ソニーが基本的に好き!

5月21日(土)21時頃からライブ配信。小型軽量ノイキャンLDAC対応の「LinkBuds S」レビュー、「BRAVIA CORE for XPERIA」を大画面に出力、リアスピーカー「SA-RS5」レビュー、「SEL2470GM2 / SELP1635G / α7IVズームレンズキット」発売日決定 etc.


今日の夜、5月21日(土)21時頃から「ライブ配信(YouTubeライブ/ツイキャス)」を開始します!

---------------------

●常時装着も快適な小型軽量の完全ワイヤレス型ヘッドホン「LinkBuds S」

ソニーは、2022年5月19日にワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットの最新モデル「LinkBuds S」を発表。

LinkBudsシリーズとして、初のノイズキャンセリング機能LDACに対応、外音取り込みによる長時間使用が可能。

と言いながら、おそらく「LinkBuds S」の良さが全く伝わってなさそうなので、実機を使ってみたレビューをしてみる。

・常時装着も快適な小型軽量の完全ワイヤレス型ヘッドホン「LinkBuds S」、2022年6月3日に発売。ソニーストア価格:26,400円(税込)。LDAC、ノイズキャンセリングに対応。LE Audioにも年内対応。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「LinkBuds S」レビュー(前編)。長く着けていても耳が痛くならない快適さが突出。見た目があまりにも普通すぎて侮っていた。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「LinkBuds S」レビュー(後編)ノイズキャンセリングとLDACを搭載して音楽を楽しめる没入感をもちつつ、なんとも自然な外音取り込み。通話クオリティの高さに感動。

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5」

オーバーヘッドタイプ最新モデルの「WH-1000XM5」の仕様を確認してみると、外音取り込み時のバッテリー持続時間が大幅に改善していることが確認。

細かいところだけど、良くなっているポイント。

・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5」を前モデル(WH-1000XM4 / 1000XM3)と比較。価格は 49,500円(税込)。ソニーストアで特典クーポンを駆使すれば、長期保証もついてお得に購入可能。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5」レビュー(前編)明らかに快適になった装着感、強烈なノイズキャンセリングと耳への圧迫感が激減。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5」レビュー(後編)思いのままにコントロールできるノイキャンと音質の両立、自然に聞こえる外音と快適な通話性能。

---------------------

●出揃ったフラッグシップスマートフォン「Xperia 1 IV」の価格!

「Xperia 1 IV」キャリアモデルの価格がそれぞれ出揃った。

ドコモは全3色(ブラック、アイスホワイト、パープル)、auは2色(ブラック、アイスホワイト)、ソフトバンクは1色(ブラック)となっている。

気になる値段は、ドコモ190,872円au192,930円ソフトバンクの価格は199,440円

それぞれキャンペーンなども行われている。

ドコモ:Xperia 1 IV (SO-51C)と、ソニー製イヤホン(「LinkBuds」もしくは「WF-1000XM4」)を購入すると、dポイント10,000ポイント。
au:Xperia 1 IV SOG06を予約&購入すると、au PAY 残高10,000円相当。au Online Shopで購入すると、5,000円分のソニーポイント。
ソフトバンク:Xperia 1 IV(A201SO)数量限定でビジュアルヘッドセットXperia View」がセットになったキットを販売。

・5Gフラッグシップスマートフォン「Xperia 1 IV」登場!望遠光学ズームレンズ搭載、全てのレンズで4K 120fpsやリアルタイム瞳AFに対応。本体変わらずバッテリー増量、物理SIM/eSIM両対応。
・5Gスマートフォン 「Xperia 1 IV SO-51C」をドコモオンラインショップで5月12日10時より事前予約開始。 販売価格は、190,872円。2022年6月上旬以降発売予定。
・ソニーフラグシップスマートフォン「Xperia 1 IV」キャリアモデルの対応バンドが変化?他キャリアバンド対応、nanoSIM / eSIM対応も含めて使いやすく。

---------------------

●「BRAVIA CORE for XPERIA」を大きな画面で利用したいという実験。


Xperiaでも楽しめるコンテンツサービス「BRAVIA CORE for XPERIA」。

今までは、「BRAVIA XRシリーズ」Xperia 1 III (XQ-BC42)だけなので、いまいち認知されていないサービスだったが今年からはキャリアモデルの一部のXperiaでも利用できるようになる。

新たに追加されるモデルは、3キャリアから発売される「Xperia 1 IV(SO-51C, SOG06, A201SO)」。

せっかくXperiaで見れるならもっと大きい画面でみてみたい。

ということで、SIMフリーモデル「Xperia 1 III (XQ-BC42)」を使って「BRAVIA CORE for XPERIA」を、大画面で観る方法を試してみる。

・コンテンツサービス「BRAVIA CORE for XPERIA」の対象モデルが追加!SIMフリーモデル「Xperia 1 III」だけでなく、キャリアモデルの「Xperia 1 IV」でも利用可能に。

---------------------

●バッテリー内蔵型のワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」発売。

サウンドバー「HT-A7000」と組み合わせて楽しめるバッテリー内蔵型ワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」を発表。

かなり楽しみだった「SA-RS5」を設置して実際につかってみる。

・バッテリー内蔵型のワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」、2022年5月21日発売。ソニーストア価格74,800円(税込)。サウンドバー「HT-A7000」と組み合わせて、立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」に対応。

---------------------

●「SEL2470GM2」、「SELP1635G」、「α7 IVズームレンズキット」発売日決定!

2022年夏予定とされていた、Eマウント専用フルサイズ対応レンズFE 24-70mm F2.8 GM II「SEL2470GM2」 の発売日が決定!

正式な発売日は、2022年6月10日(金)発売、先行予約販売の受付は、2022年5月24日(火)10時より開始。
 
発売延期していたFE PZ 16-35mm F4 G「SELP1635G」の発売日が、改めて2022年5月27日(金)に決定。
 

α7IVズームレンズキットの発売日は5月27日(金)、ソニーストア販売価格は350,900 円(税込)。


フルサイズのボディは、若干回復。

人気のα7 IV 「ILCE-7M4」は現在在庫がある状態。

このまま注文停止しているα7C 「ILCE-7C」やAPS-Cのボディも再開して欲しいところ。

・ソニー、世界最小・最軽量 大口径標準ズームレンズ Gマスター「SEL2470GM2」(FE 24-70mm F2.8 GM II)の発売日が2022年6月10日(金)に決定!5月24日(火)10時より先行予約販売開始。
・FE PZ 16-35mm F4 G「SELP1635G」の発売日が2022年5月27日(金)に決定!5月19日(木)午前10時から予約再開。ソニーストア販売価格:165,000円(税込)。
・デジタル一眼カメラ α7 IVズームレンズキット( ILCE-7M4K )の発売日が2022年5月27日(金)に決定!5月19日(木)午前10時から予約再開。
・α7 IV ズームレンズキットや、「SEL2470GM2」、「SELP1635G」の発売日が決定。α1「ILCE-1」、α7 IV「ILCE-7M4」がソニーストアで「当日出荷」ステータス。5月18日現在のソニーストア ミラーレスカメラ αボディ・レンズの在庫・販売状況。

---------------------

●PS5に簡単に取り付けできるNextorage製ヒートシンク搭載M.2 SSD、ソニーストアで販売開始。

ソニーストアでは、ドライバー1本でPlayStation®5(PS5™)に簡単に取り付けできるヒートシンク搭載M.2 SSDの販売を開始。

Nextorage製ヒートシンク搭載M.2 SSD「NEM-PA1TB/N」、「NEM-PA2TB-N」。

価格はそれぞれ、1TBモデルの「NEM-PA1TB/N」が 29,300円(税込)、2TBモデルの「NEM-PA2TB/N」が 49,800円(税込)

注目なのが、このSSDを購入するときにかかる費用がソニーストアが断然お得なところ。

元々高価なSSDのため、あえてこれを購入する人は少ないかもしれないけれど、それがお得に手に入れることができる。

・PS5に簡単に取り付けできるNextorage製ヒートシンク搭載M.2 SSD「NEM-PA1TB/N」、「NEM-PA2TB-N」をソニーストアで販売開始。割引クーポンを使うとさらに安く買えてしまう。

 

---------------------

●ホームシアターシステム「HT-A9」の納期が「当日出荷」

4体のスピーカーで、映画のシーンなどにリビングルームごと入り込んだような没入感と広大な音場による「360立体音響」体験を実現するホームシアターシステム「HT-A9」

設置のかんたんさと、その立体音響の感動っぷりがあいまって非常に人気なことに加えて、世界的な半導体不足の影響もあり、長らく数ヶ月まちという状況が続いていた。

その「HT-A9」がソニーストアでは、2022年5月11日より「当日出荷」ステータスに変更に。

・ソニーストアのホームシアターシステム「HT-A9」の納期が「当日出荷」へ。ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」で圧倒的な音の広がりと迫力の立体音響を実現できるホームシアター。

 

-----------------------------

<ソニーが基本的に好き”LIVE” ライブ配信>
・YouTube Live
・ツイキャス

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)