMark05、3DMark06でも計測。

メモリーはそれぞれ差し替えて計測。
3回中の平均値を掲載。

●PCMark05 Build 1.2.0(Basic版)

CPU、メモリ、HDD、グラフィックスなどの性能を計測する
統合ベンチマークソフト。
PCMark05からマルチコア/スレッドに対応。
無償版のため、詳細スコアは不明。

<VGN-SZ95US:4GB>  <VGN-SZ94US:4GB>
  

<VGN-SZ95US>
【メモリー:2GB(2GBx1):シングルチャンネル】
System Test Suite:5092

【メモリー:2GB(1GBx2):デュアルチャンネル】
System Test Suite:5154

【メモリー:4GB(2GBx2):デュアルチャンネル】
System Test Suite:5178

☆参考値
<VGN-SZ94US>
【メモリー:4GB(2GBx2):デュアルチャンネル】
System Test Suite:4810

CrystalMark 2004R2と同様の統合型のベンチマークソフトだけど
無償版のため詳細がわからないので
あくまでもトータル数値のみ。

メモリー差も結果として出てるのかとは言い難いけど
確実にCPUだけの違いで、数値は上昇してるのは間違いない。

--------------------

●3DMark05 Build 1.2.0(Basic版)

2004年10月頃に出来た定番の3Dグラフィックベンチマークソフト。
DirectX 9、ShaderModel 2.0に対応。

<VGN-SZ95US>  
  
[Main Test Results]           
3DMark Score : 2120 3DMarks   
CPU Score : 13135 CPUMarks

☆参考値 
<VGN-SZ94US>

[Main Test Results]
3DMark Score : 2111 3DMarks
CPU Score : 11913 CPUMarks

SZ95USとSZ94USでは、
グラフィックボードが同じなので
ゲームベンチでは数値に差は出にくい。

ただ、詳細にある
CPUMarksに関してはキチっと数値の差が見てとれる。

当然ベンチ中の
すでに3DMark06があるけどデモ画面は
ところどころコマ落ちしてるのがわかる。

--------------------

●3DMark06 Build 1.1.0(Basic版)

3Dグラフィックベンチマークソフトで
2006年1月頃にできた最新版。
DirectX 9.0c、Shader Model 2.0/3.0に対応。
3DMark06は3DMark05に比べて処理が圧倒的に重い。
PCイジメソフト。

<VGN-SZ95US>  
  
[Main Test Results]
3DMark Score : 1083 3DMarks
SM 2.0 Score : 334 Marks
SM 3.0 Score : 424 Marks
CPU Score : 2313 Marks
ベンチマーク詳細データ

☆参考値 
<VGN-SZ94US>

[Main Test Results]
3DMark Score : 1032 3DMarks
SM 2.0 Score : 332 Marks
SM 3.0 Score : 391 Marks
CPU Score : 2035 Marks
ベンチマーク詳細データ

CPU Scoreだけはしっかり評価は上昇してるけど
焼け石に水。

新しいSSE4命令のパフォーマンスさえ
かすれて見えるほどの激重ソフトとだけ実感。

最新フルスペックのデスクトップPCじゃないと
たぶんデモ画面はまともに動かないだろう。。

---------------------

3DMark05、3DMark06は
テストの一環としてやってるだけなので置いといて、
FFベンチでは、
CPUだけの変更にもかかわらず
確実なベンチマークスコアの上昇が見てとれた。

CrystalMarkでも、
今まで計ってきた歴代SZシリーズ(Vista機)でも最高数値をマーク。

1年前のSZ93を計測した結果から考えると
全体的な評価は約1.4倍くらい上がっていて
いかにパフォーマンス的な進化を果たしてきたかがわかる。

本当は、
ここまできたら
SZ最高スペックのWindows XP機だったら
どんなベンチが出るか見てみたい気もするけど。。

【Search file on typeS】
【type S徹底比較】

【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

6件のコメント

  1. みちのくパンダ より:

    オーナーメードのカスタマイズの、
    「2GBx1枚」のシングルチャンネルという構成…
    くんこくさんの検証結果から、同じ2GBでも、
    「1GBx2枚」のデュアルチャンネルという選択も、
    残しておいて欲しかったですね。。

  2. kunkoku より:

    >みちのくパンダさん
    おそらく気を利かして、メモリーの無駄を減らすための策だったのかもしれませんが、せっかくなのでユーザー側でチョイスできると一番いいですよねw

  3. きつね より:

    カタログを見てて、最近すごく気になってしまったことがあって…
    オーナーメイドのバッテリについてなんですが、
    SZ94は「VGP-BPS10」選択で最長7.5時間、「VGP-BPS9A/B」だと最長7時間駆動。
    当然、「VGP-BPS10」の方が良いという事ですよね。
    でも、SZ95には、「VGP-BPS10」の選択肢がないようです…
    対応製品にはSZ95も載っているし、単品価格も「VGP-BPS9A/B」より「VGP-BPS10」の方が安くなっています。
    なぜ、最長駆動時間が長くてお得な「VGP-BPS10」の選択肢が削られたのでしょう…?
    不具合が起きやすいから外したとかでしょうか?
    現在SZ90使ってますが、一度バッテリが突然認識されなくなりましたし…

  4. kunkoku より:

    >きつねさん
    バッテリーのメーカー事情ってヤツでしょうかね?
    というか、
    勝手な予測ですが、普通だったら派生した型番がいっぱいある必要なんてないのに、
    こんなにたくさんあるのは
    おそらくバッテリーの製造過程というか、供給ラインに何か影響があるからだと思います。
    というのも
    去年の年末頃に、モバイル系のバッテリーのほとんどが在庫切れのような状態になってた事があって
    本体出荷にまわしたんじゃ?みたいな話がありました。
    たぶんそういったからみで
    今のような変則的なバッテリー選択になってるのかもしれませんね。
    えーと
    バッテリーが全く認識されなくなった場合ですけど
    買って間もなくであれば、お早めにVAIOカスタマーに相談してみるのが得策だったりします。

  5. きつね より:

    バッテリーの在庫切れありましたね。
    あれはビックリしました (・_・;)
    がんばって製造ラインを安定させてほしいですね…
    認識されなくなった件は、サポートに出すと時間もかかるので…
    ネットで調べたらバッテリーが原因というのが多かったので、自腹でバッテリー買ってしまいました (つД`)

  6. kunkoku より:

    >きつねさん
    確かにバッテリーの判定って微妙ですからねー。
    これが早ければ早いほど、VAIOカスタマーでも対応してもらえる可能性は高いんですけど、
    あまり時間が経ってると、結局待たされた挙句の果てにバッテリー買い替えってパターンも考えられますものね(汗
    消耗品という分類だけにそのへんが難しいですね。。