[ ASCII.jp x デジタル 掲載 ] 「Xperia XZ1」は先読み撮影や3Dクリエーターなどカメラが強化されたモデル


・「Xperia XZ1」は先読み撮影や3Dクリエーターなどカメラが強化されたモデル

Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く ― 第33回を掲載いただきました。

国内モデルのXperiaの歴史をたどるASCII.jpでの隔週連載の第33回目。


2016年に発売された「Xperia XZ」の実質的な後継モデルとなる「Xperia XZ1」を2017年冬にNTTドコモ、au、ソフトバンク3キャリアより発売。

「Xperia XZ1」のサイズは、148 mm x 73 mm x 7.4 mm。質量は156g。

従来のデザインを踏襲しているため大きな変化はみられないものの、前機種(Xperia XZ/XZs)と比べて厚みが8.1mmから7.4mmと圧倒的に薄くなり重さも5g軽量化。

丸みをおびたサイドから背面にかけてつなぎ目がなく一体化し、サイドから背面までをアルミの押出で一体化した形をループサーフェスデザインというバスタブ構造になり曲げやねじれに対数強度も向上。

カラーバリエーションは、ブラック・ウォームシルバー・ムーンリットブルー・ヴィーナスピンクの4色。


プロセッサーは、Qualcomm社製64ビット クアッドコアプロセッサー「Snapdragon™ 835(MSM8998)」、メモリー(RAM)は4GBになり、ストレージ(ROM)は64GBと大容量となり従来のeMMCからUFSとなったことで高速な読み書きできるように。

OSは、Android 8.0をいち早く導入。

底面にあるUSB Type-CはUSB3.0に対応、5Gbpsに対応するケーブルを使ってPCから転送すればデータの高速転送が可能。

バッテリー容量は2,900mAh。

Qunovo社と共同開発したバッテリー制御技術により負荷を減らし「いたわり充電」によりユーザーの習慣を学習して充電速度を調整するなどして、バッテリーの寿命をより延ばすことができる。


サイドフレームには、指紋認証と連動する電源ボタン。ボリュームキーは、電源ボタンの上部に変更に。

IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備える。


5.2型ディスプレイに16:9の解像度1920x1080、新たにHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応。

横持ちの場合左右のベゼルのスペースを活かして「S-FORCE FRONT SURROUNDスピーカー」を強化した高出力のアンプを備え、最大音量は従来比の50%増加。

画質の設定に、「色域とコントラスト」の調整として「プロフェッショナルモード」にすることでsRGBの色域により原色に忠実に表現が可能。


カメラは、約1,900万画素と画素数を抑えたメモリー積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobileとなる「Motion Eyeカメラシステム」を装備。

新しい撮影スタイルとして、普段どおり「おまかせオート」で撮影すると、被写体が速い動きをした場合にシャッターをきったよりも前の写真を含め4枚分の画像を自動的にバッファする、「先読み撮影」に”笑顔”検出を追加。

ソニーのデジタル一眼カメラ”αシリーズ”に備わっているAF/AE追従しながら秒間10コマ/最大10秒で100枚連写できる「オートフォーカス連写」も利用できる。

また、全く新しい試みとして、人物や物などを360度の3D撮影が可能に。


人物やお気に入りの人形、食べ物などを、3Dデータ化して、3Dアバターを写真や動画に入れて撮影したり、3Dデータをマチキャラにしたり、3Dステッカーを作りSNSにアップしたり、3Dプリンターを用いれば立体造形物として出力することもできるように。


オーディオ機能については従来モデルどおり、ハイレゾ音源の再生と、周囲の騒音を最大約98.0%まで低減するデジタルノイズキャンセリング機能を組み合わせた再生が可能。

ワイヤレス機能面が強化され、Bluetooth 5.0となり、対応コーデックはLDACに加えてaptX HDにも対応。

薄く軽量化しながらも、HDRに対応した動画コンテンツを楽しめる映像体験や、ワイヤレスでも高音質な音楽体験、撮り逃しなく写真を収められるカメラ機能と3Dクリエーターといった新しい試みなど、ユーザーの求める楽しさに直結しているモデルだった。

・ドコモオンラインショップ
・auオンラインショップ
・ソフトバンクオンラインショップ

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


スマートフォンはソニーストアでも実機を展示中

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

<ASCII.jp x デジタルXperia執筆>
・ASCII毎週連載:Xperia周辺機器
・ASCII隔週連載:Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く

<Xperia 1 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載] ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ

・[ Engadget Japanese 掲載] 実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] 海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力
・「Xperia 1」を手に入れたら、真っ先に保護フィルムを貼っておこう。

<Xperia 10 / Xperia 10 Plus>
・[ Engadget Japanese 掲載]約5万円の超縦長Xperia「10 / 10 Plus」 高級感もあり日本発売してほしい:開梱レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia 10 / 10 Plus」の実機をじっくり触ったら「Xperia 1」が待ち遠しくなった

<Xperia XZ3>
・[ Engadget Japanese 掲載] [ Engadget Japanese 掲載] 海外版「Xperia XZ3」が届いた!速攻開封レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載] 実機レビュー 新機能も細かくチェック
・[ Engadget Japanese 掲載] 「Xperia XZ3」をXZ2やXZ2 Premiumと比較。比べると際立つその仕上がり

<Xperia XZ2 Compact>
・[ Engadget Japanese 掲載] あるソニーマニアが今回、Xperia XZ2 Compactを選んだ理由

<Xperia XZ2 Premium>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2 Premium 実機レビュー、デュアルカメラには感動ポイントも
・5.8インチ4Kディスプレイ、デュアルカメラを備えたフラッグシップモデル「Xperia XZ2 Premium」をレビュー。(前編)

<Xperia XZ2>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2実機レビュー。手にして印象あっさり逆転「アラ、これ悪くないじゃない」
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia XZ2」を一週間使った率直な感想

<Xperia XZ1>
・Xperia XZ1をソニー好きが徹底レビュー。一見XZsから変わらずなれど、中身は各所がしっかり進化

<Xperia XZ1 Compact>
・Xperia XZ1 Compact 海外版先行レビュー X Compactの妥協感が消え高性能小型スマホ復権へ

iconicon

ソニーストア

LINEで送る
Pocket