ソニーが基本的に好き!

ハイビジョンDVテープ対応のビデオウォークマン「GV-HD700」


ソニーから
デジタルハイビジョンに対応した
HDビデオウォークマン「GV-HD700」を発表。

ソニーニュースリリース

HD ビデオウォークマン「GV-HD700」
ソニースタイル販売価格:155,000円(税込)
発売日:9月7日

7月末にSony Europeで発表されたビデオウォークマンと同じで
それが国内でも販売される。

ミニDVテープ方式のハイビジョン映像(HDV)とSD画像(DV)の
録画・再生ができるポータブルタイプのビデオデッキ。

x.v.Colorに対応していて
x.v.Color映像の記録されたテープを
HDMI端子やi.Link端子から出力する事もできるし
x.v.Color映像をi.LINK経由でDVテープに録画したり、
HDMI経由で出力をさせる事も出来る。


7.0型ワイドWVGAパネルの液晶ディスプレイが付いていて
解像度は、115.2万ドットあるので
大きくかつ細かな部分もその場で見られる事からも
撮影現場での即戦力になる。

それと、「全画面表示機能」という機能で、
今までの見えなかった部分も100%の表示が可能。
撮影した映像の全てを確認できる。

ハイビジョン記録されたテープを再生しながら
好きな場面を、120万画素相当(1,440×810ドット)の静止画で
メモステデュオに取り込む事もできる。

お気に入りのシーンを静止画に出来る機能は結構便利で
初代ハイビジョンハンディカム「HDR-FX1」には
なかった機能なので、
このビデオウォークマンにテープを入れてやれば
それも手軽に出来るようになる。


バッテリーも
ハンディカムで一番長く使われていた
LシリーズかMシリーズかのどちらかを選んで使える設計になってる。
おそらく、
以前から使ってるヒトにはなじみの深い、L・Mバッテリーは
結構手元にある事が多くて
それをそのまま流用できるあたりはちょっと気が利いてる。

-----------------

撮影時や編集用にはとっても便利だとは思いつつも
予想してたよりも高額でかなり躊躇してしまった。

昔のビデオ全盛時代から考えれば
妥当な気もしないでもないけど
サポート機として
もうちょっと導入しやすい価格帯で出して欲しかったかな。

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)