ソニーが基本的に好き!

【99800円~】のVAIO typeHはどぉ?


typeH
icon
の後継機種として、新しい筐体になって出てきたtypeH
「名前にXがなくなっただけ!?」
じゃなくて本体がかなーりスマートになった。

本体の横幅約10cmとスリムなのに加えて、
高さが約30cm程度なのでとっても小さい印象。

カラーリングも光沢感のあるホワイト基調になってブラックのラインが縦に一本入る。
サイドが丸みを帯びてるので、全体的にやわらかいイメージのおかげか、どんなインテリアとあわせても違和感がない。

本体のフロント上部に見えるVAIOロゴは電源を投入すると白い光を放つ。
こういったギミックは、安いPCにはまず真似できないだろうね。

全体的なデザイン性の良さはVAIOならではで、こういったトコロにもVAIOを所有する意味があったりするのかも。

-------------
また、見た目だけじゃーなくて本体性能もかなーり良くなってる。

まずは本体上面にあるFeliCaポート
「おサイフケータイ」、「Edy」、「eLIO決済」に加えて
JR東西のSuica、ICOCAの残高照会とか履歴表示にも使える。
(ソニースタイルの決済で使って欲しいから付いたんだったりして。。。)

フロントにはたくさんのスロットがあるのも便利。
フロントパネルを開けると、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、xD- ピクチャーカード、SDカード、マルチメディアカード、PCカードなどのスロットが整然と並んでる。

そして、コネクタ類もi.LINKx1USBx2があるから、ビデオカメラとかネットワークウォークマンでも手軽に接続できる。

もちろんドライブ系は、DVDスーパーマルチドライブで、最大8.5GBのDVD記録ができる。

typeH
iconは、テレビチューナーも標準搭載で、インターネット番組表を選んで録画予約も超カンタン。
さらにスゴ録やコクーンについてる「おまかせ・まる録」もあるから好みの番組をVAIOが勝手に録画もしてくれる。

上位モデルになれば、テレビチューナーが「ダブルチューナー」になって、同じ時間帯に重なった裏番組も同時に録画する事もできる。

それと個人的にtypeH
iconのオイシイなーと思ったトコは、
背面前面アナログ入力(黄・赤・白とS端子)があるって事。

例えば、背面端子はスカパーとかを常時つなぐ用にしておいて、
前面端子は、たまにしか接続しないVHSとか8mmをつなぐ用にと分けて使える。

こうやっていろんなアナログ資産をVAIOに取り込んで、
その後はDVDにするなり、メモステDuoに転送してPSPで見たりを遊べる幅も広がる。

-------------
こんだけ基本性能が充実してて、
99,800円(税込)から手に入れられる時代になっちゃったんだねー。
ダブルチューナーのタイプは149.800円(税込)~で、発売は5月なので注意ー。

ちなみにディスプレイは付いてないから、好みでチョイスしてね。

【ウチのHP】
 【デスクトップVAIO typeHをよーく見てみよー】 

LINEで送る
Pocket

人気記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)